2009年04月09日

“キス”

キャスリン・ハリソン著「キス」です。

この本は刊行と同時に全米で大きな話題を呼んだそうです。

マスコミの報道はかなり過熱気味であり、下世話な取材もあったらしい。

『実父との近親相姦の日々』を作家の娘が語る、という内容は、衝撃的で人々の興味を引くものではあります。

しかし、ページを開けば、そこにあるのは、著者が極めて真摯に、冷静に語った、三世代に渡る親子のあり方、家族関係にメスを入れた、重い物語です。

読む人間は覚悟しないといけません。

キス (新潮クレスト・ブックス)
キャスリン ハリソン
新潮社
売り上げランキング: 343984


それからの年月、あのキスの一刺しがわたしを変えたと思うことだろう。


著者の父と母は若くして恋に落ち、娘が生まれます。

しかし、裕福であった母方の祖父・祖母に受け入れられなかった父は家族を追い出されてしまいます。

離婚。

父は牧師となり、離れた地で新しい家族を築きます。

娘は美しく成長し、父と再会。

そこから始まった、父と娘の禁忌。

一見、父と娘の関係を描いた作品なのですが、母と娘の関係に深く考えさせられました。

母もまた、自分の父母との関係を上手く築けなかった人なのです。

それゆえに、若きころ、母は父に恋をしたのです。

母に認められたくて、そして母を拒絶したくて、娘は拒食症になります。

これはわかる気がする。

若く美しい母には大勢の恋人がいたが、母は新しく家庭を築いた父とも、どこかで会っていた。

最初は母に体重のことを言われたくなくて、認められたくて食を細くした。
しかしそれは同時に母が母であるまえに女であることを拒絶したい、母のような女になりたくないという気持ちが、自分の体から丸みを削いでいくことに・・・。

二十歳になった娘が父と再会したのは十年ぶり、三回目のことでした。

これも、母が父と会いたくて計画したことなのです。

しかし、父親は美しく成長した娘に目を奪われます。

月経も止まるほどに痩せた身体に、ブロンドの髪の毛だけは腰まで伸ばした娘。

髪の毛は女のシンボルとも言われてますね。

その美しさは「いびつ」なだったに違いありません。

その再会から、父親の娘への執着がはじまります。

父性を求める娘は厭いながらも、父の誘いに・・・。

この父親の娘への執着はなんだったのでしょうか?

父親は、娘の祖父祖母に追い出された人です。

どこかに、復讐的な気持ちが潜んでいたのかもしれません。

本当は別れたくなかった。愛していた。いまでも愛している。

何度も何度も父親や娘に語りかけます。

父親は娘の性格や弱点を見抜き、狡猾に娘を追い詰めていきます。

やがて、娘は追い詰められ、父と娘は禁忌の関係に陥ることに。

父親はそれからも執拗に娘を縛り付けます。

最初の関係が結ばれたのが、なんと父親の実母の家。

父親もまた自分の両親との関係に歪んだものを抱えていたのです。

二人の関係に終止符が打たれたのは、母が病で亡くなったときでした。

人間の形成において、親、家族との関係がどれほど大事であるか思い知らされます。

読者は、自分の身を考えずにはいられなくなります。

著者・キャサリン・ハドソンはこの作品を発表するまえから、自分の体験をモチーフにした作品を発表していたそうです。

創作しつづけるものの運命なのか、著者は自分の体験を見つめなおし、清算しなければ、先へ進めないと思った。

何度も何度も時間をかけ考え、自分の夫にも相談し了承し、この作品を発表するに到ったそうです。

己の傷の在処を、確かめ、認めた著者。

作家としての「業」を感じます。

Amazon.co.jpキス (新潮クレスト・ブックス)

参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 16:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

“世界禁断愛大全”こういう本を読むのは「野次馬根性」ですから!!

歴史の隠れたエピソードを紹介している桐生操著「世界禁断愛大全」〜「官能」と「耽美」と「倒錯」の愛〜です。

注・歴史の裏にこんなエピソードがあったんだ〜!?程度の本です。
真剣に読む本ではありません。


「耽美」にひかれたわけじゃありませんから!!
っつか「耽美」なエピソードなかったよ。
注・腐女子は自分の嗜好を「耽美主義」などとは思っていない。たちの悪いことに「当然よ!!」と思っている。

ちなみに「官能」だけを求めるなら素直に「U野鴻一郎」氏の作品(・・・)を読みます。
「団鬼6」氏は痛そうだから読まない。
「官能」的なシーンはないですよ。

単なる野次馬根性です。


こうやって「知っていても何の役にもたたない知識もどき」が増えていきます。



それにしても↑この表紙・・・。
この本は図書館に予約(わざわざ・・・)してあって、母に借りにいってもらったのですが・・・。

部屋に置いてある同人誌の表紙を見られるより気まずかったです。

ま、今更だけど。

え〜、禁断の愛に身を投じた人物たちのエピソード満載です。

全部で六章になっております。

T ホモ・セクシャル

U 近親相姦

V ロリータ・コンプレックス

W サディズム

X カニバリズム


T なんて「禁断」ではない、と思っているわたしですが、それはわたしが日本人だからでしょうか?それとも腐女子だからでしょうか?
西欧では「拷問「処刑」されてきた「男色」ですが、日本では堂々と行われていたわけで、なんつーか、日本っておおらかだよな・・・と思いマス。

T で紹介されている人物は、

童話集「幸福の王子」などで知られるオスカー・ワイルド。
「ティファニーで朝食を」のトルーマン・カポーティ。←最近じゃん!!
などなど。

そういえば全体を通して作家さんが多いですな。
やっぱ突き詰めていくと「禁断」の領域に踏み込んでしまうのでしょうか?

U はなんでも人類最後のタブーだそうです。

紹介されているのは大詩人・バイロン。
真実は定かではないが「嵐が丘」のエミリ・ブロンテ。

古代エジプト・プトレマイオス王朝では女子が「王位継承権」を握っていたため、姉と弟(同母)で結婚することが多かったそうですが。
クレオパトラも弟と結婚してます。

日本の古事記はいきなり最初が兄妹神ですね。
やっぱ日本って・・・・。

最近多いのは「性的虐待」。←「虐待」は駄目。駄目なものは駄目!!!

V はこの言葉の発端となった「ロリータ」の作者、ウラジーミル・ナボコフ。

若い奥さんとばかり結婚したチャップリン(彼は身を滅ぼしてはいないけど、裁判で痛い目にあった)。
え??ヒトラーも??
「オリバー・ツイスト」のディケンズも!?

人の嗜好は自由ですが、ロリコンであるがゆえに幼い少女(少年も)に手を出すのは犯罪です。

この本にも書いてあります。

〜胸の中にしまっておく限りなんの問題もないが〜

W といえばやはり語源となった「悪徳の栄え」のサド伯爵。
そして、フランスをジャンヌ・ダルクとともに救ったジル・ド・レ男爵。

これも夫婦や恋人同士合意の軽いSM行為ならなんの問題もないわけですが、相手が嫌がったらやめるべき。
独り身の方はその手のお店へ。

X 苦手なかたはスルーしてください。でも伏字にはしない。














ジェフリー・ダーマー(1991年)曰く、上腕ニ頭筋はフライにして野菜と一緒に食べると「他の肉なんて食べられなくなるぜ」だそうです・・・・。
彼は1070年の終身刑です。

もともと西インド諸島の部族の風習から名づけられたそうです。
その部族ではそれが「常識」だったのだから仕方ない。
いまはその風習は絶えたそうで。

飢餓のための食人、はある意味責められない、と思います。
日本にもそんな小説がありました。

著者も述べていますが、快楽ゆえの「食人」は理解しがたいものがあります。


まぁ、どの章も世間の常識のあちら側に行ってしまわれた方々なのですが、どうしても芸術分野専門の方が多いのですね。
その人のその「嗜好」がなければ生まれてこなかった「作品」たち。
我々はその「嗜好」を知らないまま、その「作品」たちに親しんできた。
例え作者の「嗜好」を知ったとしても、その「作品」たちに対する敬意はかわらないでしょう。

ただし「犯罪」はイケマセン。

駄目なものは駄目!!!です

胸の中にしまっておくことができなくなったら・・・・

とりあえず同人誌を発行・・・・としか思い浮かばない・・・・。



参加中です↓。
人気blogランキングへ
タグ:
posted by くみ at 22:55| 静岡 | Comment(6) | TrackBack(0) | 読書(ノンフィクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

あのとき、何が起こったか?“アンダーグラウンド”

この本『アンダーグラウンド』は発売されたとき、すぐに読みました。

昨日の『チェチェン やめられない戦争』と対のつもりで書きます。

『チェチェン』はロシアから圧倒的な軍事力での暴力を受けている。
武装勢力でもない、一般市民がどういう扱いを受けているか?
一般市民がテロ組織に加わる『連鎖』とは?
それらを書いたものが『チェチェン やめられない戦争』です。

『地下鉄サリン事件』は新興宗教の一方的な暴力によって、多くの被害者を出した。
あの1995年3月20日、東京の地下で何が起こったのか、を被害者が語ったものが、この『アンダーグラウンド』です。

アンダーグラウンドアンダーグラウンド
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] アンダーグラウンド
[著者] 村上 春樹
[種類] 単行本
[発売日] 1997-03
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


何者かによって侵食される日常。
「こちら」と「あちら」に分けられてしまった世界。
突然、日常が反転するような出来事。
後味の悪い、意味のわからない出来事。

それらを村上春樹氏が被害者62人にインタビューし、まとめたものがこの本です。

ひとりの被害者の方が語ります。

被害者のいる地下鉄の出口では大勢の人が倒れ、苦しんでいる。
その光景を、道路の向こう側を歩く人々は目にしながらも、歩いていく。

あの新興宗教が、まるで他人事に思えたように、道路の向こう側を歩いていた人々にとっては「こちら」のことは他人事なのだ、と。


加害者と被害者の間に『傍観者』がいる。
最近の事件らを目にするたびに、そう思います。

参加中です。
人気blogランキングへ
タグ:

2006年11月28日

いま、何が起こっているのか?“チェチェン やめられない戦争”

この本『チェチェン やめられない戦争』の記事を以前書きました。→こちら。

再び。

最近、元ロシア情報機関員アレクサンドル・リトビネンコ氏が亡命先のロンドンで不審死した事件がとりあげられています。

この事件より1ヶ月半前にプーチン政権に対し批判的であったロシアのジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が謎の死をとげています。自宅のあるアパートのエレベーター内で射殺死体として発見されました。

リトビネンコ氏はポリトコフスカヤ氏の死の真相をさぐっており、その事件の情報提供者と接触したあと、毒物(放射性物質)により倒れ、後、死亡しました(元情報機関員が放射性物質で命を落とした、と言う話はこの事件が最初ではない。はず。うろ覚えですけれど)。

アンナ・ポリトコフスカヤ氏は『チェチェン紛争』を取材していたジャーナリストで、徹底したプーチン政権批判の姿勢を崩しませんでした。

しかし、彼女は中立的な立場をとり、チェチェンの掃討作戦へかりだされる兵士たちのことも取材しています。
ロシアの兵士たちが、『チェチェン』で受けた心の傷についても、憂慮していました。
ロシア軍の新兵に対する仕打ちは伝統的なものだそうですが、かなり酷いそうです。

『チェチェン』はロシアから圧倒的な軍事力での暴力を受けている。
『チェチェン』で何が起きているのか語った本が『チェチェンやめられない戦争』です。

アンナ・ポリトコフスカヤ氏は突然、ぷつりと消えてしまった。
何者かの手によって。

『チェチェン』は語る言葉をなくしてしまった。

そんな気がするのです。

『チェチェン』で何が起こっているのか?
私たちは知る術を何者かによって、無くされかけているのではないか?

『チェチェンテロ』は報道されても、チェチェンが受けている『掃討作戦』は報道されない。

事態は深刻です。
危険です。



この本はみなさまに読んでいただきたい本です。


参加中です。
人気blogランキングへ



タグ:

2006年10月15日

“生きながら火に焼かれて”

スアド著「生きながら火に焼かれて」です。

私はときどき、自分が「女性」に生まれたことが嫌になります。
そういうときはかなり「投げやり」&「欝」状態です。
「男性」に生まれたかった、と思うときがあります。
「男性」には「生理」がないから。
だってさー、「痛い」んだもん。
「子宮内膜症」「子宮腺筋症」「子宮筋腫」「PMS」「月経困難症」
手術もしました。
治療も真面目にうけてます。
食事も気をつけています。
でも泣き言を言いたくなります。

痛いもんは痛いんだ!!!我慢できないんだ!!!

「子宮内膜症」が進んだ場合の痛みは「陣痛」を越えるそうです。
こ、こわ・・・。
最近、薬で生理を止めている治療をやめたばかりで、次の生理がくるのが怖いです。

これさえなければ、私はぜーったい「女性」に生まれてよかった!!っていつも思えるのにな。
服を選ぶのも、化粧品も、ネイルも大好きだし。
そしてなにより、腐女子だしな!!!←重要・・・「萌え」は私を救う。

それはおいといて、日本は少子化、超深刻化。
しかし、今の日本は産婦人科医不足。
実は私の通っている総合病院も産婦人科医不足で、いつ閉鎖されてもおかしくない。
そうしたら、私は、私が手術を受けた、私のもっとも信頼する病院で治療を受けることができなくなる。
私はそのとき、どこへ行けばいいんだろう??

おっと前振りが横道にそれすぎだ!!修正、修正。

そんなこんなで、私は「女性差別」や「ジェンダー」に関しては、ついつい反応してしまうようになってしまいました。

その地域の「伝統」「因習」「風習」を否定することはできない。
しかし、明らかに、性によって不公平にあつかわれる女性たちは存在する。
その地域に生まれた女性たちは、それらを受け入れるしかないのか??
受け入れて暮らすことが幸せなのか??

私には、わかりません。

例えば「女子割礼」。または「女性器切除」。→こちらです。
これは宗教的に、文化的に、意味があるのか?コレを行っている地域では、たぶんあるんだろう。
衛生的でもなく、病気にかかりやすくなり、分娩に危険が及ぶ確立が多くなる。
それでもまもるべき「伝統」なのか?

私には、わからないことだらけです。

では「名誉の殺人」は?→こちら。

生きながら火に焼かれて (ヴィレッジブックス)
スアド
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 120
おすすめ度の平均: 5.0
5 あなたの知らない世界
4 ただただ悲しい
5 信じられない
5 女性の幸せって
5 日本人に生まれて良かった


主人公「スアド」は17歳で恋をした。
いけないと思いながら人を好きになった。
それは人間にとってあたりまえのこと。
彼も自分のことを好きだと言った。
男性には逆らえないように育てられている彼女に、彼を拒否することはできなかった。
そして妊娠した。
その結果、家族会議で「死刑」が決定。
洗濯物を干しているとき、突然、義理の兄にガソリンをかけられ火をつけられた。
義理の兄は「無罪」だ。
「無罪」にしておかないと、警察官が厄介者あつかいされる世界だ。

彼女は婚前交渉をした。
宗教的には彼女の罪だ。
では相手の「男性」には何も罪はないのか?

殺されるのはどうして女性だけなのか?

「村」では女子は教育を受けれない。
字も読めない、書けない。
5、6歳から働かせられる。
食事は「男性」と「女性」は別のもの。
靴もはいてはダメ。
父親は娘を殴る。
女の子が立て続けに生まれたら、生れ落ちた瞬間に殺す。
外出も禁止。
男性と目を合わせるだけで「娼婦」と呼ばれる。
当然、男性としゃべってはいけない。
しゃべっただけで、明日はない。場合もある。
20歳すぎても結婚できない女は生きている価値なし。←・・・・。
結婚は必ず長女から。←・・・・。

これは「伝統」なのか「差別」なのか??

「名誉の殺人」はレイプされた被害者の女性に対しても行われる。
無理矢理押し倒されて、辛い想いして、家族に殺される。
「伝統」だから仕方のないことなのだろうか?????

彼女は奇跡的に助け出され、別の人生を送っている。

今もその地域で暮らしている女性たちは??
殺されるしかないのだろうか?

この問題に、日本は無関係ではない。
少しまえまでの日本は「生まれた子ども」を「間引く」という行為が行われていた。
子どもを産むことの出来ない女性は「石女」(うまずめ)と呼ばれた。
女の子ばかり産むと「女腹」だといわれ離縁させられた。

そして、現在の日本は世界一の「人身売買容認国家」だ。

現実だけは知っておきたいと思います。

Amazon.co.jp生きながら火に焼かれて (ヴィレッジブックス)

参加中です↓。
人気blogランキングへ
タグ:

2006年10月06日

シンプルに生活する、ということ。“捨てる技術”

実は大変ストレスが溜まっております。

で、打たれ弱い私はすぐ「体調」が崩れる。

仕事の内容のことではない。
職場の人間関係っつーかね。
狭い事務所で年がら年中顔を突き合わせていれば、なんらかのトラブルが起こるのはあったりまえ。
で、私は事務所の女性でなななななんと!!一番若い!!ので、いろいろあるわけです。
まず、話相手がいないが・・・、ま、会社に仲のいい人はいるわけだからメールでもすればいいし(かっぱさん、A、仲良くしてくれてありがとうかわいい

ま、その年上の女性たち、ひとくちに言えば、で、あえて暴言を吐くなら「おばさんたち」。
「片付けられない」人たちなんですよ。

出したらしまえ!!捨てるものは捨てろ!!

なんかさー、おかしいんですよ。
キティちゃんのお菓子の箱とか集めてるの!!職場で!!!50代の女性が!!!見てて痛い。つかキモイ。

私は自他とも認める「几帳面」「神経質」「片付け魔」なわけで、そういうものをうっかり捨ててしまうと、なんか相手は機嫌悪くなるワケ。

なら、私にゴミ捨てさせるんじゃねーよ!!

あほらしー!!
職場には仕事に関係あるものだけあればよろしい!!
ちょっとした遊び心は「机の上」だけにしてね。
共用部分に侵食するのはマナー違反です!!
(あー机の半分、私物でいっぱいだからか・・・)

もちろん、私に「害」を及ぼすものではありません。
が、

気持ち悪いんです!!!

今度こっそり机の上にこの本置いといてやろうか・・・。



実は私は、前はものすごくモノがあふれた部屋で生活してました。
本が・・・本がすごくて・・・。押入れ落ちそうで。
あと服ね。すごい量だった。

で、この本を読んで「なーるほど!!」と思い、一度実行しました。
(そんとき古本屋にもっていった本、今になって必要になるとは・・・)

そうすると、余分なモノがなくなったら、「欲しいもの」がはっきりとわかるようになったのです。
「欲しいもの」しか買わなくなった。
残ったものが有効に使えるようになった。

結果。買い物が減った。節約に効果ありあり。

とりあえず取っておく、をやめる。
ダイレクトメールはその場で捨てる。
雑誌は次の月の号がでたら処分。
通販誌も次の号がきたら処分。
本は図書館で借りる。
靴は一足買ったら一足処分。←逆かも、一足処分したら、一足購入。
衣替えの時期にワードローブ見直し実行。

ストレスが溜まるとモノを捨てたくなる・・・・私。
でも、もう捨てるものがないんです。

いや、衣替えがまだだ!(←・・・)
明日やろう!!


参加中です↓。
人気blogランキング

2006年06月13日

“夢の靴職人”歩かねばならないみなさんへbyサルヴァトーレ・フェラガモ

私がもっとも感銘を受けた自伝、ひとつは「チャップリン」、そしてもうひとつがこの本

「夢の靴職人」

です。

えと、私はフェラガモの靴、一足も持っておりません。
仕事に行くのにもスニーカー使用。
そういう職場です。

電車のなかでみかけるきれいなOLさん方は一足、二足はお持ちでしょう。



「夢の靴職人」
フェラガモの創始者、サルヴァトーレ・フェラガモの自伝です。


人気blogランキングへ参加中です。
本ブログランキング参加中です。

続きを読む
タグ:

2006年05月13日

“チェチェンやめられない戦争”ねぇ?チェチェンって何?

あれじゃね?ロシアの100円ショップとかじゃね?

新聞を読め新聞を!!パソコンだってあるだろう!!

コ○ンコ○ドに行くもの、当然なり!!

いきなり地方CMネタから始まりました。
この某極楽惑星のCM、私毎年楽しみにしてます。

このCMを見たとき思ったのです。

チェチェンって何?

で読んだ本がこちらです。

チェチェンやめられない戦争

チェチェンやめられない戦争
日本放送出版協会
著:アンナ・ポリトコフスカヤ/三浦みどり
本体価格2400円
ISBN:4140808918

人気blogランキングへ参加中です。
本ブログランキング参加中です。




 続きを読む
タグ:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。