2008年10月05日

“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第1話「天使再臨」”

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第1話「天使再臨」

何の説明もなくはじまってしまいましたね。

は~、あれから4年。

地球連邦政府を樹立した人類は、さらなる国家の統合、人類の意思統一を目指すべく、連邦正規軍とは別に、独立治安維持部隊『アロウズ』を組織する。しかし、その実態は、統一に名をかりた反政府勢力や主義、思想等への非人道的な弾圧であった。

てなわけで、カティ・マネキン大佐にも『アロウズ』行きのお声がかかったそうです。



参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ





連絡を受けたのは、セルゲイ・荒熊・スミルノフ大佐(昇進したんですね)。

そんな大佐にお茶を持ってくるのはソーマ・ピーリス。

どうしたんだよ!!少尉!!いや中尉だ!!
そんなに娘らしくなっちゃってさ!!

「例の件」って何ですか??

ま、「俺の嫁になってくれ」はさすがにないだろうからな~(大佐は1stシーズン時、妻帯者)。

「うちの娘にならないか?」でしょうね。

とりあえず、少尉、じゃなくて中尉を人間らしくしてくれてありがとう大佐!!

沙慈は夢をかなえて宇宙・L4コロニー・プラウドで働いています。

しかし、とことんついていないキャラクター沙慈。

同僚が反連邦勢力『カタロン』の構成員で、自分も疑われて強制労働区域に放り込まれてしまいました。

そのコロニー・プラウドの同胞を救出しようとしている『カタロン』にシーリンがいる。

しかし『カタロン』の動きは『アロウズ』に筒抜けだったようです。

『アロウズ』からMS部隊が発進です。

新兵器の実験もかねているらしいっす。

なんと、その中に准尉となったルイスがいる!!!

そんな一触即発の雰囲気を察知したのは王留美からの情報を仕入れたソレスタルビーング。

ガンダムマイスター再登場一人目はティエリアでした。

生きてるじゃん!!っつか老けてないじゃん!!

ティエリアは「セラヴィー」を出す、と言う。

「彼は来る。生きているのなら必ず」

あ、それが刹那っすか??

「こんな世界、ロックオンも俺も望んじゃいない」←セリフ失念。

『アロウズ』の新兵器は、何かを彷彿とさせるものでした、が、エグい。

危ういところを刹那に助けられた沙慈。

意外な再会となりました。

で、刹那が持っていたMSはエクシア。

そのボロ布を巻きつけるセンスはいただけない!!

観察者を気取るのはリボンズ。

本家本元のGNドライブを搭載とはいえ、エクシアは4年前の機体。

『アロウズ』のMS(名前失念)に両腕ちょん切られます。

エクシアを救ったのは、ティエリアが乗るセラヴィーでした。

ティエリア、なんかよくしゃべるようになりましたな。

刹那がソレスタルビーイングだと知って銃を向ける沙慈。

1stシーズンでは一般の人間として戦争を見る側だった沙慈も、運命に巻き込まれ巻き込まれ・・・セカンドシーズンでは否応なしに現実を突きつけられることになるのでしょう。

ルイスは『アロウズ』だしね。
1stシーズンラストで、ルイスがティエリア顔したリジェネって女と接触した描写があったし心配ですね。

なんだかルイスは痛々しいカンジに・・・。

ルイス、トランキライザー無しではいられないようです。
そこまでして、何故『アロウズ』にいるのか?

ガンダム出現で人々は何かが変わることを予感する。

「自分が乙女座であったことを

これほど嬉しく思うことはない」


この人は、4年前は「変態」でしたが、今では「変態仮面」。

仮面がついただけです。
何も変わっていませんね。
センスも何もあったもんじゃありません。

スメラギさんとカタギリ(あのポニテ・・・)は大人の関係。

登場人物の年齢が上がっただけに、もう子供向けアニメではありませんね。

報道を見つめるマリナ・イスマイール。

リボンズのもとを訪れる王留美。

そんななか、スミルノフ家に『アロウズ』からソーマをお迎えがやってきました。

アンドレイ・スミルノフ少尉、だそうです。

熊の息子です。

何、ここの父子って仲悪いんでしょうか??

今回はOPをEDに持ってきたんですね。

毎回このOPなら超OKです。

UVERworldの曲もいい感じです。

何か、刹那とティエリアが目立ってますが。

あ~あ、ソーマは『アロウズ』に行くのか・・・セルゲイパパは心配ですね。

セルゲイ息子とルイスがなんかフラグみたいな、セルゲイ息子とソーマもフラグみたいな。
あ、アレルヤもいたな。

4年たって刹那とマリナさまも恋愛できるようになったってことでしょうか??
ま、4年前なら犯罪ですが。

世界マイスター探しダーツの旅で、ライル・ディランディをロックオン・ストラウスとして迎えるために刹那、直接出向きます。

予告ではスメラギさんのところにも行ってたな。

00はあいかわらず、見た目よりもストーリーがまともなため、インパクトに欠けます。

次回「ツインドライブ」

それはガンダムを駆逐するガンダム。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


posted by くみ at 21:29
"“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第1話「天使再臨」”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。