2008年01月09日

“悪夢の種子”キング・オブ・ホラー ようやくその3

スティーブン・キングのインタビュー集「悪夢の種子」です。

新年早々、ネタ切れ気味です。

本、読んでないから!!

情報不足ってのもあるんですが、ニートはニートなりに忙しかったりするワケです。

一番の理由は自動車教習所ね。

遅れてマス・・・・進みません・・・・疲れてマス・・・・。

まだ第一段階デス・・・・。

自分がトロいとは知ってはいたが

こんなにトロとは思ってなかった・・・・・↓。

どんどん自分が卑屈になっていくのがわかる今日この頃。

ちぇ。

こういうときは、トリップするのが一番イイのです。

恋愛小説とかはダメね。

SFとかホラーがいいのです。
読んでいるとき、本に熱中してヤなこと忘れる。

で、『ああ、「ダーク・タワー」の続き読んでないなぁ〜』などと思っていたら、本棚で目にとまったのがこの本です。

この本にはホラー作家らしく、実に強烈かつ恐怖に満ちた、まさに、まさに身の毛もよだつ逸話が掲載されていまして、ああ、怖いもの読みたさで思い出したら、ついつい手にとって読んでしまいました・・・・。

ちなみに「ダーク・タワー」ですが、「V荒地」の181Pから読み進んでいません。
もう内容忘れちゃったから、また読み直し・・・。

キングが他の作家と一線を画するのは『関連書』の多さです。
ヘミングウェイやコナン・ドイルと張るそうです。

しかしその40冊以上発売されている『関連書』のなかで必読に値するものはごくわずか。

そのうちの一冊と言われているのがこの「悪夢の種子」

悪夢の種子―スティーヴン・キング インタビュー

リブロポート
売り上げランキング: 542927


発行1993年・・・古っ!!
この本は、当時、発売されたのを知って、注文したのでした。
私の手元にあるものは第二版です。

内容も古いです。

1974年から1985年かけられて、彼が受けた様々なインタビューをまとめたものです。

幼い頃の思い出。暗闇に恐怖を感じたこと。

貧しかった新婚時代。
ゴミ箱に捨てた「キャリー」の原稿を妻が拾い上げ、「面白いから出版社に売り込め」と進め、その通りにしたら「大当たり」した話。

有名になったらなったで「何故あの子を殺したの!?」と文句の手紙が山ほど来る話し。←後「ミザリー」のヒントになるわけですな。

「あなたは何故ホラーを書くのですか?」と聞かれ続けてうんざりしていること。
彼は「ホラーを書こう」と思って作品を書いたことは一度もないそうで、書いたらそういう作品になってしまうそうです。

当時の代表作「キャリー」や「クージョ」「ファイヤースターター」「シャイニング」に関してのインタビューが多いです。

すべて映画化されてますね。

スティーブン・キングほど作品が映画化されている作家は他にない、と言われています。

「ミザリー」「ペット・セメタリー」「スタンド・バイ・ミー」「グリーン・マイル」などなどなど。

「キャリー」は、わたし、小学生の頃「日曜洋画劇場」で見まして、それはそれは恐ろしかったのを覚えています。
ショッキングでしたな〜。

「キャリー」の映画版はキング自身お気に入りだそうです。

「シャイニング」が気に入らなかったのは有名な話・・・。

この本、本屋にはもちろんのこと、置いてある図書館も少ないと思うのです。

だから、言ってしまおう。

身の毛もよだつ逸話。

わたしが『「某生物」の上で寝た』という話しを知っている方はピン!とくるでしょう。

「クリープショー」(未訳)の映画化撮影秘話です。

と、その「生物」についてキングが語った想像。

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
続きを読む“悪夢の種子”キング・オブ・ホラー ようやくその3
タグ:
posted by くみ at 23:40| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(スティーヴン・キング関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

キング・オブ・ホラー やっとその2“死の舞踏”

以前スティーブン・キングの「ダーク・タワー」シリーズについて書きました。

それが
5月19日 キング・オブ・ホラー たぶんその1〜ダーク・タワー〜です。

あれから数ヶ月、

ダーク・タワー、V「荒地」からまったく進んでません。

だめな女・・・。
でも絶対読みます。
ローランドが最後にどうなるか気になります。

それはおいといて、↓はスティーブン・キング著「死の舞踏」です。

死の舞踏

■死の舞踏
著者:スティーヴン・キング /安野玲
出版社:バジリコ
サイズ:単行本/779,
発行年月:2004年05月
ISBN:4901784218
本体価格 3,600円 (税込 3,780 円

原題は「DANSE MACABLE」
カッコイイ!!

これは、私、持っています。←文庫版をね。

スティーヴン・キングが32歳(若っ!!)のとき母校メイン大学で語った講義をまとめたものです。

スティーブン・キングの講義!!

さぞや盛り上がったことでしょう。
うらやましい!!

なんてったってホラーのトップランナー「恐怖の帝王」スティーブン・キング!!

アメリカの家庭には「聖書」と「キング」が必ずある。

なんていわれているくらいです。

研究書の多さは「ヘミング・ウェイ」に匹敵する多さ。
出す本、出す本、バカ売れ。
そんなキング、最近引退説が流れてますが・・・。
いったい、いくら稼いだんでしょうか??
当時アメリカだけで、30冊の著作で一億冊以上売れているらしいです。
世界では・・・予想もつかない。
彼の著作は初版はアメリカだけでかるーく200万部以上。
日本では「ワンピース」しかありえない。
引退考えてもいいワケだ!!

あ〜「ダーク・タワー」完成してよかった!!
(ここらへん、永野護氏のFSSと通じるものがある・・)

あとは読むだけ!!

それはさておき、講義の内容は堅苦しいものではなく

「ハーイ、君たち、ボクのホラー論だ!聞きたいだろ!!」

と、軽いノリ、堅苦しい挨拶は抜きにして、その後は出てくる出てくる、彼の熱いホラーへの情熱。
自分が愛し、影響をうけた作品に対する熱烈な想いの丈。
そして自分のホラーの原点。

人には恐怖が必要だ。

というマニアの間では有名な持論が展開されます。

冒頭には

死者の讃えるのはたやすい。
だから本書は、「死の舞踏」に貢献しているまだ健在の六人の偉大な作家に捧げたいと思う。

ロバート・ブロックス
ホルヘ・ルイス・ボルヘス
レイ・ブラッドべり
フランク・ベルナップ・ロング
ドナルド・ウォンドレイ
マンリイ・ウェイド・ウェルマン

(ブラッドベリしか知らねー・・・。)

キングはすでに「コカ・コーラ」「マクドナルド」と同じ「アメリカの代名詞」。

彼の作品は当たり前ですが、「アメリカ国民」対象に書かれているので(世界中でバカ売れなのに・・・)、アメリカーンしかわからないジョーク、ヒット作、ロック、ジャックフードがちりばめられていて、実は和訳は読みにくい。
時間がかかります。

でも、そこがおもしろいんです。

ダーク・タワー、さっさと読まねば。

朝からホラー作家を取り上げてみました。
じゃ、寝ます。


ステキな「本」ブログ満載です↓。
人気blogランキングへ


タグ:

2006年05月19日

“ダーク・タワー”キング・オブ・ホラー たぶんその1

子どものころ『ホームラン王』の“王”が、「ホームランを一番打った王様のような人」の“王”なのか、王貞治の“王”なのか、かなり考えたものです。
ばかですね〜。
両方かけてるんですよね。
でも「ホームランを一番打った人の名前が“王”」なんて、できすぎてはいませんか?
「名は体をあらわす」ということですか。

で、

King of Horrors

ですよ。

スティーブン・キングって本名ですからね。
できすぎてますよね。
ついでに売れすぎ。

あまりにも刊行が遅かったので、途中で投げ出したシリーズが完結しました。
毎月文庫でざくざく出てます。
今度は自分が追いつきません。とほ。

その本の<1>がこちら

ダーク・タワー(1)

ダーク・タワーT ガンスリンガー
新潮文庫
著:スティーブン・キング
訳:風間賢二
本体価格743円
ISBN:4102193391

まったく難解な話ですよ。

人気blogランキングへ参加中です。
本ブログランキング参加中です。


続きを読む
タグ:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。