2006年08月27日

功名が辻「聚楽行幸」

功名が辻「聚楽行幸」。

山内家の門前に捨てられていた赤ん坊を育てることにする千代。
千代の拾ったこの子は後に数奇な運命をたどることとなる。byN○K。
ま、どうなるかは知ってますが、一番正しい選択だと思います。
新右衛門は育てるのに反対しますが、赤ん坊を見るとあやさずにはいられないようで。
コメディタッチの山内家は見事です。
新一郎はヨメをもらってたんですね。
また、健康そうなヨメで。

さてさて寧々さまVS茶々さま。
織田の血筋でも、側室のひとりにすぎないという寧々さま。
そりゃそうですよ。
北政所は従一位下。臣下で最も位の高い女性です。
大政所も同じく従一位下。

訂正がございます。
劇団たぬきさまのご指摘です。
北政所、大政所の位は従一位です。
下はつきません。
劇団たぬきさま、ありがとうございました。


それに対して茶々さま、痛烈です。
「上さまのお子を身ごもってこそ豊臣の女~」
寧々さまの内心はいかばかりか。
「ご立派な決意じゃ」

“こんのぉぉぉぉ!!小娘がぁあああああああっっっ!!!くわっ!!!”

実際のところ、寧々さまが妊娠したことがある、という説もあります。
側室がひとり、子を産んだとも。
どちらにせよ、育たなかったんですね。

大体、その後、茶々ひとりが妊娠するのはおかしいんですが・・・。


人気blogランキングへ参加中です


聚楽第に後陽成天皇の行幸をあおぐこととなりました。

接待役に三成と一豊くん。
これは「三成にまかしとけ」ってことじゃないんですかね??
でも三成ひとりにまかすと、まわりがうるさいから一豊をつけといたんじゃないか?と思いました。

ふてくされる一豊くんに
「石田さまのあとをついておいきなされ」
という千代。

そのとおりにして、あの石田三成も一豊くんには好意を持ったようです。
だれからも嫌われないのが一豊くんのいいところ。

一方、千代は寧々さまに打ちかけの製作を頼まれます。

さて一豊、蹴鞠の練習など、一生懸命やったのに、小西行長と加藤清正の人事でふてくされて仮病を使うとは何事か??

ま、千代の一言でかたまり、急きょ出仕です。

千代の打ちかけも帝のお褒めにあずかり、行幸は大成功!!

猿殿下は茶々さまを聚楽第に連れてきていましたね。
このエロじじい!!
茶々さまの甘え上手なのは、演技ですよね。
やっぱ怖いわ。
やる、と決めたらやるわっ!!ってところでしょうか??

ついでにもう懐妊。早っ!!
で、出産。

あのときの茶々さまの涙。
複雑な心境だったと思います。

猿殿下はすでに産まれた子を跡取りと考えているようです。
秀次の立場は??

それでもお祝いにいく秀次。
すでに、秀吉は危ない目になってましたね。
怖いつーの!!

黒田さんにも警戒しているようです。
黒田さんが隠居を申し出たのも、それを察知したからだと思います。
信長が死んだとき「天下を取る機会だ」と言ったときから、秀吉は官兵衛を警戒していたのだと思います。

家督は譲ってもかまわぬが「わしのそばにいろ」
飼い殺し・・・ひえっ!!

寧々さまは「子を産めなんだ私が悪いのです」
悲しいなぁ。

女はいつも正妻の味方なのですよ。

茶々さま。
三成には本性を見せてますね。

「殿下のお子を産めといったのはそなたじゃ」

「この子を頼みましたよ」

私、鶴松は秀吉の子だと思います。

秀頼はどうだかな~~~~???


そして最後に甚兵衛さ!!

人気blogランキングへ参加中です






posted by くみ at 22:43
"功名が辻「聚楽行幸」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。