2008年05月18日

“コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN7「棄てられた仮面」”

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN7「棄てられた仮面」

久しぶりの皇帝の

「オール ハイル ブリタニア!!」

でしたな。

アッシュフォード学園は平和ですな。
「修学旅行」ですか・・・。

ナナリーは新総督就任の挨拶で「行政特区日本」の構想を発表する。

ナナリーの隣のスザクがウ・・・・・。

どうやらこれはスザクも知らされてなかったことらしい。

ユーフェミアのこともあり、「黒の騎士団」や日本人の反応は否定的だ。

ルルーシュは

「もう、いらないんだ・・・ゼロは・・・俺の戦いは・・・」

どうでもいいが、「黒の騎士団」にはロリコンがいるぞ。
まぁ、トップは筋金入りのシスコンだがな。

神楽耶はあいかわらず「ゼロの妻」気取り。
愛人(おそらく神楽耶からすればCC)やら妾(おなじくカレン)やらはOKらしい。

成人男子の生理には理解があるらしいですが・・・・その前に

ゼロ(ルル)は童貞です。

それにしてもCCに「お相手」って・・・・。

さすがのCちゃんも神楽耶には調子を狂わされるらしい。

当ブログでは

ルルの嫁はCちゃん

ということになっておりますのでよろしく。

どの場面だったかセシルさんの料理センスはあいかわらずでしたね。

ギルフォード・・・食ったな・・・ある意味、一番パンチの効いた攻撃だったかと・・・合掌。

細かいところが相変わらすよく出来ているアニメです。

ダメダメ兄貴・ズタボロルルは街を徘徊しております。

ギアスの無駄遣いもしております。

腕立て伏せ、踊れ、遠吠え、拍手etc。

こういう無駄遣いが後から後悔することになるんだから、やめとけっつーの!!

その頃、ウザ・・・じゃなくてスザクは東京湾の「黒の騎士団」を仕留めようとしておりました。

「ナナリーは僕の嘘に気付いているかもしれない」

偉くなった、枢木さんは軍を指揮することもできます。

体力バカは頭使っちゃダメです。

ルルさんは薬の売人から手に入れた「リフレイン」を一発決めようとしておりました。

そこへやって来たカレン。

「やっぱりここに来たのね。ここはゼロが、あなたがはじまった場所だものね」

カレンは「リフレイン」をルルから取り上げ

「いつもみたいに命令しなさいよ!!」

するとこともあろうにルル(童貞)

「だったら俺をなぐさめろ。女なら、できることがあるだろ」

と、カレンにキスを迫るじゃあーりませんかっ!!

迫られても、迫ったことはなかった男、それがルルーシュ(童貞)

オイタをすると、後から何でもかんでもお見通しの嫁・Cちゃんに「所詮、童貞坊や」と言われてしまいますよ。

カレン、ギリギリのところで平手打ちで阻止です。
危なかったな。
キスされたら、それ以上進んでたな。

「しっかりしろ、ルルーシュ!!
今のアンタはゼロなのよ!!
私たちに夢を見させた責任があるのよ!!
だったら最後の最後までだましてよ!
今度こそカンペキにゼロを演じきってみなさいよ!!」


カレンは走り去っていきました。

このイベント(?)で夏コミの成人向け・ルル×カレン本の発行が倍増すると見た。

見かけたら買うから!!←・・・。

カレンが去ったら今度はロロです。

「いいじゃない?忘れてしまえば。ゼロも黒の騎士団もナナリーも。
大丈夫。僕だけはどこにもいかない。
ずっと兄さんと一緒だから・・・」


顔が近い、近すぎる!!
こういうわざとらしい演出には腐女子はひっかからないからね!!

ま、とりあえずロロにとってナナリーは邪魔でしょう。

危険危険!!

そうそう!今回は父皇帝と娘・ナナリーの会話がありましね。
父親と娘は似るって言うし、実はあの二人、結構似ているのかもよ??

シスコンの妹は、やっぱブラコンだわと思いました。

ルルとロロは学園に来ました。

修学旅行で生徒は少ないようです。

そこでルルの目にしたものは、花火でした。

屋上に上がると、ミレイさん、シャーリー、リヴァルが花火をしていました。

三人はルルを心配して修学旅行には行かなかったのです。

シャーリーは折鶴を持っていました。

誰に教えてもらったのか忘れてしまったけど、願いの叶うものだ、とシャーリーは言います。

シャーリーの願いは「みんなで花火をすること」でした。

ニーナやカレン、スザクもロロも一緒に、と三人は言います。

ここで隠れていたロロは自分の名前が出てきたことに驚いています。

ルルは折鶴を折りながらナナリーが言った言葉を思い出していました。

「優しい世界でありますように」

三人も記憶はゆがめられてしまったけれど、優しい世界はこんなにも近くにあった、と気がつくルルーシュ。

「俺の戦いは、もうナナリーだけじゃ・・・」

さて、東京湾の黒の騎士団。

枢木の指揮によって攻撃を受けていました。

ピンチ状態にゼロから通信が入ります。

「遅せえよ!!」と突っ込む玉城。

何もないはずのところに魚雷発射。

なーんと、ゼロの指示はメタン・ハイドレートの堀削基地を爆破を狙ったものでした。

ブリタニア軍、ほぼ転覆。

わーい!!すっきりしたーーーっ!!と思ったのはわたしだけではないはずです。

さてさて、スザクの前にゼロ(ヴィンセントつき)が現れます。

ゼロを撃とうとするスザクにゼロは言います。

「撃つな!!君命に逆らうことになるぞ」

「特区日本に参加する!!」

ただの降伏ではないはずです。

ゼロ(ルル)の頭の中では我々の考えもつかないような構想が練られているはずなのだ!!

たぶん!!

おそらく!!!



参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 19:56
"“コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN7「棄てられた仮面」”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。