2006年09月04日

功名が辻「北条攻め」

功名が辻「北条攻め」。
攻めてなかったような・・・・・。

千代が針商人に身をやつした副田甚兵衛を見つけます。
千代は旭に託された手紙を甚兵衛に渡します。
旭は大阪に帰ってきてから床についていたのでした。

旭が帰ってきたのは、おそらく「北野の大茶会」で家康が上洛したとき。
年老いた大政所と一緒に住まわせてやりたい。
というのがたてまえ。
人質の意味がもう無くなったからでしょう。


一豊はもうかかわるな、と千代に言いますが・・・。



人気blogランキングへ参加中です


千代、またもやスタンドプレイ。
まぁ、今回はそんなにハデじゃないから。


軒先に甚兵衛の手紙を託された商人として、甚兵衛を通します。
誰の目にわかる副田甚兵衛。
甚兵衛は白紙の手紙を読み上げます。

あの世でまた夫婦だ、と。

旭にはおそらく見えてなかったと思われますが、声でわかったでしょう。
その後、旭は亡くなりました。

位、人臣をきわめた兄を持ったがために、平凡な暮らしを奪われた旭。
彼女の生涯はなんだったのでしょう?


あ、さてさて北条攻めです。
久しぶりに戦場に出れて、はりきる一豊くん。
そんななか、家康と織田のバカ息子にあやしい気配。
と、思いきや、突然一豊くんの陣屋にあらわれた秀吉。
一豊、またもやお供(小姓じゃないんだからさ)として家康の陣へ。
織田のバカ息子のたくらみは、ただの飲み会へと消えてしまったのでした。

もうちょっと、家康と北条の関係について説明して欲しかったです。

北条氏直の正室は、家康の側室・西郡の局が産んだ二女督姫です。

石垣山城出現で不利になる北条方。
一方、サル殿下はご寵愛の側室まで呼び出す始末。

長引く、戦場に伴うのはもちろん側室の場合が多いです。
寧々さまが怒ったのは手紙に「そもじのつぎに茶々」と書いてあったからだと思うんですけど・・・・・・??
一豊は、まぁ側室いないからな。


サル殿下は茶々にめろめろですね。
茶々も媚売っているし。

内心、ゲロっとか思っているんだろうけど。

殿下の前で見つめあう戦国一のバカっぷる。
千代&一豊。

茶々が三成の妻は来ていないのか?
とたずねたとき、ちと怖かった。

北条攻めは成功し、家康に関八州への移封も承諾させたサル殿下。
相変わらず秀吉VS家康はハラの探りあいが見事です。

えと、北条氏は降伏。北条氏政、氏輝は切腹。氏直は高野山行きです。

一豊くん、

ようこそ、遠州掛川五万石へ!!

六万石という説もあります。
実際検地したら六万石あったみたいです。
あ~地元だからわかるんですが、掛川って田んぼより茶畑のほうが多いんですよ。とほ。

東海道は秀吉の古くからの家臣で占められ、家康への用心、バリバリです。

千利休の切腹。←ナレーションだけか・・・。
弟・秀長の死。←同じく。

そんななか、鶴松が死にました。

ここから秀吉晩年の狂気がはじまります。



人気blogランキングへ参加中です






posted by くみ at 21:02
"功名が辻「北条攻め」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。