2007年05月13日

“皇女・三条華子-武田信玄夫人”

『皇女・三条華子―武田信玄夫人』(著・高野賢彦)なる本を図書館で偶然見つけたので資料として読んでみました。

著者は『信玄の妻・円光院三条夫人』(著・上野晴郎、新人物往来社)を読んで影響を受けたそうです。
うーん、こちらも読まねばなりませんな。

まずタイトルの『皇女・三条華子』の三条夫人の『華子』という名は著者が資料として読んだ『お湯殿の上の日記』(続郡書類従完成会)に「はな」「花」と記載があるところから著者が命名したものだそうです。



この本によると三条夫人こと「三条華子」は転法輪三条家の二女(父・三条公頼、母・観修寺尚顕娘)といわれているが、実は

後奈良天皇(知仁親王)と典待具子(ともこ・広橋大納言守光の養女)の間に生まれた皇女

であると言うのです。

うーん、ちょいとウィキペディアで調べたのですが、後奈良天皇の典待に広橋具子なる人物はおりません。
しかし広橋国子(第七皇女・聖秀女王生母)なる人物はいました。
同一人物の可能性高し。


皇女・華子は父・知仁親王が践祚すると、門跡寺院曇華院に入り、十年ほど過ごした後、父帝の意向で還俗し、父帝生母の甥である観修寺尚顕の娘を妻としている三条公頼のもとへ降下した、
と書いてあります。

三条夫人が武田晴信に輿入れしたさいに、彼女が乗っていた輿には三条家の梨花の紋ではなく「菊花紋」が刻まれていた、というのは知っていました。

皇室から許されて使用した、とは言い難く(←だって貸してくれるから使うなんて簡単なものじゃないし)、ちょっと疑問に思っていたのですが、本人が「皇女」であれば問題ないですな。

皇女・華子は勅命により武田家に嫁した、となっています。

皇女が戦国大名に嫁ぐなんてあるかな~???

しかもそうすると三条夫人の産んだ子どもたちは、公に皇室に許された「皇孫」となります。
うーん、「皇孫」を××のうえ××なんてできるかな~??

とにかくこの本は小説としてより「資料」として読むものだと思います。

武田家に嫁してきた華子を待っていたのは、

舅・信虎と夫・晴信との確執。
晴信の妹・禰々の苦悩死。
次男・次郎の失明。
三男の早死。
義父・三条公頼の横死。
諏訪御寮人との確執。

そして死にいたる苦悩となった長男・太郎義信と夫・信玄の確執。

長女黄梅院の狂乱死。

絶望の淵でじっと耐え忍ぶ華子。

しかしついに気力は落ち・・・・。

位牌にも「菊花紋」がしるされているそうなのですが・・・。


この本を読んでわたしは「信玄の死」「胃潰瘍」説をとることにしました。
長男・義信のことは彼にとっても死にいたる苦悩であったと思います。

参加中です↓。
人気blogランキングへ



posted by くみ at 23:00
"“皇女・三条華子-武田信玄夫人”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。