2008年04月20日

“マクロスF 第3話「オン・ユア・マークス」”

マクロスF 第3話「オン・ユア・マークス」

面白い!面白いです!!マクロスF!!!

第3話まで視聴したかぎり、マイナス要素が見つかりません。

素晴らしいクオリティです!!

ビバ!!超銀河ラブストーリー!!!

「こんなCD滅多にないんだからねっ!」

ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late
シェリル・ノーム starring May’n
JVCエンタテインメント (2008-05-07)
売り上げランキング: 1276
おすすめ度の平均: 5.0
5 もってかれた
5 ヤバい
5 最高の歌姫
5 いわずもがな。
5 もってけ〜♪


カップリングは「射手座☆午後九時Don't be late」ですな。

さて「オン・ユア・マークス」

展望公園で再会した三人。

しかし、その目の前(艦外)でバジュラとの戦闘がはじまる。

実はこのバジュラの相手をしているVF-25に乗っているのは、ランカの兄・オズマだった。

オズマが押さえたバジュラを狙い撃ったのは、敵もオンナも狙った獲物は必ず落とすミハエル。

アルトにはそれがミハエルだとわかった。

しかし、三人の居場所も危険となり、アルトはランカを抱き上げ、シェリルとともに退避壕に非難する。

ランカを抱き上げ、退避壕に飛び込んだ姿はそれなりに格好良かったアルトだが、後がいけない。

おびえすぎるランカをフォローできず、

「おびえてる女の子の一人や二人、俺が守ってやるって言えないワケ!?」

とシェリルに言われ放題。

緊急用の退避壕に飛び込んだため、閉じ込められてしまい、どうすることもできず・・・。

外壁近くでの戦闘のため、退避壕の中も揺れる。

アルトの上に倒れこんでしまったシェリルは、胸ポロリどころか、全開状態

思わずアルトをひっぱたくシェリル。

険悪ムードをなんとかしようと、ランカが出した「まぐろマン」はデザインが・・・・。

なんとか険悪ムードは回避できたが、今度は空気が薄くなってきた!!

諦めモードのアルト。

行動を始めるシェリル。

「なら諦めて窒息するのを待てって言うの!?
みんなは私を幸運だって言うわ。
でもそれに見合う努力はしてきたつもりよ。
だから私はシェリル・ノームでいられるの。
運命ってのはそうやって掴み取るものなのよっ!!」


見事なタンカでした。

三人は救助されました。

シェリルはアルトをからかい、ランカに、歌が好きなら

「なら素直になりなさい。チャンスは目の前にあるものよ」

「こんなサービス滅多にしないんだから!!」

と言って去っていきました。

「ツンデレキャラ」というよりは「姐さんキャラ」のようです、銀河の妖精・シェリル・ノーム。

シェリルが去ったその場にオズマ負傷の報が入り、オズマがパイロットだったことは簡単にランカにバレてしまいました。

「お兄ちゃん、死んじゃダメ!!どうしてそんなことするの!?
私、あのことちゃんと内緒にしてるよ!!」


取り乱したランカは気絶してしまいました。

病院で、アルトはオズマから、ランカは家族すべてを失っていることを聞きます。

PTSDで親しい人間の死や怪我をひどく恐れること。

ランカは子どもの頃の記憶を無くしていること。

オズマは昔、ランカの家族を守れず、一人生き残ったランカを引き取っているのでした。

アルトは言います。

「俺はすべて知っていたい」

聞いたら、普通の生活には戻れなくなる。

オズマはアルトに24時間の猶予を与えます。

ミハエルはアルトに「また逃げるのか」と忠告。

その後、また再会したランカとアルト。

アルトはランカを遠まわしに励まし、アルトは決意を固めます。

アルトはS.M.Sに入ることを決めました。

ランカは歌手になる夢をかなえようと「ミス・マクロス」のオーディションを受けます。

それはそうとシェリル姐さんは、イヤリングを無くしたことを口実に、またアルトと会うつもりらしいです。

ランカの「内緒にしている秘密」とは何なのか?

おかっぱ頭の補佐官がランカの資料を見て、気にとめたのはどうしてなのか?

何やら「謎」が増えてきました。

次回「ミス・マクロス」

古の歌、銀河に響け。

古の歌って、もしかして、もしかすると「アレ」??

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 13:59
"“マクロスF 第3話「オン・ユア・マークス」”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。