2008年09月09日

“東京日記 卵一個ぶんのお祝い。”

川上弘美著「東京日記 卵一個ぶんのお祝い。」です。

川上弘美氏といえば、代表作は第115回芥川賞受賞作品「蛇を踏む」なんでしょうか??

実は川上氏の小説をまだ読んだことがありません。

「芥川賞」を敬遠してしまう悪いクセがあります。

わたしは小説家さんの小説を読まないで、エッセイを先に読んでしまうのを、後ろめたく思ってしまいます。

なんか、作家さんに・・・悪いか、な??・・・とか。

が、このエッセイは母が図書館から借りてきてて、「面白い」と言っていたので読んでしまいました。

母も、川上氏の小説は読んだことがないそうだ。

エッセイにややこしい感想なんて必要ないと思う。
「ふーん」「ほー」と思えればそれでいいのでは?
読まれる側の作家さんも肩の力抜いてる感じ、というか。

だから、小説を読んでないからとか、本当はこだわる必要ないと思うんだけど。

最近、どうもややこしいもの、複雑なものを読めない気分なので、エッセイが調度いいです。

立て続けに読んでます。

仕事で神経がカリカリしているので、肩の力が抜ける文章を読んで、自己暗示。

「楽しいこと」「できたこと」「妙なこと」たまに「さみしいこと」

そういうことを毎日綴っていたら、人生、よろしそうです。

ってわたしは日記つけるのは苦手なんだけど。



このエッセイは川上氏の生活の5分の4ほどほんとうの生活を綴ったアレコレです。

普通に生活してても、結構「いろいろなこと」って起こっているんですよね。

わたしもねぇ、思い出してみたら「いろいろと」あったんですよ。

せっかくブログやってるんだから、そういうことも書いとけば良かったな~とか思ったり。

でもなんでもない毎日をこのエッセイのように、ほわほわしている、楽しい、幸せな、ときにせつない毎日に書き上げてしまうのは、やはりプロの小説家だからなんですよね。

こういう文章が書けたらいいな~と思ったのですが。

自分は「腐り切った妄想から狂喜乱舞し…(略」(byシャチョー)みたいな文章が自分らしいと・・・。

お医者さんに行くのに

「はりきってよそゆきのブラジャーにする。

迷ったすえ、パンツもよそゆきのにする」


とい文章に、あ~あ、とうなずいてしまいました。

明日は会社の健康診断なので、わたしも気をつけようと思います。

「東京日記 卵一個ぶんのお祝い。」の続巻がこちらです↓。


「東京日記 ほかに踊りをしらない。」

「東京日記」というと「働きマン」松方弘子の愛読小説家、内田百聞のもの有名ですが、それを意識して、表紙の「東京日記」の文字は小さくしてあるそうです。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


posted by くみ at 22:26
"“東京日記 卵一個ぶんのお祝い。”"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。