2006年05月14日

功名が辻「天魔信長」

いつも「功名が辻」を見てて思います。
舘・信長はハイセンスだな・・・と。
斬新な衣装ですよね。
安土城天守閣内部もまたハイセンス。
あんなところでくらしたら情緒不安定になりそうですね。
ま、あの時期の信長は「石を拝め」とか言ってますんで。

それにしても一豊くん・・・影薄すぎ。
今日は千代も出番少なく。

明智さん家のお嬢さんと細川さんちの息子さん結婚。
安土城完成。
荒木・ベンガル・村重謀反。
半兵衛様死す。

えーと、一応歴史好きなので黒田さんがどうなっているかは知ってます。
ネタバレ?


人気blogランキングへ参加中です。


いいか・・・。
無事です。
↑すみません。私反転できないんです。
じゃ、中途半端はよくないですね。
息子も無事です。

荒木氏一族がこのあとどうなったかもしってます。

いーーーやーーー!!!

荒木村重の謀反は光秀に暗い影を落とすものでした。
光秀が
「もしかして・・・俺もあぶなくね?」
と思うきっかけだったと思います。

私は、信長は秀吉より光秀を信頼していたと思っています。
しかしそれが光秀には伝わってなかった。
秀吉はそれに乗じた・・・かどうかはわかりませんが。

そんな本あったな。
『本能寺』だっけ?(注:管理人書店勤務)著者が思い出せない。
まだ読んでませんが、ロンブー淳(私的ライバル)が読んでるんだったら即効読みます。

明智光秀はこれから本能寺へむけてどんどん追い詰められていくんですね。

ちょっと!主人公活躍ないから書くことないじゃん!!

人気blogランキングへ参加中です。






posted by くみ at 21:37
"功名が辻「天魔信長」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。