2008年06月13日

“みえない未来相談室。好きなコトを仕事にする方法”14歳の世渡り術。

k.m.p「みえない未来の相談室。好きなコトを仕事にする方法」です。

河出書房新社の「14歳の世渡り術」シリーズです。



思えば、中2あたりから「進路相談」ってはじまるのですよね。

すごい大昔だから忘れてたけど。

まずは「志望校選び」ね。

どうしてこの高校に行きたいのか?

なんて聞かれてもね〜。

実は我が家から歩いて1分の場所に某進学高校が存在するのですが、わたしの学力では当然ソコには行けず・・・。

そしたら、普通高はあとは歩いて15分ほどのところにある、我が母校(当時女子高)しかなかったのですよ。

ま、両方家から近いわな(幼、小中高と通園通学に不便だったことはない)。

母が商業高校への進学をすごく反対してましたしね。
せっかく入れる普通高校があるのに電車通学してまで商業高校へ行く必要なんてない、ってね。

そんなんだから、「未来のビジョン」なんてないわけです。

だから「将来何になりたいから、この高校を選んだのか?」なんて聞かれると困ったものです。

ちゃんと「職業」でなりたいものを言える人をすごいな〜と思ったものです。

わたしの通っていた高校は、衛生看護科が併設されていて、もう高校に入学したときから「看護士」を目指していた子たちがたくさんいたのです。

彼女たちは実習をこなし、普通科と同じカリキュラムをこなし、部活もしていた。

同い年とは思えなくて、「すごいな〜」とただただ感心するばかりでした。

わたし、中学時代から

「何をしたいのか?」

「何になりたいのか?」

「自分に何が出来るのか?」


ということで結構悩みまして、それは短大を卒業したあとも続いたのでした。

「自分探し」とかって結局、「プー」なんですけど。

当時していたバイトの時給が高かったものだから、そのままバイトで行こうか?とか思っていたこともありました。

結局のところ、新聞の求人欄で見つけた会社で面接をうけ、採用されることになるのです。

で、若い頃の自分に言いたいことは

「とりあえず働いとけ」

てことですか?

「あんまり深いこと考えるな」

やりたいことはプライベートでやればいいの。

もちろん「好きなこと」を仕事に出来ればそれはいいけど、世の中そういう人ばかりじゃないの。

仕事は三ヶ月くらいたてば何とかできるようになるし。

え、そういえばわたし、4月の半ばに就職しましたですよ。

経理事務で採用されました。

入ってみたら、ものすごく話の違う会社でした。

まず、本人、地元掛川で採用されたハズなのに、なぜか浜松へ移動させられ・・・。

おかしいな?地元でのんびり仕事をするつもりだったのに・・・。

びっくりです。

本社で研修受けて、6月から浜松で働くことになりました。

しかも「引継ぎ」も無しで放り込まれました。

なぜなら、わたしの前任者の方は解雇されたからです。怖い。

朝は8時から。なので5時半起き。

浜松駅からさらにバスに乗らねばなりません。

残業代0の会社ですが、残業しないと仕事が終りません。

イマドキ週休2日制じゃないです。

わたし「うつ」なのに残業して大丈夫かしら・・・?と思っていたらここんとこ2日ばかりダウン↓↓↓しました。

貧血で起き上がれない・・・・。

いつ辞めるかわからんので、身内、友人知人にも内緒にしていたりして・・・・。

前の会社もたいがいケチでしたが、今度の会社もケチです。

しかし今の時代、どこもかしこもケチかもしれない。

「良かった探し」をするならば、「お局」がいないってことかしら?

本社の女の子たちはみんな若くて、でも仕事熱心でいい娘たちでした。

とりあえず、倒れそうなわたしを見かねて、もう一人女の子を採用してくれるそうです。

というか採用は決まったの。

でもいつから来てくれるのか決まってないの。

早く来て〜〜〜!!

目指せ!!

お昼休みをちゃんととれて(気がつくと食いはぐれる。休んでいる暇なし)、終業時刻にきっちり帰れる生活。

いやこれって当たり前のことだからさ・・・。

しかしなんと!!

新幹線定期が現物支給されてます。

ついこの間、帰りに居眠りこいて(というより気を失った)掛川で降りられず、静岡まで行ってしまいました・・・・。
会社出てから家に着くまで2時間かかった・・・。

バリバリ偏差値教育主義の時代に育ったわたしたちの世代は残業代0でもがんばちゃうって所があるような気がします。

サービス残業は絶対絶対ダメですけどね。

思えば、努力、努力みたいな所がありました。

努力さえすれば、望む教育が受けられるということは、実は「平等」であることなんですよね〜。

もちろん家庭の御事情なのあるでしょうが、以前のわたしの上司に、定時制の高校を卒業して、大学は夜学に通い学費は自分で出した人がいました。
昼間働いて得たお金の何割かは家に入れていたそうです。

その人曰く「やる気の問題」

今の子どもって、中学生ですら、自分が学年でどの辺りの学力を持っているか知らされないのですってね。

努力しようにもできないじゃない??

せめて平均より上か下かは教えてやろうよ。

でもそゆことすると「殴りこんでくる」親(モンスターペアレンツですね)がいるらしいですしね〜。

結局「塾」へ行かない限り偏差値はわからず。

教育熱心な親を持つ子と、モンスターを親に持つ子の差は激しくなるばかり。

うーん・・・「ゆとり」って何なのよ??

社会に出たら「ゆとり」なんて言ってられないわよ!!




参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:エッセイ
posted by くみ at 19:17| 静岡 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(コミックエッセイ)(k.m.p.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

“チェンマイ アパート日記。”

k.m.p(ムラマツエリコ なかがわみどり)の「チェンマイ アパート日記。」です。

K.m.p.の本には「ジャンル」というものが存在しません。
ご本人たちが、そういうくくりを作らないと決めているからです。

だから、書店に行っても、図書館に行っても、k.m.p.の本は微妙に散らばっていて探しにくいのです。

k.m.p.の本はすべて持っているという友人がいますが、書店で発見したら躊躇せず買う、のだそうです。

あとで買おう、と思っていると見失うから。

わたしも、この本を図書館で見つけて、「あとで」と思ったら見失いそうだったから、すぐ手に持って借りてきました。

こんばんは。

パスポート(10年)は切れてしまったけど、ヒッキーは海外に行く予定はないので大丈夫です。

海外だけじゃなく、国内旅行も苦手なんすけどね。

「泊まる」というのがどうも面倒で面倒でイカンのですよ。

計画たてるのも苦手だし、荷物つめるのも苦手だし。

日帰り大歓迎。

この本はK.m.p.のお二人が

アジアのどこかでのんびり、ちょっとだけ暮らしてみたい、と思ったら・・・・・・・



タイ・チェンマイでアパートを借りて1ヶ月暮らしてしまった。

という本なのです。

「旅行記」を読む人って二通りいると思うんですよ。

読んで、参考にして、いつかわたしも・・・と思う人。

読んで、経験した気になって、行った気になっただけの人。←もちろん、わたしはこっち。

ま、面白ければいいんですけど。

アパートを借りて、生活用品を一からそろえて暮らす、という旅は女の人に向いているかもしれない。

むかーし、むかーし小学生の頃に読んだ、角野栄子さんの「ブラジル、娘とふたり旅」(←当時大好きだった本)も確か、アパートを借りての旅行だったと思う。

女という生き物は、自分が居心地よい空間を即座に作り上げることができるからだ。
ホテルに一泊するだけでも、あれはここ、それはここ、と自分空間出来上がりなのだ。

アジアというと、市場や屋台が不衛生で、客引きも強引というイメージがあるけれど、チェンマイは外国人居住者が多いせいか、わりとキレイで客引きもうるさくもしつこくもなかったらしい。

k.m.p.のお二人は市場や屋台、レストランで普通に食事をして「当たった」らしきことはどこにも書いていない。

あ!タイは「パクチー」がダメな人は絶対ダメだね!!
わたしはパクチー平気ですが、男の人に苦手な人多いですよね。

お二人の一日は大体この通り↓。

朝起きて、シャワーを浴びて、朝食の準備をする。

掃除をして、洗濯物を干して、鍵をしっかりかけて出かける。

買い物、ただの散歩、などしてお昼は外食。

一度アパートに帰って、仕事やら昼寝やら各自好きなことをする。

晩御飯を食べに出て、帰りに次の日の朝食を調達。

水を買って帰る。

なんてことのない一日だが、それを行っているのがチェンマイ

よく考えるとものすごく贅沢というか・・・時間の使い方が。

観光地の紹介ではない、チェンマイという都市での生活を紹介した「日記」でした。

うーん・・・でも外国はやっぱ「トイレ」が問題だわね。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
タグ:エッセイ
posted by くみ at 23:12| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(コミックエッセイ)(k.m.p.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

“ぐるぐるしてる、オンナたち。”ぐるぐるしてはいけませんか??

k.m.p.(ムラマツエリコ なかがわみどり)の「ぐるぐるしてる、オンナたち」です。

この本は、仕事、結婚、出産、世間の目、男女平等について、どうしても立ち止まってぐるぐるしてしまう、というお二人の「ぐるぐる」な部分を書いた(描いた)本です。

お二人とも、彼氏はいらっしゃいます。
同棲はしていません。
結婚は「ぐるぐる」しているところがあり、していないそうです。

共感できる人と、出来ない人と激しく分かれる本です。

わたしは

「どうして夫婦別姓制度って実現しないんだろう?」

とか、考える女なので、この本は面白く読めました。

夫婦別姓について考えてしまうのは、わたしが長女で、しかも本家の娘だからです。
幼い頃から「くみちゃんはお婿さんを取らないとね」とか周りの大人からかなり言われたら、そりゃ考えるようになるだろう。

どうもわたしは幼い頃から「結婚」は、しなくてもすむなら、せずにすませたい、と考えておりました。

子どものころから「お嫁さん」の話とかつまらなかったんです。

まわりとは適当に話をあわせておりました。
今はまったくあわせません。

24歳で生命保険に入りました。
一千万の生命保険の受け取り人は父にしました(今は母)。

その理由は

「もし、わたしが両親より先に死んじゃったら、両親は誰が面倒みてくれるんだろう」

と思ったからでした。
親孝行な娘でしょ。

両親は

「生命保険なんぞどうでもいいから、親孝行する気なら、家も継がなくていいし、婿でなくてもいいし、誰でもいいから結婚してくれ」

って言ってましたが。

父が死んで、受け取り人を母に変更するために保険の担当に電話しました。

わたし「えと、受取人の変更をしたいんですけど」

担当「まぁああああ!!それはおめでとう!!いつ??」←ウキウキ口調。

わたし「え?なんでおめでとうなの??父から母に。父、昨日死んだから」

結婚するとカン違いしやがった保険担当。超失礼。

結婚しても、受け取り人は親以外にする気は最初っからないんですけどね。

結婚は「結婚したーい!!」って男性が現れたら、相手もそう思ってくれたらすればいいんでしょ?

既婚者の方々は、お互い、がすっごい好きで好きで好きで愛していて、尊敬してて、愛しているから、結婚しようと思ったんですよねvv



余計なことを言う人(女)はいる。

「ねぇ、結婚っていいよ〜。どうして結婚しないの〜??」

相手がいねぇからに決まっているだろうがむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

「独身はいいよね〜、自由でさ。わたしなんかさ〜」

じゃ、一人に戻ればいいじゃんむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

「子どもは産んでおいたほうがいいよ〜若いうちにさ〜」

ぐは!子ども!考えたこともねぇ!!まずうつを治したいやね。うつの薬飲んでいるときは妊娠厳禁だからな。ってもう若くないし!!

まぁそれでも、結婚ねぇ〜本当に相手がいないんだけど、もし理想を言わせてもらうなら、あ、今更理想も何もないんですが、

わたしとはSEXしなくてもいい男(ちゃんと男がいい)で。

なんでSEX抜きか?っていうと、わたし子宮腺筋症が子宮頸部と膣に出来て、筋腫が頚部にあって、内診で指突っ込まれるだけで、無茶苦茶痛いからです。
一歳の検診(?)から注射で泣いたことがない(by母)、というわたしが泣くほど痛いんです。

つまりはしたくない。っつか不可能。

違うわ。

不能!!!

性欲は、同人誌で昇華。←あ、冗談す。

角田光代さんがどこかの雑誌のエッセイで書かれていました。

結婚しても、しなくても、大抵のことは出来ないことはない。

ならば本当にどっちでもいいじゃん!と思います。

あれ、ぐるぐるしているはずなのに、簡単に答えが出てしまいました。

でも、夫婦別姓は自由にすべきだと思うの。

姓を変えるのって死ぬほど面倒そう。
なんで面倒なことをわざわざどちらかがしなくてはいけないの?
どちらも変えたくなかったら、変えなくたっていいじゃないか?
変えたければ変えれば。

あ、ぐるぐる。

参加中です↓。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

こんなことを書いてますが、先日結婚が決まった友人のことは本当に心から「おめでとう」と思ってます。

タグ: エッセイ
posted by くみ at 00:15| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(コミックエッセイ)(k.m.p.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

“k.m.p.のやなことを、どーにかこーにか。”

k.m.p.(ムラマツエリコ なかがわみどり)の「k.m.p.のやなことを、どーにかこーにか。」です。

k.m.pとは、金(k.)もーけ(m.)プロジェクト(P.)の略。
「すきなコト」でおしごとをつくって生きていこ〜という2人のユニットです。

思えば やなコトは、 こどもの頃から ずっと あった。

でも なんとか 生きてく じぶん。


あ〜あるあるあるある!!

自分だけじゃなかったんだ!!

と少しだけ安心しました。



と、同時に子どもの頃の「やなコト」を思い出してしょっぱい気持ちになったりもしました。

わたしはとても「よく泣く」子どもでした。
「泣き虫」です。
ちなみにいい大人になってからも「よく泣く」大人です。

いま思えば、「周囲に理解されない悔しさ」「自分の気持ちを伝える言葉を持ってなかった自分」に対して泣いたのだとわかります。

周りはわたしに対して「泣けばすむと思っている」とよく言いました。
大人も友達である子どもも。

泣くのは=甘えだと。

そんな計算できるほど、器用な子どもではありませんでした。

わたしはだんだんと内気になり、周囲に溶け込めなくなりました。
それは小学校高学年あたり。

おとなしいとレッテルを貼られ、暗いと性格を勝手に決められました。

ま、実際私の性格は「根暗で陰険」です。

周りよりちょっとだけ繊細なだけなんですけど!!

「いじめ」「悪口」のターゲットにならないように、慎重すぎるほどへりくだって、目立たないように生きていましたな〜。

まぁ、「やなコト」はいっぱいあるんですが、あれやこれや解決しないまま、気がつきゃ3X歳のうつ病ニートの出来上がりです。

でも、いまのわたしは、子どもの頃より周りを気にしなくなったと思います。

大人でもいるでしょ。

一人で買い物したり、食事できない人。
なんか、一人でいると「あの人友達いないんだ」とか思われるから、できないんだって。

浜松市役所の食堂で一人でラーメン食べれるわたし・・・。

きっと、その人には超重要な問題なんだろうな。

わたしにはまったく問題じゃないけど。友達少ないのは事実ですが。

大人になると、もっとリアルに「やなコト」がありますね。
随分経験しました。
それは省略しますが。

「なんでわたしばっかり・・・・」

と思いがちですが、みんな「やなコト」抱えて、生きているんだろうな〜と思いました。

まぁ、なんでもどーにかこーにかなるものなのですな。

人間、無理にポジティブに生きなくてもいいと思います。

わたしは病気療養中で無職なのに、それなりに元気です。

あいかわらず「腸」は「閉塞」気味ですが。

参加中です↓。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

タグ:エッセイ
posted by くみ at 13:30| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 読書(コミックエッセイ)(k.m.p.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

“2人で、おうちで、しごとです。”

k.m.p・ムラマツエリコ・なかがわみどり著「2人で、おうちで、しごとです。」

k.m.pとは

金(k.)もーけ(m.)プロジェクト(p.)の略。

ムラマツエリコさんとなかがわみどりさんの「スキなコト」でおシゴトをつくって生きていこー、というユニットです。

こんばんは。

「会社を辞めるってメンドクセー!!」

と実感している今日この頃です。

先週末から風邪ひいて調子が悪くて、そしたら鬱もやってきて、いろいろ放り投げていたら、携帯にメール入ってた。

「保険証、早く持って来い」←わたしは上司のアドレスをすでに消去してしまっており、うっかり内容も見ずに削除するところだった。

ああ、そうでした。

そんなわけで、会社に行ったり、ついでに菓子折り買ったり、財形の解約やらで銀行に待たされたり、市役所行ったり、明日はハローワーク(遠い)か、もしくは病院(浜松)に診断書を頼みに行くか・・・あ、証明写真(住基カード作成のため)も必要か・・・??

面倒だ!面倒!!
っつか市役所遠いぞ、掛川市!!ハローワークも遠い!!遠すぎる!!!


会社を辞めるって面倒なことなんだ、と知った3X歳の秋でした。
わたし、会社辞めるのはじめてなんですよ。65歳まで居座ってやろーと思ってたよ。

↑ってだから何??

え〜、本読むのを忘れてました。

こんなときは簡単に読める「イラストエッセイ」


2人で・・・・ややこしくないかな?

印税だとか印税だとか、女同士で、とか。

2人で・・・・喧嘩しないのかな・・・・??

「もの」をつくるお仕事ってセンスがぶつからないのだろうか?

おうちで、しごと・・・・自営・・・いや、フリーか。

大変だろうな。決算とか確定申告とか。棚卸しってあるのかな?

おうちで、しごと・・・・ちょっとうらやましいな。

わたしは(誰でもそうだろう)通勤ラッシュが嫌い。

で、結局、どっちがどっち(絵・文章)を担当なのか??

本当に見分けがつかないのだが、両方が両方を担当しているらしい。
なんと「分担」でもめることがないそうだ。

「すき」なことを仕事に選んだ女性2人の実態がわかります。

この2人、もともとは同じ会社に勤めていたんだそうです。

「はじめまして〜」

「こんにちは〜」


の瞬間に無難な人生は終りを告げたそうです。

飄々と書いてあるから、楽しそうなことばかり目に付くけれど、「日々のはしりがき。」のページに書いてある

「ラク」と「楽しい」はぜんぜん違う。
ほんとにラクしたいならずっと寝てればいい。


ゆるいコミックエッセイ氾濫記?

馬鹿を負かすことはできない。

に、仕事に対する厳しさが垣間見えます。

そうだよな〜、仕事なんだよな〜。

わたしはしばらくは職探しはお休みとなります。

最近は「宿題」とかしてます。
純粋な勉強ってのは・・・何年ぶりだ??

参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ: エッセイ
posted by くみ at 21:28| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書(コミックエッセイ)(k.m.p.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

“旅のコーフン”

K.m.p.・ムラマツエリコ・なかがわみどり著「旅のコーフン」です。

k.m.pとは

金(k.)もーけ(m.)プロジェクト(p.)の略。

ムラマツエリコさんとなかがわみどりさんの「スキなコト」でおシゴトをつくって生きていこー、というユニットです。

ここ何日か、小説(というか活字)がちーーーっとも頭に入らないので、エッセイばかり読んでます。←先週あたりの反動だろか?

本読むくらいしかやることないんで(苦笑)。
だけど、いまはこう「ドロドロっとしたもの」「救いのないもの」とか、精神上ヨロシクないので、読む本の範囲は狭まってしまいます。

あ、部屋の掃除はしてマス。←部屋の乱れはココロの乱れ。

この本は4コママンガの部分が多い、イラストエッセイですね。

この本はふたり旅の、ちいさな出来事を拾って書いた本だそうです。



ふたりの旅は完全に「フリー」な旅。

予約するのは往復のチケットだけ、という「自分たちだけの旅」

ああ、こういう行動力のないわたしは、この本読んで、精力吸い取られるかも・・・と思いましたが、あまりにも自分とかけ離れているのでまったく平気でした。

わたしの行動範囲はせいぜい国内。
観光目的などはなく、ライブ目的(ついでに買い物)、というオッソロシーほどのヒッキーですから。
そのライブさえ一年ほど前以来行ってない・・・・。

そういえば、この前、パスポートの期限切れているのに気がつきました。
ま、いいか。海外行く予定ないしな。金もないし。

このおふたりの旅は結構過酷です。

本の表紙に

トイレに扉さえあれば人にススメられる。

ハエさえいなけでば人にススメられる。

毎朝、くつの中にゴキブリ。←おはよー、というゴキのイラストつき。

って書いてあるんですよ。

すげ。

ヨーロッパならまだしも、エジプト2ヵ月とかモロッコとか中国雲南省とか、フリーで現地で宿調達って・・・。

でもアクシデント含めて、いいことも悪いことも含めて、「旅のコーフン」なんだって。

で、その「コーフン」を味わいたくて、また旅に出る。

その気持ちはなんとなく、わかる・・・ような気がする。

うお!あとがきに

「体調の良いときに小分けして読むことを、おすすめいたします」

って書いてあるよ。

平気なわたしは、結構、いいのか?

体調??


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ: エッセイ
posted by くみ at 20:11| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(コミックエッセイ)(k.m.p.) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。