2006年12月03日

功名が辻「功名の果て」おまけ。二代目土佐藩主は掛川生まれ。

さてさて、今日、「嫁とり」で話にでてきた一豊の跡継ぎ、忠義は康豊の子です。

二代目土佐藩主・山内忠義は掛川生まれだそうです。
掛川五万石を拝領したとき、一豊は秀次の宿老だったりしたため、掛川の留守居を弟・康豊にまかせていました。

それでもちょくちょく来ていたらしいです。

一豊は領地・掛川の今で言う「下垂木」(しもたるき)で鷹狩りをしていたそうです。
で、その休憩として、いつも使うのが、その土地の豪農「中村家」
ある日、一豊が「中村家」で休憩中、早馬が来ました。

「ただいま、康豊君に男子ご誕生でございます」

一豊は「それはめでたい!」ということで、その中村家当主に「名前」をつけてくれるよう頼んだそうです。

で「国松」と命名された、と。

その中村家と土佐に行ってしまった山内家の交流は続いたそうです。
一豊や忠義からの書状が残っているそうです。

その「中村」さん。
いまも掛川市下垂木にいらっしゃいます。
続いてますね~。すごいですね~。

あそこの辺り「中村」さんが多いので、どのお家かわかりません。
私と母は「あの家じゃない?」と、とある大きなお宅だと目星を勝手につけております。

参加中です。
人気blogランキングへ





posted by くみ at 21:56
"功名が辻「功名の果て」おまけ。二代目土佐藩主は掛川生まれ。"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。