2010年03月22日

“雨の塔”

宮木あや子「雨の塔」です。

「花宵道中」でデビューした大型新人・宮木あや子氏は「閉塞」の中での「恋」を描き続けています。

この「雨の塔」は古の少女小説のような、「女子校」が舞台です。

吉屋信子大先生の流れを汲んでいる、と申しましょうか。

あ、わたし、吉屋信子センセイ大好きです(ってこのブログで言い続けております)。

雨の塔
雨の塔
posted with amazlet at 10.03.22
宮木 あや子
集英社
売り上げランキング: 121078
おすすめ度の平均: 4.0
4 「女学生小説」の系譜における、優れて同時代的な作品。
5 悲しくて綺麗☆
5 最高です
4 宮木さんワールド!!
5 よい耽美さ


資産家の娘だけが入学できる全寮制の「岬の学校」

衣服も食べ物もなんでも手に入る。

授業を出る出ないも個人の勝手。

ただ、「自由」と「情報」はない。

それぞれの理由で、この学校に入った4人の少女たち。

海に近い塔のような寮の中で、少女たちの感情が交差する。


「資産家の少女たちしか入学できない全寮制の学校」という設定に釣られました。

まぁ!ステキ!!と思いページをめくったら、

あっれーーーっ!!??

と。

大正・昭和初期浪漫を思い浮かべてたら、「現代物」でした。

この設定は現代日本じゃ無理があるだろー、と思いつつも、わたしは楽しく読みました。

「学校」のために「街」がつくられていて、少女たち(大学生)は、学生証だけで買い物ができるって・・・。

なんというか・・・向上心のない人間にはワンダーランドかも。

ただし、新聞は読めないし、TVもないし、ネットも使えません。

一つの寮で、登場人物が4人だけって、ま、それだけで無理があるんですが。

小津と矢咲。

三島と都岡。

同室の少女とのみの交流でバランスがとれていた彼女たちの心は、別室の少女との交流をもつことで、その均衡を崩すことになる。

矢咲と三島。

都岡と小津。

他人の境界にうっかり踏み込んでしまい、相手も自分も傷つくということは、誰にでもあること。

人は誰も、そういうことで苦しむことがあると思うのです。

それを癒すのは、新しい人間との交流だったり、趣味に没頭だったり、スポーツに没頭だったりするのかな?

しかし、他に人間もいず、没頭することに意味を見出せない世界に置いては、傷は深くなるばかり。

狭すぎる彼女たちの世界で、どこまでも静かに彼女たちは絶望する。

激しい感情のぶつかり合いや、言い争いはない。

いっそキレて見ればいいのに、残念ながら彼女たちはそう出来るように育てられていない。

息苦しい、けれど美しい、そんな作品です。

この作品、実は明確なオチというものが存在しないのです。

なので、どこまでも「世界観」を楽しむが勝ち。

Amazon.co.jp雨の塔

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 20:21| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(宮木あや子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

“実朝の首”

葉室鱗氏の「実朝の首」です。

鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れてしまいました。

昨日(3/9)からの悪天候の影響と言われています。

八幡宮のご神木だった大銀杏。

鎌倉幕府三代将軍・源実朝を暗殺した、甥の公暁が隠れていた銀杏、ということで「隠れ銀杏」と呼ばれていました。

公暁は実朝の首を刎ねるとき、

「親の仇は、かく討つぞ」

と叫んだとか。

このとき、殺された実朝二十八歳、殺した公暁二十歳。

大銀杏に公暁が隠れていた、ということは江戸時代からの言い伝えらしいです。

歴史小説にもこのシーンは多く登場しますが、これは現代の作家の資料に基づいたフィクションであるので、本当のところは誰もわからない。

でも、大銀杏はそこに立っていて、真実を見ていたことは確かです。

真実を知っていた、偉大なる歴史の目撃者が倒れてしまいました。

ちょうどこの「実朝の首」を読んでいて、記事に書こうとしていて、他の資料も読んでいたところだったので、大銀杏が倒れてしまったことを知って、その偶然にびっくりしました。

そしてネタ的には「ナイスタイミング!」と思ってしまいました(申し訳・・・)。

実朝の首
実朝の首
posted with amazlet at 10.03.10
葉室 麟
新人物往来社
売り上げランキング: 140896


建保七年、正月二十七日、雪の夜。

鶴岡八幡宮で右大臣拝賀の式の夜、源実朝は甥の公暁に暗殺された。

公暁は実朝の首を刎ね、首を抱えると闇の中に消えた。

公暁を唆したはずの三浦義村は、土壇場で公暁を裏切り、公暁を討った。

公暁が持っていたはずの実朝の首は見つからない。

北条義時、三浦義村、後鳥羽上皇、そしてとある人物。

死んだ実朝の首が、男たちを振り回す。

我が子が孫に討たれるというおぞましい悲劇の中、冷静な決断を下す尼将軍・政子。

そして、真実を知る少女がひとり・・・。


鎌倉時代初期のことは、実はややこしくて、わたし、よくわかりません。

印象としては「血生臭い」

北条一族が比企一族を滅ぼした理由は、なんとなくわかるのですが。

陰謀ありすぎ。陰謀なくても皆殺し。

娘の夫だろうが、妹の子だろうが、従弟だろうが、おかまいなし。

余計な疑いを持たれて(疑いを持たれた方も悪いのですが)、血祭りに上げられたものが多すぎる。

公暁の父、頼家に手をかけてのは北条一族。

頼家が死んだとき、実朝はわずか十三歳。

公暁に、実朝を「親の仇」と吹き込んだのは誰だったのでしょうね?

わたしはずっと、公暁の黒幕は三浦義村だと思っていたのです。

この作品では、もっと複雑に人々が絡み合っていて、物事は一方から見てはいけないのだな〜と、つくづく思いましたよ。

三浦義村は真っ黒ですが、他にも怪しい人間はいた、と。

どいつもこいつも怪しいんですけど。

実朝の首が、公暁に奪われ、その後見つかっていないということもはじめて知りました。

資料調べたら、ちゃんと書いてありました。

物語は実朝の首をめぐって、描かれます。

体裁を守るため、実朝の首を取り戻したいもの。

忠義のため、首を守るもの。

権威のため、首を手に入れることを望むもの。

寵愛のため、首を奪うもの。

殺された実朝の遺言とは?

実朝という人は、北条氏の傀儡と思われているところも多いけれど、本当はそうじゃなかった、というところが清々しい。

将軍家正統であり、政子の精神の後継者(いや、実の孫だが)、竹御所鞠子(頼家の娘)も登場し、歴史好きとしては、ツボを押さえてるな〜とカンジさせらる作品です。

Amazon.co.jp実朝の首

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 22:14| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

龍馬伝 第5回「黒船と剣」

龍馬伝、第5回「黒船と剣」

観たぜよ。

今日で1月も終りぜよ。

「光陰、ウサイン・ボルトの如し」とはよく言ったものぜよ(by銀さん・銀魂)。

あーだこーだ言いつつ、龍馬伝、1月を乗り切ったぜよ。

昨年のアレは10回でリタイアしたけんど、今年はどうかのう?

とりあえず、行ってみるぜよ。

嘉永六年、六月。

ついに黒船が浦賀に姿をあらわしました。

とりあえず時間を稼げ、という幕府の命令で、龍馬もピエールも江戸湾岸の警備に駆りだされました。

しかし、200年以上も戦がなかったため、武士は鎧兜の付け方も知りませんでした。

龍馬伝〈1〉
龍馬伝〈1〉
posted with amazlet at 10.01.31
福田 靖 青木 邦子
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2507


幕府とペリー側のやり取りは

「親書を受け取れ!!」←黒船

「まずは長崎へ!!」←幕府

と、堂々巡り。

いらついたペリーは、ついにミシシッピー号を江戸湾へ向かわせました。

その頃、警備を抜け出して黒船を見に行った龍馬は、同じ目的の桂小五郎と再会しました。

そして目の前に現れた黒船!!

二人とも口あんぐり、です。

「うおあーーーーーー!!!」

と奇声を上げる龍馬。

デカルチャ!!!

桂さんは「蒸気船」とか「タール」とかよく知ってました。

吉田松陰先生から教わったそうです。

ペリーに押されまくって、ついに幕府は米大統領の親書を受け取りました。

このことで、徳川幕府の政に疑問を抱くものが多くなりました。

土佐では武市さんも弥太郎も熱くなっておりました。

黒船を見てしまってからの龍馬は、剣の修行に身が入らなくなってしまいました。

そのことを佐那に指摘される龍馬。

佐那はすっかりわかりやすく、デレてます。

女装!?とか思って、あ、女の子が女装って変だよな、と思いました。

「あんな化け物には刀は通用しません」

という龍馬。

剣の修行に来ているのに、剣を否定してしまっては、千葉道場にいる意味がなくなってしまいます。

佐那に、父定吉や兄いっけいには決して言わないようにと釘を刺される龍馬。

きんつばはちゃっかりもらって帰りました。

得して世の中生きていけるタイプみたいです。

龍馬は黒船の落書きなんかしちゃって、なんか、イタタなカンジです。

その頃、佐那はいっけいに、きんつばと龍馬への恋心を指摘されていました。

最近の佐那は、縫い物や茶の湯もするようになったそうです。

「お前、あいつに惚れたのか?」

「わかりません」

もう、龍馬のことを以前のように見れなくなってしまった、と佐那。

それが「恋」ですよ〜。

男のように育った佐那がついに「恋」!!

いっけい大喜びです。

龍馬は桂さんを訪ねます。

桂さんもわかりやすく、黒船のことが頭から離れない状態になってました。

「何もかも変わってしまうかもしれん」

桂さんから「攘夷」という言葉を教わる龍馬。

桂さんもどうしたらいいのかわからないそうで、

「わからんときは学問じゃ!!」

と、あれから猛烈勉強に励んでいたみたいです。

剣ではあの化け物には勝てない、と思うことは剣を否定すること。

それは武士をやめるということ。

自分で考えろ!!と桂さんに言われる龍馬です。

幕府では胃の痛い老中阿部伊勢守が、アメリカからの親書の内容を諸大名に開示。

いままで、幕府にされるがままだった大名たちははじめて政への意見を求められました。

土佐は藩士から意見をつのり、それが抜擢人事へと繋がりました。

そうして、参政となったのが、わたしも名前だけは知っている吉田東洋です。

武市さんも弥太郎も意見書を出しました。

武市さんは、酒飲みの殿さまからお褒めの言葉をいただきました。

龍馬は父上や家族を安心させるために、「異人の首をとってやるぜ」みたいな勇ましい手紙を書きますが、乙女姉やんにはすっかり見抜かれていました。

ある日、龍馬は千葉道場で定吉に問われました。

「お前の心はどこにある?」

定吉と打ち合うもやられてしまいます

心ここにあらずをすっかり見抜かれていた龍馬。

指摘されて、つい本音を。

「戦になったら刀など役に立ちません」

縫い針みたいなもんだとまでぬかしました。

「何のため、剣の修行をしているか、わからんとです」

それを言っちゃうと、千葉道場にいる意味がありません。

「出て行きなさい」

道場を追い出されました。

「なんちゅう馬鹿なことを・・・」

ここで、また躓いたりして泥だらけに・・・とか不安になりましたが、大丈夫でした。

剣を否定したことを後悔しつつ、しかし、これからどうしてようのかわからず・・・。

とりあえず答えの出ないまま終わりです。

でも来週の予告で、佐那とよろしくやってました。

次回、「松蔭はどこだ?」

大河のタイトルに「?」がつくのは、やっぱり変ぜよ。

Amazon.co.jp龍馬伝〈1〉

書けた。

寝るぜよ。

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 23:00| 静岡 ☁| Comment(12) | TrackBack(2) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“仲蔵狂乱”

松井今朝子「仲蔵狂乱」です。

わたしは、歌舞伎の世界のことをちっともわかってないのですが、松井今朝子氏の作品には引き込まれてしまいます。

松井今朝子氏はもともと松竹に勤務されていて、その後フリーランスになり、歌舞伎関係の執筆をなさっていたそうですね。

豊富な知識と資料の積み重ねが、リアリティに繋がるのですね。

わたしはこの作品の主人公「中村仲蔵」という役者のことを知りませんでした。

仲蔵狂乱
仲蔵狂乱
posted with amazlet at 10.01.31
松井 今朝子
講談社
売り上げランキング: 454849


仲蔵狂乱 (講談社文庫)
松井 今朝子
講談社
売り上げランキング: 157300
おすすめ度の平均: 5.0
5 生き生きと描かれている登場人物
5 歌舞伎に馴染みがなくても
5 繰り返す天国と地獄
5 感動!!


貧しい浪人の子として生まれ、三歳で両親と死に別れ、裏長屋をたらい回しにされて育った仲蔵。

売られるように、梨園に引き取られ、十歳で初舞台。

しかし、血筋の良さがものをいう世界で、「地鶏」である仲蔵が這い上がるには、想像を絶する地獄が待っていた。

不世出の名優が辿る波乱の生涯。


華やかな舞台の裏はなかなかに壮絶です。

女の嫉妬は怖いというけれど、男の嫉妬はもっと怖いような気がします。

門閥外でありながら、常に上を上を目指す仲蔵に、同僚たちは「身の程を知れ」とばかりに暴行を加えます。

暴行・・・というか「楽屋なぶりもの」と言うそうですが。

仲蔵は声が良くなかったそうです。

「役者は一に声、二に顔」と言われるそうです。

仲蔵は声をカバーすべく、呼吸の出し入れを研究し、舞、所作で観客の目を惹くように常に工夫しました。

「仮名手本忠臣蔵」で「定九郎」の役を振られたときから、仲蔵の運命は大きく変わります。

「定九郎」を、地に落ち、食詰めた生々しい浪人として演じてから、仲蔵の人気は江戸市中にとどろくこととなります。

次々と大役を演じるようになる仲蔵。

しかし、人気が出れば出たで、ありもしない噂をたてられ、恨みを買う。

立作者からは嫌がらせをされる。

義理立てする性格につけこまれ、大金をはたく羽目になる。

仲蔵の苦労は絶えません。

それでも一心不乱に芸に生きる仲蔵。

高みへと上り詰める姿に、こう、血が熱くなるような気持ちになります。

市川団十郎、海老蔵、中村勘三郎、松本幸四郎、坂東三津五郎など、現代でもおなじみの名前が登場します。

わたしは十分面白く読みましたが、歌舞伎に詳しい方だったら、もっと楽しめるのではないでしょうか?

Amazon.co.jp→仲蔵狂乱仲蔵狂乱 (講談社文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 17:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(松井今朝子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

龍馬伝 第4回「江戸の鬼小町」

龍馬伝、第4回「江戸の鬼小町」

ちゃんと本放送を観たぜよ。

まだ、大丈夫ぜよ。

それではGO!ぜよ。

「これが江戸!!賑やかじゃのう!!」

嘉永六年四月、龍馬とピエールは江戸に着いたぜよ。

江戸の賑わいに浮かれて、ふらふらしてる龍馬が、うっかり誰かとぶつかって、ひと悶着起こして、また泥だらけに・・・と危ぶんだけんど、それはなくて安心したぜよ。

別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝  カドカワムック  62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 44915


龍馬が江戸で滞在した場所が、土佐藩中屋敷(の片隅)だったと知り、やっぱり龍馬は恵まれている方なんだよな、と思いました。

あのまま、弥太郎が江戸へ着いてこれたとしても、藩の許しのないものは中屋敷には滞在できないもの。野宿だもの。

龍馬はさっそく北辰一刀流千葉道場へ。

女子どもの稽古に太鼓を用いるという案は、いいのか?

盆踊りみたいで、気が抜けそう。

そこで、龍馬は千葉定吉の娘・ミ・・・じゃなくて佐那と立ち合い、やられました。

千葉道場で、佐那に敵うものは誰もいないそうです。

千葉定吉の「作品」

佐那は、幼い頃から剣一筋で育てられ、自分が千葉道場の「看板」だということを強く意識しています。

属性は「ツンデレ」です。

その頃〜、武市さんはマイ道場&塾の営業に励んでおったぜよ。

弥太郎は、元気に武市さんに嫌味を振りまいておったぜよ。

弥太郎は、人の心の薄暗いところを読み取るよな〜。

江戸の龍馬は、剣の修行だけで精一杯一杯です。

広い世の中を見る!!という大事な目的はどうした!?

と、乙女姉やんからお叱りの手紙が届きます。

そんでもって、ピエールに広い世の中を見聞するためにイイトコロに連れて行かれました。

イイトコロっていうか〜、あの怪しげな酒場、何?ピンクの照明??

女子にうつつを抜かしたらいかん!!という父上の言いつけを守る龍馬。

そんな龍馬に声をかけてきたのが、これまた怪しげな男・長州藩士・桂小五郎(お楽しみ済)です。

この桂小五郎、酔っ払いながら熱く世界を語り、日本が諸外国に狙われている、と話します。

そんな小五郎の話は、龍馬にはまだピンときてません。

さて、今回は土佐と江戸と話が飛び交っていたのですが、それは、ま、いいです。

土佐の岩崎家。

弥太郎父は、たまに働く気になったら肩が外れた、という情けない有様です。

真剣に、真剣に、どぎゃんとせんといかん!!(あ、これは違うか)という状態に弥太郎は

「わしも塾を開くぜよ!!」

塾を開きました。

が、武市さんのとこと比べると、洟垂れ小僧(バカ)しかやってこない岩崎塾。

そこへ、縁談を断ってしまった加尾が、何故だかあらわれます。

「私に学問を教えてくださいませ」

「夜明けじゃーーーっ!!!」

弥太郎さ、やっぱ加尾の縁談知らなかったな。

その頃の龍馬。

千葉道場で、女子ども相手の朝稽古をつけるようになってました。

通りかかった佐那を朝稽古に参加させたため、なんだか二人の仲は急速に接近です。

「ツンデレ」に対して、「デレ」を指摘してはいけません。

なんか〜、公式のあらすじに、「龍馬の真摯な姿勢に惹かれ・・・」みたいなことが書いてあったけど・・・。

あんまり急速すぎるんで、

イケメンに惚れた

としか思えなくて残念です。

父定吉に、「坂本には勝てん」と指摘されてしまった佐那は、龍馬に立ち合いを挑みます。

父定吉は、もうそろそろ、佐那も年頃だし、千葉道場の看板を背負うよりも、女としての自覚を持ち、幸せになって欲しい気持ちがあったんでしょう(別に相手が龍馬じゃなくてもいいんだけど)。

佐那も自分の限界みたいなものをわかっていたんじゃないかな??

でも認めたくなかった。

佐那はもう、龍馬には勝てなくなっていました。

「私が女だから・・・」

ところで、このドサクサにまぎれて龍馬が佐那を押し倒したり、動揺したりするシーンですけど、

わたしはエヴァンゲリオンで、綾波を押し倒したシンジを思い出しました。

えと・・・中2っぽいっていうか・・・。

「私は弱くない。あなたが強すぎるのです。私は弱くない」

龍馬は、佐那に、佐那の凛々しさは剣の修行から得たものだ、みたいなことを熱く語ります。

龍馬、無意識で女をひとりゲットです。

福山龍馬は、まわりの女が勝手に惚れてく男みたいです。

佐那は・・・多分、龍馬と出会わなかったほうが良かったんだよな・・・。

罪な男ぜよ!!

そして、ついに浦賀に黒船がやってきました!!

なんだか知らんが走り出る龍馬。

江戸の街は大混乱に陥っていました。

次回、「黒船と剣」

来週の弥太郎も楽しみぜよ!!(出番あるのか?)

Amazon.co.jp別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝 カドカワムック 62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 21:48| 静岡 ☁| Comment(10) | TrackBack(3) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。