2009年02月08日

“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第18話「交錯する想い」”

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第18話「交錯する想い」

男の中の男、軍人の中の軍人、ロシアの荒熊・セルゲイ・スミルノフ大佐が逝かれてから4ヶ月もたってしまいました・・・。

連邦政府=アロウズの情報統制は見事です。

連邦内部のクーデターからはじまった、一連の出来事はすべて反連邦勢力によるテロ活動だと民衆は信じ込まされています。

軌道エレベーターの崩壊をアロウズがメメントモリで防いだだとう?むかっ(怒り)むかっ(怒り)

寝言は寝てから言えやってカンジです。

連邦軍はアロウズに指揮権を集約。

最早、連邦政府はアロウズの傀儡です。

まったく上手くできたシナリオです。

そして情報統制なんてよくあることよね、と思ってしまうわたしです。
ま、ガンダム見て現実の世界情勢を語るつもりなんてさらさらないのですが。

カティ・マネキン大佐は行方不明。
おそらく、あの時の行動が、「反アロウズ」と見なされたのでしょう。
真実を知っている彼女は保安部に追われているようですね。
マネキン大佐にはもれなくコーラサワーがついてくるのでしょうか?

アフリカタワーの送電が開始になり、その式典の最中、プトレマイオスはメメントモリ2号の破壊行動をしておりました。

マリーが参戦しております。沙慈もね。

「アレルヤ、彼女のフォローを」

って、アレルヤのほうがフォローに回るのか!?と思ったら、マリーは見事に「ピーリス化」しておりました。

その頃、マリナさまと子どもたち、クラウスとシーリンは某隠れ家に。
マリナさま、すっかり「お母さん化」です。

クラウスはソレスタルビーイングに頼りすぎだよな。

何故かラジオから流れてくるマリナさまと子どもたちの歌声。

マリーのソーマ・ピーリス化は意図的な演技のように見えます。

大佐を目の前で失って、大佐にピーリスと呼ばれていたことを忘れたくないのでしょう。

アレルヤ<大佐。

ソーマたんは、大佐を殺したのがアンドレイだと気がついていました。

「わたしが欲しくても手に入れられないものを、なぜ簡単に捨てられるの?どうして・・・」

アレルヤは、マリーに戦いをさせないと誓った、大佐との約束を果たせない、と悩んでいます。

アレルヤ、悩んでいるだけで、あいかわらず影が薄いです。

彼女が大切ならば、戦いたいという彼女の気持ちを理解してやれ、とアドバイスのライル。

そんなアレルヤを見て、沙慈もソーマたんにルイスのことを重ねるのでした。

刹那は、ヒロシに撃たれた肩口から代謝障害を起こしているようです。

さて、リボンズは王留美を利用価値なしと切り捨てるようです。

リジェネ、リボンズの計画を阻もうとする魂胆か?

そしてですね。

まさに株大暴落のアンドレイですがね。

やっぱり昇進しやがりました。

ま、やっとこさ「中尉」だけどさ。

彼に視聴者の大きなため息は聞こえないようです。

ハーキュリーはクーデターの首謀者でしたが、セルゲイ大佐までその加担者だとみなされ、しかもそれが公式見解のようです。

アロウズにとって、連邦軍の良心・セルゲイ大佐は邪魔だったのですね。

ヒリングとリバイバルに、「父親殺し」だということがルイスにバラされてしまいました。

父親殺しの男と、家族の仇を討とうとする女はお似合いだとイノベにからかわれるアンドレイ。

「彼女のことが大切ならば、君が守ってやるんだ」

リバイバルの言葉は意味深です。

呆然とするルイスに「君にもそのうち訪れる」と語るアンドレイ。

肩に手を置いても邪険に振り払われなかった案奴隷は、そのままルイスを抱きしめる。

コラコラコラコラーーーー!!!

マジ、調子こいてんじゃねえぞ!アンドレイ!!


しかしルイスは別の男のことを考えていました。

アンドレイとルイスは、「憎しみにとらわれ一直線」なところがひじょうに良く似ています。

「できるだろうか?彼を、沙慈を撃つことが・・・」

プトレマイオスではスメラギさんがとあることを計画しておりました。

この世界の情報統制はヴェーダが握られているからこそ。

ならばヴェーダを奪還する。

そのためにイノベイターを捕獲する。

そんな話し合いがブリッジで行われているとき、ライルとアニューはイチャコラしてました。

4ヶ月で2人の関係は進んでしまったようです。

アニューはライルに問われた自分の過去をしゃべれない。

プトレマイオスに付けられた、発信機状態のアニュー。

キスの途中だってリバイバルにはわかちゃったんでしょうか?

アニューの状態をさすがに変だと思いはじめているライル。

その頃~、リジェネが王留美に接触していました。

「お兄さま、艦をプトレマイオスヘ」←久々に出たな、「お兄さま」。

ネーナが行方をくらましているようです。←どうでもいいわい。

リバイバルの「キュピーン!」でプトレマイオスの位置を把握したアロウズは、戦闘配備に。

ようやく「アヘッド」に乗れるアンドレイ。←・・・。

それを察知したプトレマイオスも戦闘準備に入ります。

沙慈は刹那に言います。

「僕は引き金を引けない」

「僕は叫び続けることしかできない」


刹那はそれでいいと言う。

「会いに行こう、ルイス・ハレヴィに」

そしてこれよ。

「アニュー、聞いてるか?」

「どうかしたの?」

「愛してるよ」←うわお!!非常に不吉なフラグがっ!!!

それにしてもスメラギさん、気がつかなかっただなんてニブすぎる!!

それぞれが想いを胸に発進する。

沙慈「ルイス」

ルイス「沙慈」

アンドレイ「母さん」

ソーマたん「大佐」

アレルヤ「マリー」

ライル「アニュー」

アニュー「ライル」

ティエ「ヴェーダ」←はい??

刹那「ガンダム」はい!!??

ガンダムかよっ!!!

刹那、ここまでブレないのは立派といえば立派。

せめて「マリナ」と呼んでくれいっ!!!

ヒロインの立場、ナッシング。

もともとないけど。

そんなマリナさまは大ピンチだっつーのに!!

王留美はリジェネから「ヴェーダのポイント」の情報を得る。

次回、「イノベイターの影」

暗躍者が

恋路を阻む。



参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

あ、今日はブシドーいたな。




posted by くみ at 19:42
"“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第18話「交錯する想い」”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。