2007年08月01日

“廃帝綺譚”

宇月原清明著「廃帝綺譚」です。

ああ、もう抜け出せない・・・・・「宇月原」ワールド。

幻想的な文章と、膨大な知識を駆使した、

ありえねー!!!

な設定に、頭を一発殴られたような思いになりつつも読んでしまう、宇月原清明・・・・恐るべし。

廃帝綺譚
廃帝綺譚
posted with amazlet at 09.04.17
宇月原 晴明
中央公論新社
売り上げランキング: 353921


この本は第135回直木賞候補作「安徳天皇漂海記」の番外編(続編)でもあります。

あ!↑と↓の表紙がそっくりですね!!

安徳天皇漂海記
安徳天皇漂海記
posted with amazlet at 09.04.17
宇月原 晴明
中央公論新社
売り上げランキング: 46840


「安徳天皇漂海記」の記事は→こちらです。

「廃帝綺譚」はもちろん↑の作品を読んでいなくても、単独で楽しめる4作の短編集からなる作品です。←まだ他にあったら教えてください。

宇月原作品はどれもすべて面白いのですが、わたし個人として、一番、頭をぶん殴られた作品は「聚楽 太閤の錬金窟」です。

「聚楽 太閤の錬金窟」の記事は→こちらです。
戦国時代なので読みやすいのですよ。

宇月原氏の作品には一貫した設定があります。
今回も登場してまいります。

「破山の法」と「天竺丸」ですが

ま、深く考えなくていいです。

それにしてもこの「廃帝綺譚」・・・・。

うっかり日本史の知識だけで読めるかと思ったら・・・・甘かった。

中国史の知識まで必要だったよ・・・・。

さて、中国王朝名と国家のなりたちを暗記するのは以外に簡単(??)です。

殷 周 秦 漢 三国 晋 

南北朝 隋 唐 五代 宗 元 明 清 中華民国 中華人民共和国


これを「もっしもっしかっめよ〜♪かっめさっんよ〜♪」に合わせて歌う。by 田中芳樹著「創竜伝」参照。余計なひとこと。創竜伝は4巻までが面白かった。

秦 晋 清 は「しん」と読みは同じですが、ラストエンペラーは「清」だったな、と頭に入れておけばOっKーです。

この本に登場する王朝は 元 明 清 です。

ポイントは民族。←ああ、すっかり忘れてたともさ。

なぜならタイトルに「廃帝」とつくから。

でも、ま、わたし程度で読めます。




参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ



続きを読む
ラベル:
posted by くみ at 15:59| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(宇月原清明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

“天王船”歴史再構築。

宇月原清明著「天王船」です。

この本は中央公論新社から発行されたC★NOBELS版「黎明に叛くもの」に書き下ろされた外伝4本をまとめたものです。

ということを読むまで知りませんでしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)
ええ、名前と作者だけで図書館に予約したからです。



初出一覧

「隠岐黒」→『平蜘蛛の妖し夢・黎明に叛くもの1」

「天王船」(「光の船」を改題)→『堕天の明星・黎明に叛くもの2」

「神器導く」→『本能寺の禍星・黎明に叛くもの4」

「波山の街−『東方見聞録』異聞」→『風林火山を誘え・黎明に叛くもの3』

「黎明に叛くもの」の外伝として書かれたものなのですが(リンク先はわたしが以前書いた記事です)、

「隠岐黒」が『黎明に叛くもの』

「天王船」が『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』

「神器導く」が『聚楽 太閤の錬金窟』

「波山の街−『東方見聞録』異聞」が『安徳天皇漂海記』

というように、他の作品のモチーフとつながっています。
書かれた時期も同時期とのこと。

頭がおかしくなりそうです。

宇月原氏の作品は

あっりえねーーーっっっ!!!

嘘ーーーーーん!!!

な「設定」を、もしかしたら「有り??」と思わせてしまうのがすごいところです。

まぁ、ほんとにほとんどはありえないんですが、その中に数箇所

ドキっ!!!

とさせられるところがあるのですよ。


参加中です↓。
人気blogランキングへ



続きを読む
ラベル:
posted by くみ at 22:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(宇月原清明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

“安徳天皇漂海記”第135回直木賞候補作。

第135回直木賞候補作「安徳天皇漂海記」です。
はぁ〜宇月原清明氏の本もこれで4冊目ですか・・・。
またまたまたすごい本でしたよ。
本当にこの人、大丈夫なんでしょうか??
まぁ、よくもこう次々と考えだしてくれるものです。

安徳天皇漂海記安徳天皇漂海記
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 安徳天皇漂海記
[著者] 宇月原 晴明
[種類] 単行本
[発売日] 2006-02
[出版社] 中央公論新社

>>Seesaa ショッピングで買う


お得意の

ありえねー度100%!!!

ですが、殺伐とした気持ちにはなりません。
語り口調がやわらかいせいでしょうか?
いままで読んだ宇月原氏の小説のなかでは、一番読みやすかったです。


参加中です↓。
人気blogランキングへ


続きを読む
ラベル:
posted by くみ at 22:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(宇月原清明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

“黎明に叛くもの”暁の星を思え!

あ〜、やっと読み終わり、なんとか頭のなかで整理できました。
宇月原清明「黎明に叛くもの」。
なんとしても今日、図書館に返却しにいかねば。

腱鞘炎が悪化しましてん。
入力が仕事であるかぎり仕方のないことです。
家でパソコンいじるのなんて、仕事に比べればたいしたことじゃありません。
しかし、重い本を支えて、めくるのは苦痛でした。

なんでこの本、こんなに重くてぶ厚いのだ!!??

これね↓。枕にちょうどいい高さです。

黎明に叛くもの黎明に叛くもの
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 黎明に叛くもの
[著者] 宇月原 晴明
[種類] 単行本
[発売日] 2003-11
[出版社] 中央公論新社

>>Seesaa ショッピングで買う


戦国の世に悪名をはせた「斉藤道三」と「松永久秀」。
「蛇蝎のごとく嫌われた」の蛇(蝮)が斉藤道三、蝎(蠍)が松永久秀です。

当分、重い本は読みたくありません。




ステキな「本」ブログ満載です↓。
人気blogランキングへ
本ブログランキング





続きを読む
posted by くみ at 15:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書(宇月原清明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

“信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス”

7月27日の記事で『聚楽 太閤の錬金窟』についてとりあげましたが、そのときパスした本を、つい、つい、読んでしまいました・・・。

ああああああ!!

だってコレ↓ですよ・・・。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作です。
日本ファンタジーノベル大賞とは?→こちら。


信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス
[著者] 宇月原 晴明
[種類] 文庫
[発売日] 2002-09
[出版社] 新潮社

>>Seesaa ショッピングで買う


荒唐無稽と言ってしまえばそれまで。
ああっ、それにしても何つー設定を・・・。
この作者、大丈夫でしょうか?←超失礼なのは承知。

「史実に忠実であれ」という方にはオススメできません。

でも、ファンタジーですから。

信長は舘よ!!という方は読まないほうがよろしいです。


人気blogランキングへ参加中です。



続きを読む
posted by くみ at 22:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書(宇月原清明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

“聚楽 太閤の錬金窟”

読んだばかりの本をご紹介するのは初めてかもしれません。

宇月原清明氏の本をね、ずっと読みたいと思っていたのですよ。
直木賞の候補作安徳天皇漂海記も面白そうだったし。

で、「信長あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」、これは日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
しかしだ。
今の私には「舘」の印象が強すぎる。
「舘」でアンドロギュヌスを想像したら・・・げろ。
で、パス。

コレを手にとってしまいました。



宇月原清明
聚楽 太閤の錬金窟(グロッタ)

面白かったです。
面白かったですけどね。
ちと、問題がありました。


人気blogランキングへ参加中です。

続きを読む
posted by くみ at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(宇月原清明) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。