2010年05月25日

“望みしは何ぞ”

永井路子大センセの「望みしは何ぞ」です。

歴史を独自の解釈で描く永井センセの「王朝三部作」の完結作になります。

「三部作」と言っても、作品自体は独立していますので、どこからでも読めます、たぶん。

と、いうのもわたしは永井センセの「王朝三部作」を読むのは、この「望みしは何ぞ」がはじめてだからです。

ちなみに「王朝三部作」とは

「王朝序曲」(嵯峨天皇と藤原冬嗣からはじまる真の平安王朝のはじまり)

「この世をば」(平安中期、藤原道長の素顔にせまる)

「望みしは何ぞ」(道長以降、院政開始まで)

だ、そうです。

面白そうですね♪

なんでわたし、完結作から読むかな〜?

この本を図書館で手にとって、パラパラとめくってですね、「陽明門院禎子内親王」(後朱雀帝皇后)が登場してて、「をを!」と思ってただ借りてきただけなんです。

禎子内親王は、なんというか、内親王らしからぬ気性の持ち主のような気がして好きです。

この時代「皇后」「中宮」はまった同格なんですけど、「皇后」は「中宮」に押しのけられた人、という印象が強い。

一条帝皇后定子がいい例です。

定子は叔父の道長(の娘・彰子)に押しのけられちゃったようなかたちで「皇后」になった。

禎子内親王も、伯父の頼通(の養女・女原子)に押しのけられたようなかたちで「皇后」になった。

禎子内親王はカッチーン!ときて、頼通と不仲になっていく。

そういえば、禎子内親王の産んだ、娟子内親王も内親王らしからぬ振る舞いをして「狂斎院」と呼ばれました。

望みしは何ぞ―王朝・優雅なる野望 (中公文庫)
永井 路子
中央公論新社
売り上げランキング: 166834
おすすめ度の平均: 4.0
4 不遇者の意地
5 院政期前夜を書き起こした良書
4 修羅場の人間学
4 歴史通読本


三条帝の時代。

時の権力者、藤原道長を父にもつ能信は、鬱屈した思いを抱えていた。

道長の妻二人。

宇多源氏の源倫子(鷹司どの)。

醍醐天皇の孫娘、能信の母、源明子(高松どの)。

鷹司系の人々が世の注目を集めるきらびやかさに比べ、我が高松系の有様は・・・。

我が母のほうが、血筋もよく、美貌である。

真に父が愛するのは、我が母、明子であるはずなのに。

世の人に、ひとしく道長の子として見られながらも、鷹司系にくらべれば、高松系はいつも取り残されている。

彼が中宮権亮として仕える、父を同じくする中宮研子が、父道長の期待を裏切り皇女を産み落としたときから、彼の思いは徐々にかたちを変えていく。


わたし、なんとなくですが、藤原能信にはいい印象なかったんですわ。

道長の子として生まれ、何もかも恵まれているうえ、やたら暴力的で横柄、というのが彼の印象でした。

能長のお母さんは、安和の変で藤原氏に失脚させられてしまった、源高明(醍醐天皇第十皇子)の娘・明子。

道長の第一の正妻といわれている倫子(一条帝中宮彰子の母)は、左大臣・源雅信の娘。

血筋だって、どっこいどっこいです。

失脚した父を持つからといって、明子姫が不遇だったか?といえば、不遇なんでしょうけど、周囲に大切に育てられて、不自由はなかったはず。

道長クラスになると、正妻待遇の妻は何人もいておかしくないわけですが、どうも倫子の産んだ子より明子の産んだ子は、立場が一歩劣るんですな。

世の中の人からみたら、そんなこと「何、贅沢言ってやがる!!」ってことなんですけど、能長は拘っちゃう。

その鬱憤なのか、手下に腕っ節の強いのを集めて、暴れたりしてた。

ええとこのボンボンのわがままに思えたんです。

この本の影響です↓。

殴り合う貴族たち―平安朝裏源氏物語
繁田 信一
柏書房
売り上げランキング: 354705
おすすめ度の平均: 3.5
2 うーん。
4 血の気が多かった平安貴族
4 敦明親王に興味が湧きました。
1 平安貴族を貶めたいだけ?
3 現実には存在しない光源氏


↑この本、面白いですよ(文章、読みにくいけど)。

しかし、永井センセはわたしが言うのもなんですが、すごいね。さすがだね。

「殴りあう貴族たち」に書かれているような、能信のマイナス面の理由もちゃんと読者に納得できるように書かれていらっしゃる。

ここらへん、去年のアレ、NHKの大河「天地人」の脚本書いた人とは大違いですわ。

あ、くらべたら永井センセに失礼ですね。

永井路子先生は、優等生タイプより、ちょっと一癖二癖ある人物がお好きみたいですね。

ま、優等生タイプの中宮彰子や、道長の長男・頼通なんか書いても面白くないんでしょうけど。

読んでるほうも、面白くないですしね。

三条帝中宮研子も、お姉さんの彰子が上手いこと皇子二人産んでいるのにくらべるとイマイチ。

三条帝は、道長とどうもうまくいってなかった。

しかも、長年連れ添った、藤原済時の娘・女成子(有名な美人)との間に皇子皇女が6人も産まれていた。

だから、道長は研子に「皇子を産むこと」を期待して三条帝に入内させた。

研子が皇子を産めば、そこは権勢を誇る道長の孫ってことで、他の皇子を押しのけて、その子が皇位を継ぐこととなる。

めでたく研子は懐妊し、宮廷社会の目は、「男児誕生」って空気になってくる。

でも産まれたのは「皇女」(禎子内親王)だった。

道長は、三条帝と和解する機会を失ってしまった。

大誤算!!

親父道長、超不機嫌に。

親父、無茶言うなよ!!

きらびやかな道長の鷹司系の子どもたちのなかで、研子一人だけ浮いてしまったんですね。

研子という女性は、同じ母・倫子から産まれた、4人の姉妹(彰子・研子・威子・嬉子)のなかで一番美人だったそうで。

ただ、「華美を好む」と、兄貴の頼通に説教じみたことを言われたらしいのですが。

その部分にも永井センセのナイスフォローが入っております。

その後、三条帝(院)はこの世を去ってしまい、研子と禎子は宮廷社会から、「いてもいなくてもどうでもいい人」、みたいな見られ方をしてしまいます。

能長は、研子と禎子に対して、同情のような、な感情を持ちはじめる。

その後、親父道長は、彰子が産んだ後一条天皇(11歳)に、自分の三女・威子(20歳)を入内させ中宮に冊立。

彰子大皇太后、研子皇太后、威子中宮と三人姉妹が后の位に並び「一家三后」と、絶好調。

しかもその後、末娘の嬉子を敦良親王(後冷泉帝のもとに入れている。

この世をばわが世と思ふ望月のかけたることもなしと思へば


と、調子こきます。

うーん、能長が複雑な思いになるのも無理からぬ。

能長と同母の姉妹は、誰も「女御」「中宮」なんて位にはつけないのです(位が女の幸せか?といったら別の話)。

道長の絶好調もこれまでなんですが。

なんかね。

藤原氏は、とにかく、後宮に娘を入れて孫を皇位につけたい。

だから、自分の妻には「女の子を産め」という。

そして、自分の娘には「男の子を産め」という。

そうやって、叔母と甥、伯父と姪、いとこ同士、とくっつけて血統を濃くしていったら・・・??。

妃として上がった女性が出産するたびに、関白はじめ、男たちは、「男か?女か?」と固唾を飲むわけで、はっきりいってエグい。

エグい、というか滑稽。

能長はそんな世の中でひとり、血の気が多いわけです。

同母系の頼宗(この人の子孫は美形らしい)は、そんな能長に問いかける。

いったい、何を望んでいるのかね、そなたは。


望みしは何ぞ。

「出世」といえば、そうなんでしょうけど、能長は何かをぶち破りたかったのではないか?と。

そういう葛藤を描いた作品です。

能長は「ぶち破った」んですよ。

「破」!!ですよ。

能長自身はその結果を知ることはなかった。

望みを果たさずにこの世を去った・・・。

平安時代。

なかなか激しかったんですね〜。

Amazon.co.jp望みしは何ぞ―王朝・優雅なる野望 (中公文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 23:32| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(永井路子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

“乱紋”

永井路子センセの「乱紋」です。

2011年のNHK大河ドラマが「江〜姫たちの戦国〜」に決まったということで、彼女関係の本を読んでます。

来年は幕末なので、スルーです。

「江〜姫たちの戦国〜」については、目の付け所はいいんではないかい?と思ってます。

キャストがどうなるか?

さて、この「乱紋」は、永井路子センセの「流星 お市の方」と同設定で書かれています。

浅井長政と織田信長の妹・お市の方との間に生まれた三人娘の末妹「崇源院」。

彼女の名は「江」「小督」「お江与」などと呼ばれていたそうです。

「乱紋」では彼女は「おごう」と呼ばれています。

おそらく「お江与」は、秀忠に嫁いだあとから呼ばれるようになったんでしょう。

彼女は、地位も高く、歴史上重要な役割を持っていた女性ですが、人柄や容貌についての記述が少ないそうです。

「織田は美貌の血筋」という通説と、「秀忠が側室を持たなかった」、「家光よりも忠長を溺愛した(らしい)」、という逸話から、彼女は「美貌」で「ヒステリック」な女性として描かれることが多かったのですが、本当のところはわかりません。

作家さんの腕の見せ所ですね。

だって、誰も知らないんだから、読者に「もしかしたら、こうだったのかも」と思わせるしかない。

永井路子センセは、いわゆる「通説」を覆そう、というお気持ちが強いのでしょうか?

「乱紋」のヒロイン「おごう」は、およそ、ヒロインらしくなく、その魅力も読者にとって非常にわかりづらい女性として書かれています。

乱紋 (永井路子歴史小説全集)
永井 路子
中央公論社
売り上げランキング: 754742


お茶々、お初、おごう。

浅井長政と、織田信長の妹・お市の方との間に生まれた三人の娘。

母が柴田勝家とともに、北庄で果ててから、彼女たちは羽柴秀吉の保護を受けくらしていた。

そんな彼女たちも、年頃の娘へと育った。

彼女たちの間で、一番最初に縁談が持ちかけられたのは、姉二人のように利発でも器量よしでもない、末妹のおごうだった。


と、いうわけでこの「乱紋」でのおごうは、美人でもないし、才気があるわけでもありません。

同設定の「流星 お市の方」でも、赤子の頃から姉二人よりかなり容色におとる、とされていました。

ちなみに、お茶々はすっきりとした美人(気が強く誇り高い)、お初はあでやかな美人(目端がきく)、という設定です。

しかし〜、「華やかな小袖が気の毒なほど似合わない」「婚礼のための濃い化粧をすればするほど珍妙な顔になる」などと、永井センセの筆は容赦がないです。

これらを、おごう付きの侍女のおちかに言わせているのです。

動作と言葉は鈍く重く、落ち着いているのか、何も考えていないのか、長年使えているおちかでさえわからないのです。

これでは・・・読者がヒロインの人物像を掴みにくく、魅力を感じさせるのは難しいのではないか?と思いました。

おごうの心理描写は一切なしです。

ヒロインはおごうですが、ストーリーテラーは侍女のおちかであって、物事はすべて彼女の見た目から書かれています。

読者はおちかとなって、おごうを「観察」するしかないのです。

はっきりと、彼女の魅力に気がついたのは、最初の夫・佐治与九郎でした。

平穏な日々は長く続かず、おごうがその後、再嫁を重ねるのは、ご存知の通り。

佐治与九郎は五万石の小領主でしたが、再婚した羽柴秀勝は岐阜宰相。

ここで、京極家(近江二万八千石)に嫁いだ姉のお初を追い抜きます。

次の再婚で、徳川秀忠のもとへ。

秀忠はおごうより六歳年下でしたが、ここで、じつはおごうは長姉・お茶々を追い越してます。

先の短い秀吉と若い秀忠では、二世代の開きがあります。

このように、おごうは再婚するたびに運が開けていくという、不思議な生き方をしていきます。

おごうは、

「どういう運命が与えられるか、来るものはうけてみるまで」


と、自分から運命を選び取ろうとはしません。

本当に掴みにくいヒロインなので、好き嫌いが別れると思います。

わたしは、彼女の歴史上の役割が好きだったので、わりとすんなり受け入れることができました。

こういう読者に受け入れにくいヒロインを作っちゃう永井センセは、すごいというか、なんというか、自分の腕に自身があるのだな、と思います。

浅井三姉妹は戦火をともに潜り抜けてきたため、非常に仲の良い姉妹に書かれることが多いのですが、この作品では・・・。

姉妹というものの複雑さが書かれています。

相手が恵まれていると、どうも許せないという小競り合いに似たものが。

もちろんおごうは蚊帳の外なのですが、お茶々とお初のおごうに対する態度はなかなか怖いです。

しかもその彼女が自分たちをどんどん追い越してしまうのですから。

そんななか、徹底的に敵対したお茶々と、名門とは名ばかりの小大名に嫁ぎ、あちらこちらに愛想を振りまいたお初が対象的です。

誇り高いお茶々と、目端が利くお初の設定は、このためだったのか、とものすごく納得しました。

それにしても、作家さんによってここまで違う人物になるって面白いですね。

Amazon.co.jp乱紋 上 (文春文庫 な 2-7)乱紋 下  文春文庫 な 2-8

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 21:02| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(永井路子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

“流星 お市の方”

永井路子大先生の「流星 お市の方」です。

2011年のNHK大河ドラマが「江〜姫たちの戦国〜」に決まりました。

ヒロインの「江」は、信長の妹・お市の方と浅井長政との間に生まれた末娘です。

お市の方の産んだ三人の娘のなかで、もっとも小説・ドラマで取り上げられるのは長女の「茶々(淀殿)」ですよね。

わたしとしては「江」(おごう)にスポットライトが当たるのは、おもしろいじゃないか!!と思いました。

そんじゃ、彼女がヒロインの小説を読んでみましょう。

それで、諸田玲子氏の「美女いくさ」と、永井路子センセの「乱紋」を読んだのです。

「乱紋」を読んで、主人公・おごうの描かれ方にびっくりしたのです。

えーーーー!?

でも、永井センセだったら「有り」だな、と(「一豊の妻」の千代もすごかった)。

永井センセは、おごうの母であるお市の方の小説「流星 お市の方」を書いている。

もしかしたら・・・と思ったら、やっぱり二つの作品は「同設定」でした(作品の発表は「乱紋」のほうが先です)。

「娘」を知るには、まず「母」からだ、と思って読みました。

流星―お市の方〈上〉 (文春文庫)
永井 路子
文藝春秋
売り上げランキング: 104374
おすすめ度の平均: 4.0
4 別の視点から戦国時代を読みたい人のために
4 読みやすかったです


戦国の風雲児・織田信長の妹として生まれたお市。

幼い頃は乱暴者の兄を嫌っていたお市だったが、成長するにつれ、戦国の城主の一族に生まれたものの運命を悟っていく。

やがて彼女も、ある役目を背負い嫁ぐこととなる。

苦難に満ちた生涯のはじまりだった。


この作品が書かれはじめたのは1975年だそうです。

わたしがはじめて永井センセの作品を読んだのは、たぶん中学生のとき。

「北条政子」でした(母の)。

その「北条政子」と「炎環」とで、永井センセはそれまでの北条政子像を大きく覆したと知ったのは、だいぶ後でした。

確か、歴史学者が定説としていた、北条氏と比企氏の何らかの説も覆したはずです(うろ覚え。うろ覚えすぎて役に立たん・・・)。

この「流星 お市の方」を読むと、現在、歴史的に当たり前とされていることが、1975年当時の歴史観では誤解されていた!!

それを永井路子先生は指摘しています。

政略結婚によって結ばれた両家が、決定的に対立となったとき、妻は実家に戻ることとなる。

戦国時代の作法ですね。

これって「大河」観てる人とか、ちょっと歴史好きな人だったら、当たり前のことですよね。

でもこの作品が発表された当時は、「結婚」と「人質」とが一緒くたに考えられていた(あ、もちろん当時だって、間違っていた人ばかりじゃなかった、と思います)。

その誤解を解くべく、花嫁は「使命」を持って嫁いで行ったんだってことが強調されています。

当然のごとく、お市のまわりにはそういう女性が多いです。

信長の妻・濃姫は、血なまぐさいことを淡々と語り、お市に女が戦国の世で生きることのおそろしさを伝えます。

お市の姉・お犬は大野・佐治家に嫁ぎますが、夫に死なれ、息子を婚家に置いて戻ってきます。

信長の娘・徳姫は実家に姑・築山殿と夫・信康の罪状を通報します。

お市も、夫の裏切りを兄に伝えるべく、小豆の袋を使いに託すのです。

夫と妻は愛しあってはいても、信じあってはいない。ということでしょう。

平和な新婚時代をすぎ、兄と夫が対立したとき、お市の長政の間にも激しい嵐が吹き荒れます。

流星―お市の方〈下〉 (文春文庫)
永井 路子
文藝春秋
売り上げランキング: 112780
おすすめ度の平均: 4.0
4 視点を変えて戦国時代を楽しむ


この作品で書かれている浅井長政は、新鮮でした。

まー、彼はひたすらお市を愛していた、というイメージが強かったものですから。

というか、そんなに印象にない、というか。

信長との対立が激しくなるにつれ、長政は冷静さを失い、狂暴になり、お市を顧みなくなっていきます。

こういう長政ははじめて読んだかも。

織田に戻ったあとの部分は短く書かれ、その後信長が討たれ、柴田勝家に再嫁。

お市の勝家に対する評価が、酷です。

夫としては、どうしても我慢ならないものがある。

では何故再嫁したか?

お市は家臣としての勝家を織田家のために利用したに過ぎない、という。

勝家が、死を決めたときに見せる姿が清々しく、勝利目前に息せききっている秀吉との対比が見事です。

お市が北ノ庄城を出なかった、その心情はわりと短くまとめられているのですが、やはり納得せざるえない。

いかに読者を納得させるか、ということが小説家、とくに歴史を題材に書く小説家には必要かということを強く感じます。

あ、そうそう、お市さまは、秀吉のことは最初っから相手にしてないです。

サル、ざまあ、と思わずにはいられません。

三人の娘のなかで、一人だけなぜか器量が劣り、反応も鈍いという「おごう」の未来をほのめかすところもさすがです。

で「乱紋」へ続く。

ところで、わたしが一番感銘を受けたのは、文庫新装版のためのあとがきでした。

歴史ものを書くときに、いかに資料を読みこなすのが大切か、ということが書かれています。

歴史ものを書くとき、私は手造りの年表と系図を作ります〜

又、年表を手造りすると、見えなかった歴史事実が出てきます〜

なまの資料には無言の迫力があります〜


文庫新装版の発売は2005年です。

超ベテラン永井センセがおっしゃると、なるほどと思いますね。

今年の「大河」関係者は、間違った年表でも見てるんでしょうかね??

っつか、ドラマ作る前にググるくらいはせんかい!!

Amazon.co.jp流星―お市の方〈上〉 (文春文庫)流星―お市の方〈下〉 (文春文庫)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 00:36| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(永井路子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

“姫の戦国”寿桂尼ってどんな人?

永井路子「姫の戦国」です。

今川の『寿桂尼』という女性には、随分と前から興味があってこの本を「読んでみようかなぁ」と思っていたらタイミングよく『風林火山」に登場。
早速読んでみました。

姫の戦国 (上) (文春文庫)
永井 路子
文芸春秋
売り上げランキング: 176786
おすすめ度の平均: 4.5
4 姫の戦国
5 埋もれていた分国経営のトップランナーにスポットライトをあてた意欲作
5 「まぬけなやられ役」のイメージ逆転


姫の戦国 (下) (文春文庫)
永井 路子
文芸春秋
売り上げランキング: 325444
おすすめ度の平均: 3.5
5 大河ドラマの人物形成に与えた影響を感じ取ります
4 大河ドラマとして見てみたい作品
2 どうもしっくりきませんでした


永井路子氏の作品といえば一番最初に読んだのは『北条政子』なのですが、その作品はいずれまた。

『寿桂尼』という女性は今川氏親の正室です。
二人の間にうまれた五男が今川義元です。

中御門大納言の姫として産まれた彼女がどうして駿河の大名に嫁ぐことになったか?
彼女がどうして『女戦国大名』などと言われ、今川家の実質的支配者となったか?

作者はこう語らせています。

「そうするよりしかたないじゃないの」

単純に他に方法がなかった、と。
大げさな理論をふりかざすのは男のやり方だと。

永井路子氏の『北条政子』でも、政子はとくにでしゃばるつもりではありませんでした。
ただ夫が早く亡くなり、自分が動くしかなかった。
寿桂尼もそう書かれています。

もちろん、それは作者の『創作』です。
しかし、私には『歴史上の女性』は女性作家さんのほうがしっくりきます。
永井路子氏の『一豊の妻』の千代は、司馬遼太郎氏の『功名が辻』とは別人の『悪妻』(??)ですけどね(>_<)

Amazon.co.jp姫の戦国 (上) (文春文庫)姫の戦国 (下) (文春文庫)



参加中です↓。
人気blogランキングへ

続きを読む
posted by くみ at 23:59| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(永井路子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

“朱なる十字架”細川ガラシャ夫人の生涯。

永井路子「朱なる十字架です」

まともな本もがつがつ読んでいるワケです。

最近「功名が辻」の影響で「戦国の女性」ものを再び読み始めています。

読む本は偏っている傾向がありますな、私。
「実在した人物の小説化」が好きなのです。

紫式部が源氏物語の中で語っているのです。

日本紀などは、ただかたそばぞかし


「事実を書いた歴史書よりも、小説のほうが実は真実を書いている」ということですね。

年表の間、間に何があったのかは、もう誰もわからないことですから。

今日の本はこちら↓です。



細川ガラシャ夫人。

前から好きで、この本も自宅にあったはず(母の)なんですが、どこにもなくて(このパターン多すぎ)、結局図書館で借りてきました。
時間のロスが多すぎです。

人気blogランキングへ参加中です。

続きを読む
posted by くみ at 23:58| Comment(4) | TrackBack(5) | 読書(永井路子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。