2010年01月31日

龍馬伝 第5回「黒船と剣」

龍馬伝、第5回「黒船と剣」

観たぜよ。

今日で1月も終りぜよ。

「光陰、ウサイン・ボルトの如し」とはよく言ったものぜよ(by銀さん・銀魂)。

あーだこーだ言いつつ、龍馬伝、1月を乗り切ったぜよ。

昨年のアレは10回でリタイアしたけんど、今年はどうかのう?

とりあえず、行ってみるぜよ。

嘉永六年、六月。

ついに黒船が浦賀に姿をあらわしました。

とりあえず時間を稼げ、という幕府の命令で、龍馬もピエールも江戸湾岸の警備に駆りだされました。

しかし、200年以上も戦がなかったため、武士は鎧兜の付け方も知りませんでした。

龍馬伝〈1〉
龍馬伝〈1〉
posted with amazlet at 10.01.31
福田 靖 青木 邦子
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2507


幕府とペリー側のやり取りは

「親書を受け取れ!!」←黒船

「まずは長崎へ!!」←幕府

と、堂々巡り。

いらついたペリーは、ついにミシシッピー号を江戸湾へ向かわせました。

その頃、警備を抜け出して黒船を見に行った龍馬は、同じ目的の桂小五郎と再会しました。

そして目の前に現れた黒船!!

二人とも口あんぐり、です。

「うおあーーーーーー!!!」

と奇声を上げる龍馬。

デカルチャ!!!

桂さんは「蒸気船」とか「タール」とかよく知ってました。

吉田松陰先生から教わったそうです。

ペリーに押されまくって、ついに幕府は米大統領の親書を受け取りました。

このことで、徳川幕府の政に疑問を抱くものが多くなりました。

土佐では武市さんも弥太郎も熱くなっておりました。

黒船を見てしまってからの龍馬は、剣の修行に身が入らなくなってしまいました。

そのことを佐那に指摘される龍馬。

佐那はすっかりわかりやすく、デレてます。

女装!?とか思って、あ、女の子が女装って変だよな、と思いました。

「あんな化け物には刀は通用しません」

という龍馬。

剣の修行に来ているのに、剣を否定してしまっては、千葉道場にいる意味がなくなってしまいます。

佐那に、父定吉や兄いっけいには決して言わないようにと釘を刺される龍馬。

きんつばはちゃっかりもらって帰りました。

得して世の中生きていけるタイプみたいです。

龍馬は黒船の落書きなんかしちゃって、なんか、イタタなカンジです。

その頃、佐那はいっけいに、きんつばと龍馬への恋心を指摘されていました。

最近の佐那は、縫い物や茶の湯もするようになったそうです。

「お前、あいつに惚れたのか?」

「わかりません」

もう、龍馬のことを以前のように見れなくなってしまった、と佐那。

それが「恋」ですよ〜。

男のように育った佐那がついに「恋」!!

いっけい大喜びです。

龍馬は桂さんを訪ねます。

桂さんもわかりやすく、黒船のことが頭から離れない状態になってました。

「何もかも変わってしまうかもしれん」

桂さんから「攘夷」という言葉を教わる龍馬。

桂さんもどうしたらいいのかわからないそうで、

「わからんときは学問じゃ!!」

と、あれから猛烈勉強に励んでいたみたいです。

剣ではあの化け物には勝てない、と思うことは剣を否定すること。

それは武士をやめるということ。

自分で考えろ!!と桂さんに言われる龍馬です。

幕府では胃の痛い老中阿部伊勢守が、アメリカからの親書の内容を諸大名に開示。

いままで、幕府にされるがままだった大名たちははじめて政への意見を求められました。

土佐は藩士から意見をつのり、それが抜擢人事へと繋がりました。

そうして、参政となったのが、わたしも名前だけは知っている吉田東洋です。

武市さんも弥太郎も意見書を出しました。

武市さんは、酒飲みの殿さまからお褒めの言葉をいただきました。

龍馬は父上や家族を安心させるために、「異人の首をとってやるぜ」みたいな勇ましい手紙を書きますが、乙女姉やんにはすっかり見抜かれていました。

ある日、龍馬は千葉道場で定吉に問われました。

「お前の心はどこにある?」

定吉と打ち合うもやられてしまいます

心ここにあらずをすっかり見抜かれていた龍馬。

指摘されて、つい本音を。

「戦になったら刀など役に立ちません」

縫い針みたいなもんだとまでぬかしました。

「何のため、剣の修行をしているか、わからんとです」

それを言っちゃうと、千葉道場にいる意味がありません。

「出て行きなさい」

道場を追い出されました。

「なんちゅう馬鹿なことを・・・」

ここで、また躓いたりして泥だらけに・・・とか不安になりましたが、大丈夫でした。

剣を否定したことを後悔しつつ、しかし、これからどうしてようのかわからず・・・。

とりあえず答えの出ないまま終わりです。

でも来週の予告で、佐那とよろしくやってました。

次回、「松蔭はどこだ?」

大河のタイトルに「?」がつくのは、やっぱり変ぜよ。

Amazon.co.jp龍馬伝〈1〉

書けた。

寝るぜよ。

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 23:00| 静岡 ☁| Comment(12) | TrackBack(2) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

龍馬伝 第4回「江戸の鬼小町」

龍馬伝、第4回「江戸の鬼小町」

ちゃんと本放送を観たぜよ。

まだ、大丈夫ぜよ。

それではGO!ぜよ。

「これが江戸!!賑やかじゃのう!!」

嘉永六年四月、龍馬とピエールは江戸に着いたぜよ。

江戸の賑わいに浮かれて、ふらふらしてる龍馬が、うっかり誰かとぶつかって、ひと悶着起こして、また泥だらけに・・・と危ぶんだけんど、それはなくて安心したぜよ。

別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝  カドカワムック  62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 44915


龍馬が江戸で滞在した場所が、土佐藩中屋敷(の片隅)だったと知り、やっぱり龍馬は恵まれている方なんだよな、と思いました。

あのまま、弥太郎が江戸へ着いてこれたとしても、藩の許しのないものは中屋敷には滞在できないもの。野宿だもの。

龍馬はさっそく北辰一刀流千葉道場へ。

女子どもの稽古に太鼓を用いるという案は、いいのか?

盆踊りみたいで、気が抜けそう。

そこで、龍馬は千葉定吉の娘・ミ・・・じゃなくて佐那と立ち合い、やられました。

千葉道場で、佐那に敵うものは誰もいないそうです。

千葉定吉の「作品」

佐那は、幼い頃から剣一筋で育てられ、自分が千葉道場の「看板」だということを強く意識しています。

属性は「ツンデレ」です。

その頃〜、武市さんはマイ道場&塾の営業に励んでおったぜよ。

弥太郎は、元気に武市さんに嫌味を振りまいておったぜよ。

弥太郎は、人の心の薄暗いところを読み取るよな〜。

江戸の龍馬は、剣の修行だけで精一杯一杯です。

広い世の中を見る!!という大事な目的はどうした!?

と、乙女姉やんからお叱りの手紙が届きます。

そんでもって、ピエールに広い世の中を見聞するためにイイトコロに連れて行かれました。

イイトコロっていうか〜、あの怪しげな酒場、何?ピンクの照明??

女子にうつつを抜かしたらいかん!!という父上の言いつけを守る龍馬。

そんな龍馬に声をかけてきたのが、これまた怪しげな男・長州藩士・桂小五郎(お楽しみ済)です。

この桂小五郎、酔っ払いながら熱く世界を語り、日本が諸外国に狙われている、と話します。

そんな小五郎の話は、龍馬にはまだピンときてません。

さて、今回は土佐と江戸と話が飛び交っていたのですが、それは、ま、いいです。

土佐の岩崎家。

弥太郎父は、たまに働く気になったら肩が外れた、という情けない有様です。

真剣に、真剣に、どぎゃんとせんといかん!!(あ、これは違うか)という状態に弥太郎は

「わしも塾を開くぜよ!!」

塾を開きました。

が、武市さんのとこと比べると、洟垂れ小僧(バカ)しかやってこない岩崎塾。

そこへ、縁談を断ってしまった加尾が、何故だかあらわれます。

「私に学問を教えてくださいませ」

「夜明けじゃーーーっ!!!」

弥太郎さ、やっぱ加尾の縁談知らなかったな。

その頃の龍馬。

千葉道場で、女子ども相手の朝稽古をつけるようになってました。

通りかかった佐那を朝稽古に参加させたため、なんだか二人の仲は急速に接近です。

「ツンデレ」に対して、「デレ」を指摘してはいけません。

なんか〜、公式のあらすじに、「龍馬の真摯な姿勢に惹かれ・・・」みたいなことが書いてあったけど・・・。

あんまり急速すぎるんで、

イケメンに惚れた

としか思えなくて残念です。

父定吉に、「坂本には勝てん」と指摘されてしまった佐那は、龍馬に立ち合いを挑みます。

父定吉は、もうそろそろ、佐那も年頃だし、千葉道場の看板を背負うよりも、女としての自覚を持ち、幸せになって欲しい気持ちがあったんでしょう(別に相手が龍馬じゃなくてもいいんだけど)。

佐那も自分の限界みたいなものをわかっていたんじゃないかな??

でも認めたくなかった。

佐那はもう、龍馬には勝てなくなっていました。

「私が女だから・・・」

ところで、このドサクサにまぎれて龍馬が佐那を押し倒したり、動揺したりするシーンですけど、

わたしはエヴァンゲリオンで、綾波を押し倒したシンジを思い出しました。

えと・・・中2っぽいっていうか・・・。

「私は弱くない。あなたが強すぎるのです。私は弱くない」

龍馬は、佐那に、佐那の凛々しさは剣の修行から得たものだ、みたいなことを熱く語ります。

龍馬、無意識で女をひとりゲットです。

福山龍馬は、まわりの女が勝手に惚れてく男みたいです。

佐那は・・・多分、龍馬と出会わなかったほうが良かったんだよな・・・。

罪な男ぜよ!!

そして、ついに浦賀に黒船がやってきました!!

なんだか知らんが走り出る龍馬。

江戸の街は大混乱に陥っていました。

次回、「黒船と剣」

来週の弥太郎も楽しみぜよ!!(出番あるのか?)

Amazon.co.jp別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝 カドカワムック 62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 21:48| 静岡 ☁| Comment(10) | TrackBack(3) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

龍馬伝 第3回「偽手形の旅」

龍馬伝、第3回「偽手形の旅」

再放送を観たぜよ。

本放送のときは、風邪ひいて寝てたぜよ。

まだリタイアしてないぜよ。

もうちょい続けるぜよ。

では行ってみるぜよ。

嘉永六年、春。

龍馬は藩の許しを得て、江戸へ行けることになりました。

そんなウワサを聞いて、いてもたってもいられないのが弥太郎です。

でも、加尾の縁談は知らないようぜよ。

龍馬に対してのみ、アンテナが立っとるようだぜよ。


別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝  カドカワムック  62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 12267


「あのボンクラ」よりは、自分が江戸へ行った方が、藩の役に立つ、と必死に偉い人に頼みますが、願いは聞き届けてもらえません。

ボンクラ龍馬は、加尾に「妹のように好きなのか、女として好きなのか、ようわからん」と、結構ひどいこと言ってます。

龍馬は江戸行に際し、父上から「五か条の戒め」なるものを書いてもらい

「行ってきますき」

と、旅立ちました。

そっと(そっと?)見送る加尾は、「白」で決めてました。

龍馬の旅には、ピエール(役名は忘れたぜよ)が同行です。

土佐から江戸へは、山越え、海越え、30日かかったそうです。

そんな道中、龍馬とピエールの後をつけてくる、怪しい人影が。

「わしも一緒に江戸へ行くぜよ!!」

なんと、弥太郎がついてきてしまいました。

しかも、「倉田安兵衛」と名乗り、偽手形を手づくりして!!

龍馬は、同行しているピエールに迷惑がかかるし、弥太郎のためを思って一度は断るのですが。

「おまんだけ江戸へ行かせてたまるかえ!!」

と、弥太郎はついてきます。

その頃、岩崎父は息子がいなくなってしまったことに気がつき、弥太郎を探しまくって、道場にやってきて、大暴れして、宮迫を殴ってました。

岩崎父は、息子のために本を買ってきたんですよね。

なんかな・・・不器用な親父です・・・。

そういえば、武市さんは岡田以蔵を褒めてましたが・・・、ま、剣の腕だけしか認めてないんだよね・・・。

加尾が縁談を断ってましたが、そんな都合よく断れるもんか?

弥太郎は、龍馬に悪態ばかりつきます。

宿へ入れてもらっても、お風呂に入れてもらっても、宿でひと悶着起こし、龍馬に命を助けられても、感謝という気持ちも言葉も、龍馬に対してはこれっぽちもありません。

弥太郎は龍馬に対して、「ツン」しかありません。

龍馬が龍馬父から書いてもらった「五か条の戒め」は、羨ましいようです。

「這い上がりたい、這い上がりたい」

龍馬の境遇をひたすら羨み、自分の境遇をひたすら恨み、口から出る言葉はまるで呪詛のようです。

そんな弥太郎に龍馬は

「一緒に行こう、弥太郎」

と言ってしまうのでした。

しかし、偽手形は多度津の関所でバレました。

「もう、うんざりじゃ!!わしの前からとっとと消えよ!!」

自分から、龍馬たちと自分とは関わりがない、と言い切る弥太郎。

「とっとと行ってしまえーーーっ!!!」

龍馬は船に乗っても、弥太郎のことを案じるのですが・・・。

そこへ逃げ出した弥太郎が姿をあらわします。

「どっかで野垂れて死にやがれーーーっ!!!」

「どアホーーーっ!!アホーーがーーー!!!」

「お前が大嫌いじゃーーーーっ!!!」


このひねくれ具合、最高です。

この回の主役、弥太郎だよな・・・。

香川弥太郎の演技力には、イケメン福山はかなわないぜよ。

次回は「江戸の鬼小町」

B子が登場ぜよ。

結構楽しみぜよ(B子が)。

Amazon.co.jp別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝 カドカワムック 62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

posted by くみ at 16:59| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

龍馬伝 第2回「大器晩成?」

龍馬伝、第2回「大器晩成?」

観たぜよ。

でも、楽しみにしていた「MJ アニソンSP2」を観忘れたぜよ。

うぉーーーーっ!!!まめぐーーーっ!!!

新年早々、痛恨の極みぜよ。

若干、心が折れ気味ぜよ。

でも、行ってみるぜよ。

嘉永五年、秋。

江戸への思いを募らせる竜馬。

父上と兄上に呼び出されました。

「私を江戸へ行かせてつかあさいっ!」

龍馬は頼みますが、久万川の堤防工事の差配役を申し付けられてしまいました。

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
福田 靖 作 NHKドラマ制作班 製作協力
日本放送出版協会
売り上げランキング: 53


龍馬の仲間のなかでも、武市さんは江戸へ行きたい願望があるみたいです。

しかし、武市さんは家族を置いて、江戸へ出ることはできません。

その頃、弥太郎は、加尾から龍馬が江戸へ行きたいと思っていることを知りました。

加尾の口から龍馬の名前が出るだけで腹立たしい弥太郎。

「龍馬が江戸やと!!」

龍馬に対するライバル魂がギラギラです。

龍馬が受け持った工事場所は、二つの仲違いする村が一緒に工事するようになっていました。

百姓たちは、龍馬のことなんか知らん振りです。

やたら諍いが起こり、そのたびに泥だらけです。

泥だらけでお茶を濁されているような気がするのは、わしだけかのう。

その頃、弥太郎は、本を売ろうとするのを母に止められていました。

「おまんの取りえは学問だけじゃ」

その頃、加尾には縁談が舞い込んでいました。

そして、その頃、ペリーが日本に向かっていました。

まだ龍馬はそんなことも知らず、江戸行きのことも忘れ、堤のことで頭が一杯になってました。

龍馬は百姓たちを仲良く工事させるよう、酒を振舞ったり、三味線鳴らしたりしますが、

「土佐にいらんもんは、下士と犬の糞じゃ!!」

と、相手にされません。

龍馬は、工事をしてくれるよう、熱い演説をかましたり、土下座したりしますが、百姓たちはしらけるばかりです。

下士は百姓にも馬鹿にされる存在だったのか??

まぁ、ここで龍馬の演説に百姓たちが耳を傾けたりしたら、何よりしらけるのは視聴者ぜよ。

そんな龍馬を、隠れて見ている龍馬父です。

龍馬父は、イマイチ息子がどんな男なのか掴めていないようです。

視聴者もです。

親馬鹿龍馬父は、道場の日根野先生に龍馬のことを聞いたりしています。

うちの子、どうでしょう?

「龍馬は強い。強いけど足らん!!」

「龍馬のような男は一人もおらん!!」

なんだかどえらい将来性があるような、ないような。

ある日、弥太郎は龍馬の工事現場を通りかかり、タイミング悪く、龍馬にお弁当を持ってきた加尾を見てしまいます。

しかも、龍馬と加尾のラブコメシーンを見てしまいます。

「どういて、わしにそういうところを見せつけるがぜよ!!」

福山龍馬と広末加尾・・・フジ??

龍馬は加尾の気持ちなど何一つわかってなかったのでした。

ところで〜、加尾は成長したらいきなり唐突に龍馬のことを好きになっていたような気がします。

「わたしは龍馬さんが好きやったのに!!」

♪ともだち〜では〜いられないこ〜とも〜♪

いきなり弁当を取り上げられてポカンな龍馬です。

そいえば、広末は高知出身だったな。

あんまり土佐弁似合わないけど。

おりしも、工事現場には雨が降ってきて、百姓たちは勝手に引き揚げます。

加尾の気持ちもわかっていなければ、差配しなければならない百姓たちの気持ちもわかっていない龍馬。

「わしは人の気持ちをわかっちょらん!!」

「何ひとつわかっちょらん!!」


またもや泥だらけでひとり作業する龍馬。

そこへ、百姓たちが戻ってきました。

「この仕事には命がかかっちょるきに」

コラ、待てや!!

そこでキレイにまとめんな!!

下士の熱意で百姓が動くなんて、あり得んぜよ!!

坂本龍馬なら、頭使え!!

あ、まだ頭は足りないのか。

とりあえず、堤は完成ぜよ。

やっぱり、泥だらけでお茶を濁さ・・・以下略。

えと、今回描きたかったのは、坂本龍馬、青春のしょっぱい思い出??

今度は龍馬、往来で父上に土下座です。

土下座でお茶を濁さ・・・以下略。

ま、愛とか義とか屁理屈こいて、つねに上から目線のとかより、マシかな〜。

父上は日根野先生に、推薦状を書いてもらっていたのでした。

これで龍馬は江戸へ、「剣の修行」に行けることになります。

次回「偽手形の旅」

弥太郎が面白いことになってそうだぜよ。

でも視聴者のみなさんは、すでに心が折れそうぜよ。

気持ちはわかるぜよ。

Amazon.co.jp龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 16:37| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(5) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

龍馬伝 第1回「上士と下士」

龍馬伝、第1回「上士と下士」

観てみました。

で、書いてみます。

幕末はわからん!!わからんぜよ〜!!

司馬遼太郎センセの「竜馬がゆく」は読んだことありません。

わたしの幕末の知識は、ゆとり世代の中学生(ゴメン)レベルです。

龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
福田 靖 作 NHKドラマ制作班 製作協力
日本放送出版協会
売り上げランキング: 27


福山雅治(四十歳)は、紅白観たとき、

やっぱすごいイケメンだわ!!

と、つくづく思いました。

でも、わたしはましゃの演技を上手いと思ったことが一度もないので・・・(オイ)。

龍馬役がましゃにハマっているのかどうかは判断しかねます。

物語は三菱財閥創業者・岩崎弥太郎が語るというかたちで進むようです。

「龍馬はのう、わしがこの世で一番嫌いな男やった」

というわけで、弥太郎と龍馬、二人の出会いは天保十四年、土佐。

土佐は、ま、第1回タイトルにもなったように郷士に対する差別が徹底しておりました。

多かれ少なかれ、どこの藩にも存在した制度ですので、あんまりやられると・・・・・・治めるほうも大変なのよ、と。

しかし、そうやって作られた制度が、停滞した時代のなかでエスカレートしてしまっていたのは事実ですね。

もともとその制度を作ったのは「功名が辻」のあの人たちですし。

六平太が弥太郎って微妙。

下士の家に生まれた竜馬と、地下浪人の子として生まれた弥太郎。

岩崎家は地下浪人ながらも名字帯刀を許されていたそうで、その分、誇り高い。

坂本家は、もともと商家で、郷士株を買い武士になったので、よけい武士であろうと勤めている。

人は、自分よりちょっとだけ上の存在を羨むものなので、弥太郎もそんなんだったのかな〜?と思いました。

母の身体が弱いため、チビッコ泣き虫龍馬に世話を焼くのはもっぱら姉の乙女でした。

チビッコ龍馬、NHKが福山雅治似の子役を探しぬいただけあって、似てましたね。

龍馬母は、上士の子に無礼を働いた(というかカエルにビビった)龍馬のために、雨のなか、身を投げ出し、我が子を守りました。

その時の無理がたたって、母は亡くなってしまいました。

で、いきなり嘉永五年です。

龍馬十八歳は雅治になっていました。

幼い頃からの仲間は、武市半平太とか岡田以蔵とか、宮迫(役名忘れた)になってます。

いくら幕末オンチなわたしでも武市半平太や岡田以蔵は知ってます、名前だけ。

宮迫の妹・加尾(広末)は龍馬に気があるようです。

さてさて、幼い頃は泣き虫だった龍馬は、剣術の腕は抜群だけどヘラヘラしていて気概がない、そのくせ女にもてるという青年に成長していました。

そんな龍馬が大嫌いな弥太郎です。

もう、なんつーか、香川・弥太郎の汚さは抜群に光って(なんか日本語おかしいですけど)おりました。

さすが、香川照之です。

「利家とまつ」のときの秀吉の小汚さ、下品さとか、「功名が辻」の六平太の腹黒さとか、越えてます。

上昇志向と、妬みとでギラギラしてます

そいえば、画面全体、人々、町並みなどの埃っぽさは、コギレイにまとめた戦国モノなんかよりリアルで良いと思いました。

しかし、人々が小汚いので、福山がよけい光ってしまうという、その点はリアルじゃないです。

上士と下士の対立は、もう限界という土佐。

そんななかでひとり飄々としている龍馬です。

姉の乙女は、そんな龍馬が歯がゆくてなりません。

わたし、坂本金八の影響で、坂本龍馬ってヒトは「暑苦しいヒト」っていうイメージがあったのですが。

飄々としていながらも、内で壮大なことを考えている。

それが福山・龍馬のようです。

しかし、秘めた想いはまだかたちになっていない。

「土佐は変わらんというけど、自分はそう想わん」

なぜなら、あの時、母は上士の心を動かしたから。

弥太郎に、なぜ上士を恨まないのか?と問われ

「憎しみからは何も生まれん」

と答える龍馬です。

「海に比べたら土佐はこんまい」

お前の探している道はここにない、と姉・乙女も龍馬のことを理解しつつあります。

そんなわけで龍馬の目は、土佐から外へと向けられつつあるようです。

次回、第2回「大器晩成?」

タイトルに「?」がつくってどーよ?

予告のキュウリくわえた弥太郎が、また汚かったです(ホメ言葉)。

Amazon.co.jp龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

OPのCGがすごい気になった。

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
posted by くみ at 16:39| 静岡 ☔| Comment(10) | TrackBack(12) | NHK大河「龍馬伝」(10年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。