2007年07月21日

地球へ・・・“ナスカ篇最終決戦直前特別番組”

「地球へ・・・」“ナスカ篇最終決戦直前特別番組”

という番組をですね、MBS他で放映したんですよ。

ま、当然SBSなんかでは放映しませんよ。

我が家のTVは地上波しか見れません。
衛星もスカパーも見れないよ。
貧乏って辛いな~。
でも困ったことはほとんどないな~。

好きなアーティストのライブとか出演番組は(とくにサーフィス)、友人、知人、妹、妹の旦那、妹のお舅さん(←悲しいことに事実)、お店の常連お客さま(←これもまた事実)のご好意でほぼ100%網羅してあるので大丈夫(←何がだ)。

この“ナスカ篇最終決戦直前特別番組”もバンダイチャンネルで7月30日から配信するからいいわ~、とのんきに思っていたら、公式サイトで配信してました。

公式サイトはこちらです→こちら。

見ました。今更。

この番組は15話から始まる「ソルジャー・ブルー三部作」(15.16.17話)の前に放映されたものなんです。
原作では冒頭で亡くなってしまっているブルーが、アニメではまだ生きている。
それには「意味」がある。
そのフォロー番組だったのです。

15話を見たあとだと「ネタバレ」になってしまうのですが、ほら、静岡は「一週間遅れ放映」だから問題なし。

わたしは15話は某無料動画とかで見ましたが、やっぱりTVで見るのとは違うよね。

今日も10分前からTVの前で待機です。
当然、深夜に某動画やら某動画やら某動画やらこそこそ探しまくるんでしょうが・・・。

そうそう内容ね。

「ソルジャー・ブルー万歳」

ってな感じでした。

主役誰や?

ああ、ブルーとフィシスの会話が!!!

「すぐ戻る」

「戻ったらまた君の“地球”を見せてくれ」

やっぱりこの二人は究極のプラトニック悲恋カップルだと思いました。

ついでに言うなら、浮気性じゃない光源氏と紫の上。←だってそうだろ。

ソルジャー・ブルーもあの“美貌”と“カリスマ”がなかったら、ス○ーカーで□リコンのレッテルを貼られていたこと間違いなしです。

でも好きv

最後に流れたセリフがとてもブルーらしくて、ああ、この人は人間とミュウなんて壁を越えていたんだ、と思いました。

それはたぶんフィシスの存在が大きかったんだなぁ、と。

「聞け。

地球を故郷とするすべての命よ。

生きろ。

仲間たち。」




参加中です↓。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 13:11
"地球へ・・・“ナスカ篇最終決戦直前特別番組”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。