2006年08月05日

たまには女子力を磨け!!!!!“美人画報”

女というのは、不思議なもので『男』と会うときより、『女』(しかも手を抜いていない人)と会うときのほうが気合がはいります。

私なんか「ひかるさまぴかぴか(新しい)」とお会いするときは、ものすごくネイルに気を使う。
だってひかるさまの手ってすっげー美しいんですよ!!
こちらね→こちら。
その人に自分の手を見られるとなりゃ、気をつかわにゃいかんでしょう?
礼儀だよ。
で、実際会って密かにチェックし、敗北を認める・・・。
この間(6月)なんかボロ負けだ・・・。

えと、安野モヨコ氏は「男ウケ」を狙え!!とおしゃってますが。

ま、それはおいといて、キレイになりたい!!とは誰でも思うワケで、そんなとき私はこのシリーズを読む。
化粧台の横に置いてあります。
ただ、読んだだけで「その気」になっちゃうときもあり、それはそれで困ります。

美人画報ハイパー美人画報ハイパー
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 美人画報ハイパー
[著者] 安野 モヨコ
[種類] 単行本
[発売日] 2001-09
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


実は、先週フットケアに行ってきて、その日に書こうとしてたんですがね。


人気blogランキングへ参加中です。
もう、このシリーズ、深く賛同することでいっぱいです。

■先週、フットケアに行ったのは「サンダル」が履きたかったから。
とっくに「サンダル」のシーズン迎えてますが、休職していたり、風邪ひいたりで、出かけることが少なくって履く機会がなかったのです。

この本に「キレイな人はかかとまでキレイ」と書いてあって、グサっときた私は、サンダルシーズン前はフットケアに行ってます。

アレだ、もう自分でケアするの限界で、人に任せるほうを選んでしまったんのですが。←ダメじゃん。

で、夏は電車の中とかで「他人の足」ばかり見ている私。←不審者。

若い女の子がペデキュア無しでサンダル履いているのをみると「もったいない」と思ってしまいます。
あと、ペデキュアは濃い色のほうがいいので、色チェック。←不審者。

っつかペデキュア無しでサンダル履く勇気はない。私には!!。

あ、私、いい歳こいて生足派なんですよ。
「勇気あるね」
とか言われるけど。
だって、ストッキング嫌いなんだもん。

だから夏はそれなりにがんばる。つもり。

■それから、この前ね、電車のなかで若い女の子たちがが「叶姉妹」の悪口言ってたんですよ。
で、私は思った。

絶対絶対絶対、お前ら適わねーよっ!!!

私は芸能人とか、TVに出ている人の容姿に関して悪くいうのは苦手。

だって、絶対絶対絶対自分のほうが負けているもん。

TVに出ている人たちは、プロであって、アマチュアが負けるのは当たり前なんです。
アマチュアはアマチュアなりに、がんばればいいのだ。という気持ちだけはある。

こちら↓最終巻。

美人画報ワンダー美人画報ワンダー
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 美人画報ワンダー
[著者] 安野 モヨコ
[種類] 単行本
[発売日] 2003-11
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


ま、とりあえず外出も多くなることだし、明日は美容院だ!←なんかさ、C70
のためみたい。とほ。そうだけど。

今からネイル塗ります。←ほんとはコレも人任せにしたい。
仕事へ行くのには素爪なのに、美容院とか買い物にいくのにはネイル塗らないと落ち着かない。

こちら↓第一弾。文庫にもなっています。

美人画報美人画報
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 美人画報
[著者] 安野 モヨコ
[種類] 文庫
[発売日] 2004-11
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う



「勝ち負け」とか言ってますが、それはあくまでも自分のなかでの基準ですので。
でも、たまには競う気持ちがなければ、だらけると思うのだ!!





人気blogランキングへ参加中です。


あ~~この前、家に用事があってやってきた友人にパジャマで対応してしまった・・・・。

だらけっぱなし・・・・。
posted by くみ at 20:39
"たまには女子力を磨け!!!!!“美人画報”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。