2009年07月21日

“IN”

桐野夏生「IN」です。

「OUT」から12年。

桐野夏生が、「小説」そのものに挑む問題作です。

「OUT」は、鬱屈した日常から抜け出したい主婦たちの物語でした。

彼女たちの視線、行動は外へ外へと向けられていました。

「IN」は、作家が、作家である己に問う物語です。

内へ内へと潜り込むような視線で描かれています。

内容的には「OUT」と「IN」はまったく関係ありません。

この小説を読んでいるうちに、わたしは、「源氏物語」のある部分を思い出しました。

「源氏物語」の「蛍」の章です。

この章には、作者・紫式部の「小説論」が語られている、と言われています。

日本紀などはただかたそばぞかし〜

日本紀などの歴史書は、ただ事実を並べたにすぎない。

物事のただ一面でしかない。

物語の中には、世の中のあらゆることが書いてある。

物語は、読者の要求にしたがってはいるが、それも、すべて世間にありうることなのだ。

虚構である物語のなかにこそ、真実はあるのだ。


というような内容です。

「IN」では、「小説に書かれてしまった真実は、その時点で虚構である」というような文章が、何回か登場するのです。

小説は悪魔ですか。

それとも、

作家が悪魔ですか?


IN
IN
posted with amazlet at 09.07.21
桐野 夏生
集英社
売り上げランキング: 550


小説家・鈴木タマキは、かつての文豪「緑川未来男」が書いた『無垢人』という作品のなかに登場する、「○子」という女性を主人公に『淫』という小説を書こうとしている。

『無垢人』は、緑川未来男と、その妻・千代子。緑川の愛人「○子」との修羅場を実名で書いた作品だった。

『淫』のテーマは「恋愛における抹殺」

たかが恋愛、と笑う人々は何も知らないのだ。


タマキには、編集者・阿部青児と、お互いに家庭がありながら愛しあい、最後には憎み、恨み、別れた過去があった。

何回も読み返しました。

なんだか、妙な気持ちになってくるんですね。

鈴木タマキと阿部青児の恋愛。

緑川未来男の『無垢人』の修羅場。

のシンクロに、??となってしまうのです。

『無垢人』は、私小説です。

で、この「IN」では

「真実は真実ではない」

「真実と思えたものを書いた時点で、それはフィクションになる」


などの議論がある。

あれ?じゃ、鈴木タマキと阿部との恋愛は??あれ??これって桐野夏生の「私小説」??

と、変な勘違いを起こしそうになるのです。

緑川未来男の『無垢人』が、作中に「入れ子」になって登場するのです。

この『無垢人』は、現実にある作品ではないか?と思いそうになってきます。

『無垢人』のモデルは、実際は島尾敏男の『死の棘』らしいです。

『死の棘』って読んだことないんですけど、いろいろと壮絶だということは知ってます(母の本棚にある)。

で、『無垢人』の部分も、それはそれは壮絶なのです。

しかも、タマキと阿部の別れ話のあたりの負のエネルギーなんかも、もう泥沼です。

不倫とかしてる人は、この本読むと、ゾッとするんではないか??

不倫どころか恋愛してないわたしもゾッとするので。

桐野夏生の作品は、「ものでも人でも、強烈に描くことで、かえって読者のなかのリアルを引き出す」と常々思っているのです。

「殺人」「事件」でも「あり得ないもの」ぐらい強烈なものをモチーフに持ってくることが多いのですが、「IN」では「恋愛」という、世間で結構あり得るものをテーマに持ってこられたので、衝撃というよりも、侵食してくるような不気味さが・・・・・・。

「恋愛における抹殺」とは、相手との関係を一方的に断ち切ることで相手の心を殺すこと。

虚構である小説に書かれてしまったことで「抹殺」された「○子」の周囲に立ち込める悪意。

「抹殺」しつづける「作家」たち。

たかが恋愛、と笑う人々は何も知らないのだ。


「知りたくありません」と言いたくなります。

いかにも、身を削っているように書かれているこの「IN」

それが小説家の「業」なのか、それとも小説家ゆえの「テクニック」であるのか、もうまんまと桐野センセのワナにハマっているようで、何がなんだかわからくなります。

読み返したくなる作品なのですが、読み返すとますますわからなくなります。

わたし、今まで桐野センセの傑作は「グロテスク」だとずっと思ってきましたが、「IN」もやっぱり傑作、としか言えません。

ところで、この「IN」の公式サイトが、ホラーかよっ!!というくらいものすごいことになっているので、興味のある方はぜひどうぞ→公式サイト・集英社 桐野夏生「IN」

Amazon.co.jpIN

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 23:32| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(桐野夏生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

“リアルワールド”

桐野夏生「リアルワールド」です。

オカンに

「アンタ、あんまり、荒んだ話ばっかり読まないほうがいいんじゃないの?気分の調子に悪いんじゃない??」

と言われました。

夕飯時にこの「リアルワールド」と桜庭一樹の「私の男」を話題にしたからか(とくに桜庭一樹「私の男」のほうが)。

あんま、関係ないんじゃない??

リアルワールド (集英社文庫(日本))
桐野 夏生
集英社
売り上げランキング: 121290


トシちゃん(ホリ ニンナ)こと山中十四子(高校3年)は、隣の家に住む少年(高校3年)が母親を殺したことを知る。

トシ、テラウチ、ユウザン、キラリンの4人グループは、少年の逃亡を手助けしてしまうことになる。

5人の高校生のそれぞれの行動、思惑、そして「世界」とは?

ということで、書名は「リアルワールド」ですが、5人の高校生の身の上に起こった出来事は全然「リアル」ではないです。

桐野夏生氏の作品は、物事を誇張して描き、読む人間を無理矢理、現実と向き合わせるようなところがあるのです。

そこが「リアル」

この作品はすべて一人称です。

ホリニンナ、ユウザン、ミミズ、キラリン、ミミズ2、テラウチ、キラリン2、ホリニンナ2

と、各々の心情が吐露されていきます。

わたしにとっては、この高校生たちの会話口調も語りも、限りなく現代の高校生に近いと感じるんですが、実際の高校生が読んだら、「こんな言葉使わないし」と思うかもしれません。

ホリニンナとは、一応主人公であるトシが普段使っている偽名です。
彼女たちは、アンケートもカラオケボックスの会員証も、すべて偽名、偽住所で通しているのです。

ごくごく普通の女子高生です。

偽名を武装だという彼女たち。

仲良しだという4人組の彼女たちは、お互いが何を隠しているのか、何を知られたくないのかを知っていて、知らないふりをしています。

理解しあっているようで、まったく理解しあってない、ということを理解しています。

そうやって付き合ってきた彼女たち。

偽名によって守られていた、居心地の良かった世界は、自分たちがミミズと蔑んだ少年の起こした事件によって、やがて崩壊することとなります。

リアルだと思っていた世界が崩れて、中からまたリアルが出現してくるの。そう、超リアル。


テラウチが書き残した「超リアル」

自分の存在が揺らいで、自分の立ち位置がわからなくなるような体験を、ま、わたしぐらいの年齢だったら誰でも経験していると思うんですよ。

女子高生にとっては、それがはじめての経験であった、ということなんでしょう。
それがまたよりにもよって強烈であった。

物語の結末は、4人がそれぞれの方向へ。

母親を殺した少年は、犯罪を犯す少年ってこんな風に考えるのではないか??本当に思えたりします。
アホか!?とも思いますが、やはり恐ろしい。

文章は、桐野氏、さすがのスピード感。イッキに読めます。

ほんの数日の夏休みの出来事なんですよ。

Amazon.co.jpリアルワールド (集英社文庫(日本))


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

ラベル:
posted by くみ at 23:29| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(桐野夏生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

“女神記”

桐野夏生氏の「女神記」です。

この作品は「新・世界の神話」シリーズの日本代表作品です。

「新・世界の神話」(THE MYTHS)とは、世界32ヶ国が参加した

「現代作家による、神話の再生」

というプロジェクトです。

「新・世界の神話」(THE MYTHS)について詳しくは→こちらへ。

日本代表作品であるこの「女神記」は世界32ヶ国で翻訳、発売されております。

わたし、何故だか幼い頃から神話好き。

子ども向けの「古事記」やら「ギリシャ神話」やらせっせと読んでいました。

大人になってからもいろいろ読みました。

なので、こういうプロジェクトはとても嬉しい。

女神記 (新・世界の神話) (新・世界の神話)
桐野 夏生
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 30067


桐野氏の書いた題材は、古事記のイザナギノミコトとイザナミノミコトの部分です。

国産みのために高天原からつかわされた二神、イザナキとイザナミ。

イザとは「さあ、これから」と人を誘うという意味であり、「ミ」は女、「キ」は男。

イザナミこそが女の中の女、イザナキが男の中の男。

二神は求めあい、愛し合い、「ヤマト」を産んだ。

やがて、イザナミは火の神・カグツチを産んだ際の大火傷がもとで命を落としてしまう。

愛するイザナミを失ったイザナキは、失った妻を取り返すため、黄泉の国へと降りた。

愛する妻を追って、黄泉の国へ降りた、という話はギリシャ神話のオルフェウスとエウリュディケとも似ています。

神話というのは、どこか共通点があるのだなぁ、と思ったのでした。

あと「見ちゃいかん!!」と言われた「妻の姿」を見てしまう、という部分も似てます。

両方とも、夫のうっかりのせいで、生へと戻れるはずだった妻は二度と生き返ることはできなくなります。

オルフェウスの場合、それだけなのですが、イザナキは、愛する妻の醜く崩れた姿を見て、恐ろしくなって逃げ出してしまい、追いかけてきた妻・イザナミに離縁を言い渡します。

古事記ではじめてこの話を知ったときから「ひどい話だなぁ」と思ったものでした。

「見ないで」と言われたものを勝手に見ておいて、逃げ出すなんて!!

しかも醜くなったからって捨てるなんて!!!

あらためて、この「女神記」を読むと、「女」と言うものの、「運命」というか「業」というか、そういうものを感じずにはいられません。

「お産で死ぬのはいつも女」

イザナミの運命は、この国に生まれた女のこうむる運命。

この作品では、イザナミの運命を語るストーリーテラーとして、ある南の島で生まれた、闇の巫女・ナミマを用意しています。

ナミマも娘を産み、その後、とある運命の為、夫であるマヒトに殺された娘でした。

女の業を書いたら日本一の桐野氏は、神話の世界の男女と、古代の男女と、現代社会の男女を重ねて書いています。

なんというか、女の「産む性」であることに対する、男女の温度差みたいなもの。

夫・イザナキに離縁されたイザナミは黄泉の国の女神となり、ヤマトの人間を一日千人殺すようになります。

それに対し、イザナキは一日千五百の産屋を建てる、と誓います。

女は一生で千人の子どもを産むのは不可能ですが、男は一生で千五百の命をつくることは(大げさだけど)可能です(産めませんが)。

国産みという同じ仕事をした、女は穢れ、男は陽の当たる場所で(でなくてもいいけど)、せっせと子どもをつくるというかすることをする。

「怨み」だって「情」だって、女のほうが深くなるのは当たり前ってもんです。

うらみ〜ま〜す〜♪と歌うのも女。

女神の怨みは決して消えることがないのです。

Amazon.co.jp女神記 (新・世界の神話) (新・世界の神話)



参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 23:22| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(桐野夏生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

“はじめての文学 桐野夏生”

桐野夏生氏の「はじめての文学」です。

ヤングアダルト向けです。

この「はじめての文学」シリーズは文藝春秋から全12巻で発売されています。

コンセプトは、

若者に文学を。

ってことらしいです。

作家陣は、村上春樹、村上龍、よしもとばなな、宮本輝、宮部みゆき、浅田次郎、川上弘美、小川洋子、重松清、山田詠美、林真理子、桐野夏生、と豪華です。

甘やかしすぎだわよ。

わざわざ、短編中篇のアンソロジーにして、文字を大きくして、ふりがなふって、しかもこんな豪華な作家陣をそろえてもらって!!

文字を大きくって・・・小学生じゃないんだからさ。

こういうシリーズ、自分が子どものころに欲しかったな。

ま、何をやっても、読む子は読むし、読まない子は読まない、と思いますが。

だって、まったく本(文学)を読まない大人もいるもんなぁ。

この本を手にとったのはまったくの偶然。

図書館で、返却されて棚に戻される途中のラックの中に入っていて、「桐野夏生」って作家名だけで借りるのを決めました。

「はじめての文学」というシリーズも借りてから知りました。

桐野夏生氏の作品は、このブログではそんなに取り上げていませんが、わりと読んでます。

読んだ本、全部をブログの記事に出来たらいいんだけど、記事に出来るのは、わたしの場合は読んだ本の2分の1、3分の1くらいかな?

桐野夏生氏の作品だと、「OUT(アウト)」や「柔らかな頬」はブログをはじめた時点で既読でしたが、もう一度読む直すのも大変だし(長いから)、有名すぎて自分が今更記事にするのもなんかなぁ〜と思ってヤメ。
残虐記」は、記事にするつもりで読んだんだけど、取り扱うのが不謹慎な気がしてヤメ。
魂萌え !」は、主人公と自分に世代の差を感じてイマイチでヤメ。

効率悪いのです。

はじめての文学 桐野夏生
桐野 夏生
文藝春秋
売り上げランキング: 305458


さてこの「はじめての文学」には6篇の短編がおさめられています。

『使ってしまったコインについて』

『アンボス・ムンドス』

『リアルワールド「ホリニンナ」』

『嫉妬』(ファイアボール・ブルース2)

『近田によるあとがき 近田ひさ子』 (ファイアボール・ブルース2)

『植林』

桐野夏生氏、ヤングアダルト向け(子ども向け)でも容赦ないです。

桐野夏生氏は、弱者、醜悪なもの、に対する悪意の描き方が酷です。

悪意に晒され、怪物化する主人公たちもいます。

桐野氏の作品を読むと、己の醜さに気がつきゾッとすることがあります。

そして、同時に妙な既視感を覚えるのです。

こんなことが、わたしにもあった、と思ってしまうのです。

それこそ桐野作品を読む醍醐味である、のかもしれません。

『アンボス・ムンドス』に登場する子どもたちの悪意に、わたしは自分の小学校高学年の頃を思い出しました。

小学校高学年の頃って誰でも繰り返したくないものだと思います。
とくに女子。
わたしだけでしょうか?

子どもの悪意は恐ろしいです。

この『アンボス・ムンドス』は作者自らが「恐ろしい物語」と語っているほどです。

主人公が恐ろしい怪物となる『植林』

容貌がコンプレックスという主人公のあまりの強烈ぶりに、わたしはなんというか

「ブスに生まれなくて良かった」←・・・。

などと思ってしまうのです。

『植林』というタイトルの意味に最後になって気がつきました。

怖い。

桐野氏はあとがきで語っています。

小説には毒がある。

若者相手に毒を減ずる気持ちはない、とも。

目を背けたくなったり、読むのが辛くなったりしても、それが小説の魅力だと。

桐野作品は、まさにその通りです。

現実以上の現実を、突きつけられる小説。

この本、桐野作品を読んだことがなくて、これから読もうとしている方にオススメです。

当分、桐野作品は遠慮したい、という気分になるかもしれませんが。

Amazon.co.jpはじめての文学 桐野夏生


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ラベル:
posted by くみ at 23:43| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(桐野夏生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

“グロテスク”女が怪物になるとき

桐野夏生「グロテスク」です。

この小説は「週刊文春」に2001年から2002年にかけて連載されたものです。
「週刊新潮」より「週刊文春」が好きな私。
この連載、読んでました。

桐野夏生氏の小説って、男の人は読むんでしょうかね?
と、ときどき思う。
登場する女の人がリアルすぎて、醜いから。

「東電OL殺人事件」をモチーフにしたこの作品。
まず、事件を知っておかねば、と、まず読んだのはこちら↓。

東電OL殺人事件 (新潮文庫)
佐野 眞一
新潮社
売り上げランキング: 61054


事件の全貌はわかりました。
でも、真相はわからない。
犯人が本物かもわからない。
もしかしたら好奇心なのかもしれないけど、私はこの事件が起こったとき「何か」を感じた。
そういう人は多いと思います。

だから、こういう小説↓が出てくるんでしょう。

グロテスク
グロテスク
posted with amazlet at 09.04.19
桐野 夏生
文藝春秋
売り上げランキング: 57200


これはあくまでも小説ですから、4人の女性が登場してきます。
同じ有名女子高に通った4人の女性。

おそらく、高校時代の何かが、こういう事件につながった。
と桐野夏生氏の推測から、この小説は書かれました。参加中です。

大手建築会社の総合職、年収一千万円のOLになった、佐藤和恵。
「怪物のように美貌」を持ち、自らを「生まれながらの娼婦」といったユリコ。
一度も凋落したことのない女、だったはずのミツル。
そして、ユリコの似ても似つかぬ容姿を持った姉、語り手の私。

この4人はとある有名難関校、Q女子高に通っていた。

高校からの外部生、和恵と私。
中等部から入学したミツル。
帰国子女枠で中等部に編入したユリコ(私とユリコはスイス人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフ)。

Q女子高のなかは嫌らしいほどの階級社会だった。

は〜、幼稚園から高校まで、すべて平凡な公立だった私は幸せかも。
短大も平凡だったし。

階級社会のなかで、溶け込もうと必死だった和恵(しかしその必死さが余計に惨めだった)。
成績優秀で誰からも一目置かれたミツル。
溶け込む努力せず、自適にすごした私。
「美貌」で誰からもちやほやされたユリコ。

外見が優れている女の子には、頭脳や才能など絶対に適いっこない。

それはそうだ!!当たってる!!!

その4人がどうなったか?

大手建設会社の総合職で管理職、年収一千万の身でありながら、夜は街角に立ち、身を売った和恵。

医大を卒業し、医者と結婚しながらも、カルト宗教に入信し、夫とともに罪人になったミツル。

高校を中退し、娼婦となり、その美貌も歳とともに衰え醜く崩れ、街角に立ったユリコ。

Q大学を出ながらも、人になじめず、定職につかず、いまでは区役所のアルバイトの私。

和恵とユリコは殺され、ミツルは刑務所。

私も最後には身を売ることになるのです。

もっと他の生き方もできたはずなのに。

何故?

徹底的な階級社会のなかで高校生活を送ったからか?

人間が満たされるってことはどういうことだろう?

たまに考えるのですが。
考えすぎるのもよくありませんね。

たとえば、残業ばかりの職場にいるほうが、閑職に追いやられるより、ストレスは軽い。
リストラに使う手ですが、すべての仕事を取り上げ、退職届けを出させる方法。
これはひどいですよね。
自分の価値を見失う。
リストラされた人に自殺者が多いの、わかる。

それよりも仕事の山のほうがいい。

仕事じゃなくてもいい。
プライベートが充実していればいい、という人もいる。

そもそもプライベートって何だ?

誰もが、何かに、満たされていたい。

それが、適わないのだとしたら、どうやってバランスをとればいいのだろう?

私が結局思ったのは、「心の闇」なんて、人間、夢見すぎってことです。

「孤独」と「心の闇」は違うし。

あ、ちょっと思ったのは「負け犬」って言葉がこのときあったら、こんなことにはならなかっただろうなぁ、ってことです。
開き直りとかじゃなくて。

この社会は結局男が作ったものだから、女には生きにくい、と思ったことはあります。

だからってここまで怪物にせんでもよかろうに。
桐野夏生氏、容赦なさすぎです。

どうでもいいがこの本のなかでは37歳を「ババァ」と言っている。

それはちょとヤバイわ。←私、まだまだ37歳じゃないですけどね。

投げ出したくなるときもあるけれど、投げ出すわけにはいかないじゃないか!?

私、趣味ないな〜、仕事もたいしたことしてないし、将来出世なんかしないし、ってかなり悩んだことがあるのですが、最近はあんまり考えません。

人とくらべてもしょうがないことだしな。←うお、「下流社会」の典型ではないのか!?

ただ、堅実でありたいです。
あ、下流は嫌。
とりあえず少しづつでも上は目指したいね。

「何か」を感じた、だなんて妄想でした。

私は何もわからなかったのです。

ただ多くの女たちのなかで一番圧巻だったのは和恵の日記である「肉体地獄」です。

彼女は、実は、愚痴をいいながらもごくごく真面目に「売春」を仕事としていたのではないか??

そんなふうにもとらえられます。


Amazon.co.jpグロテスク


参加中です↓。
人気blogランキングへ

ラベル:
posted by くみ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(3) | 読書(桐野夏生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

“アイム、ソーリー、ママ”人はどこまで悪人になれるのか?

桐野夏生「アイム、ソーリー、ママ」です。

人間、一生のうちで一番誤る相手は「母親」ではないでしょうか?
悪いことしてしまったときも「ごめんなさい、お母さん」ですよね。
おそらく。

注:今日は私の母ネタではありませんですよ(笑)。

私の読書遍歴を見て、気がついた方もいるかと思います。
苦手ジャンルがあるんですね。
そう、私はミステリーが苦手です。
西村京太郎氏や松本清張氏は超オッケーです。
ただ、現代の良く売れているミステリーが苦手です。
京○○彦氏や有○川有○氏・・・すいません、ごめんなさい。
何回か試して、読んでいるのですが、頭に入らない・・たらーっ(汗)

で、この方はバカ売れミステリーの方ですが、好きです。↓。

I’m sorry,mama.
I’m sorry,mama.
posted with amazlet at 09.04.19
桐野 夏生
集英社
売り上げランキング: 286660


67歳のもと保育士と25歳年下の夫が原因不明の火事で死んだ。
門田美佐江は児童福祉施設の園生であった稔と結婚したのであった。
犯人はアイコ。

気持ち悪い人間ばかり登場します。
しかし、気持ち悪いからってアイコほどじゃない。

主人公、アイコ。
どこにでもいるような中年女性。

しかし、彼女の実体は・・・・・。

邪悪な人間というものは確かにいると思うのですよ。
やたらと敵意のみをぶつけるような人とかね。
人の行為を悪意にしかとらない人とか。

さりげなく近づいてきて、こっそりと悪意を吹き込んでいく人。
そう人間に限って見かけ人当たりがよく、でも会話は人の悪口や不満ばっかりだったりします。

この主人公アイコ。
何が怖いかって、なんでも即実行。
しかもさりげなく。
自分の足跡を消していきます。
悪いことをしたと思ってないのです。

報道される実際の事件のなかに、彼女のような印象をかんじるときがあります。

ソレが怖い。

社会に邪悪がひろがっているのを再確認させられるような気がして怖いのです。

Amazon.co.jpI’m sorry,mama.

人気blogランキングへ参加中です。

悪いことってするもんじゃないですね。
醜い。
ラベル:
posted by くみ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(桐野夏生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。