2008年11月16日

“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第7話「再会と離別と」”

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第7話「再会と離別と」

セルゲイ大佐が格好良すぎた今回。

セルゲイ大佐(父親)のソーマたん(娘)への深い愛情に涙した今回。

娘を持つ、全国のガノタパパが涙したであろう今回。

わたしも、娘を嫁に出す父親の気持ちにシンクロな今回。

あぁあ~、ソーマたん・・・涙。

「再会と離別と」

プトレマイオスに突進してくるルイス。




参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ





沙慈は撃てなかったのでした。

「撃てなかったか。いいさ、それで」

とオヤッサン。

悲劇は免れました。

刹那はブシドー相手にトランザムモード。

ブシドーのはぁはぁっぷりには、ぶっちゃけ退きます。

しかし、オヤッサンに使っちゃイカンと言われていたトランザムを使った00はオーバーロード。

とどめを刺そうとしていたブシドーは、

「ならば斬る甲斐もなし!!」

と、とっとと戦線離脱です。

いくら強くてもさ・・・ダメだ、コイツ使えねぇ・・・って思わないのかな?アロウズ上層部は。

風穴空けられても

「マリー、マリー」

なアリオス・アレルヤ。

「もう離さない!!」←セリフだけだとヘンタイです。

と、ガッチリ、アヘッド・ソーマたんを掴んだまま墜落です。

アリオス・アレルヤ、アヘッド・ソーマたん、ともに行方不明。

プトレマイオスでは、セラヴィーとケルディムがアレルヤ探索に。

00は修理です。

修理を手伝う沙慈は、カタロンの人々が無事に脱出するまでなんでもする、と言います。

が、そのまんま、オヤッサンにいいように使われ、そのまんまソレスタルビーイング一員になりそうな・・・。

アロウズではルイスやアンドレイがソーマ探索に出ていましたが、探索は打ち切られます。

ソーマたん探索は正規軍へ。

正規軍、アロウズの小間使いです。

セルゲイ大佐は自ら、ソーマたん探索に。

その頃~、

墜落したアレルヤとソーマたんは生身で戦闘真っ最中。

というか、一方的にソーマたんが攻めてますが。

アレルヤの「マリー!」という呼びかけに、反応し、気を失うソーマたん。

ここのシーンの2人の体勢が、なんかエロかった、とか思った人~??

ハーイ手(パー)

目を覚ましたソーマたんはマリーになってました。

ということで、これからはマリーです。

五感がないマリー・パーファシーの人格にソーマ・ピーリスという人格を植え付け、失っていた五感を復元させた・・・・??

そんなこと可能なのか??

ま、いいわ。

マリーとアレルヤと、いい争いがあるわけでもなく

「いてくれるだけで嬉しいの」

と、思ったよりすんなり。

ああ、アレルヤを後ろから張り倒したい。

張り倒したいったら張り倒したい。


幸せモノは張り倒したい、三十路女の僻みですが、それが何か??

そこへやってきたのがパパです。

パパは事情を理解しますが、ソーマたんをソレスタルビーイングには渡せないといいます。

だって、私設武装組織だもんな~。

アレルヤは、セルゲイ大佐に、自分を撃ってくれてかまわない。
そのかわり、ソーマ・ピーリスを戦場に出さないでくれ、というのです。

いつもはっきりしないアレルヤですが、マリーがらみだと違うようです。

セルゲイ大佐はそれを承知し、アレルヤを撃とうとします。

アレルヤの前に飛び出したマリー。

響く銃声。

しかし、マリーは撃たれていませんでした。

セルゲイ大佐は空に向かって銃を撃ったのでした。

「たった今、ソーマ・ピーリス中尉は名誉の戦死を遂げた」

上層部へ報告するために帰投する、と大佐。

その前に、「限界領域離脱」でのアレルヤの行為に感謝の言葉を言う大佐。

マリーは、ソーマ・ピーリスに対する大佐の配慮に感謝の言葉を述べます。

その言い方は、もう大佐の知っているソーマ・ピーリスではないのでした。

「わたしのなかのソーマ・ピーリスがこう言っています。

あなたの娘になりたかった、と」


「そうか、その言葉だけで十分だ・・・」

格好良すぎるぜ大佐。

大佐に抱きつくマリー。

「生きてくれ。生きつづけてくれ。彼と幸せにな」

大佐が去っても、礼をし続けるマリー。

マリーの目に涙。

なんか、アレルヤが4年間拘束されていた童貞(アレルヤは絶対童貞)らしくない行為をしてますが??

ちゅーはまだ早いだろ!!

お父さんが許しませんよ!!!


わたしも許しません!!

ちゅーは余計だったと思うの。

あぁあああ~、お、俺のソーマたんがぁああああ!!!という悲鳴が全国中であがったような気がします。

アレルヤが見つかったと聞いて笑みを浮かべる刹那。

「嬉しいことがあれば誰でも笑うさ」

刹那ーーー!!

マリナさまが大変なのよーー!!

マリーにすっかりヒロインの座は奪われるわ、アザディスタンはアレだわ、不幸まっしぐらなのよーーー!!!

アレルヤが見つかったのを喜ぶ、トレミーの面々。

彼女つきと聞いて一同驚きます。

「あのコったら、何やってるのよ!!」

まったくです。

アレルヤの物語、完結しちゃったよ。

どうすんの?これから??

マリー、プトレマイオスに行くんですよね。

また人員が増えた。

ティエリアの前に、リジェネ・レジェッタが現れ、これからはティエリアのターンなのでしょうか??

次回、「無垢なる歪み」

イオリアの計画が加速する。

予告のアレはティエリアか!!


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

posted by くみ at 20:13
"“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第7話「再会と離別と」”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。