2009年02月14日

“マンマ・ミーア!”

「マンマ・ミーア!」を観てきました。

どんなことがあっても、笑っていよう。

自分の人生がもっと好きになる。


CMの「ダンシング・クィーン」を踊っているシーンで、これは観たい!!と思ったのです。

わたしはABBAをタイムリーで聴いて、踊っていた世代ではないけれど、「ダンシング・クィーン」「SOS」「チキチータ」ぐらいは知ってます。

わたしの初ABBAは、きっと「ひらけ!ポンキッキ」の中で使われていた「SOS」です。

「マンマ・ミーア!」は、超人気ミュージカルですからストーリーは一応は知ってました。
オチは知らなかったなぁ。

舞台は観たことがないけれど、舞台には舞台、映画には映画の良さがあると思います。

映画はロケーションが抜群でした。

ギリシャのリゾート地・カロカイリ島。

20歳で結婚式を迎えようとしているソフィ(アマンダ・セイフライド)には夢があった。

「結婚式ではパパと一緒にヴァージン・ロードを歩きたい!」

ソフィは、母・ドナ(メリル・ストリープ)の日記を盗み読み、ソフィは、「父親候補」の3人の男性に、ドナの名前で招待状を送る。

かくして、3人の男性、建築家のサム(ピアース・プロスナン)、銀行家のハリー(コリン・ファースト)、冒険家のビル(ステラン・スカルスガルド)は島にやってきた。

実際に会ってみれば本当の父親はわかる!

そう思っていたソフィだったが・・・、

「本当のパパは誰?」

本当の父親は、ドナさえわかっていなかった・・・。

Image010.jpg

マンマ・ミーア! [DVD]
マンマ・ミーア! [DVD]
posted with amazlet at 09.04.27
ジェネオン エンタテインメント (2009-06-24)
売り上げランキング: 26



面白い、楽しい映画でしたーーー!!!

それにしてもメリル・ストリープが強烈でした。

今夜、夢を見るかもしれません。

メリル・ストリープって今年60歳なんでしょ!

還暦じゃん!!

アカデミー賞ノミネート14回という大女優が、自分のはっちゃけぶりをここまで晒しだせるのか!!!

メリル・ストリープ演じるドナは、昔「ドナ&ザ・ダイナモス」というヴォーカル・グループを結成していたということで、かつての仲間、ターニャ(クリスティーン・バランスキー)とロージー(ジュリー・ウォルターズ)も島にやってくるのです。

このおばさん3人が揃うとすごいです!!

歌も踊りも、長年培われた友情の演技も。

ドナは大またをおっぴろげ、

ターニャは真っ赤な水着を着て、若者相手に踊りまくり、

ロージーはテーブルの上で歌い踊る。

そのパワーたるや、大勢いる若者たちを3人でイッキに上回るハイテンション!!

この3人に促されるように、島中の女性たちが歌い踊りだす「ダンシング・クィーン」の場面は前半のハイライトです。

若者も良かったですよ。

ソフィ役のアマンダ・セイフライドは歌も踊りも良かった。

そして何より、彼女には太陽が良く似合う!!

肌が輝いている!!

ワンピースのシンプルな水着姿がキュート!!

ソフィの結婚式のドレスはとてもカジュアルなものだったけど、それが彼女にはよく似合ってた。
可愛かった。

ソフィの父親候補のおっさん3人組は、おばさん3人組に比べると霞んでしまうのだけど、ま、歌手が歌っているのではなく、俳優が歌っているのだから、いいんではないかと?

ピアース・ブロスナンね。
いろいろ言われているけど、いいんじゃない?

マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック
サントラ マイケル・フィリップ ピアース・ブロスナン クリスティーン・バランスキー メリル・ストリープ ジュリー・ウォルターズ アマンダ・セイフライド コリン・ファース ドミニク・クーパー ステラン・スカルスゲールド アシュリー・リリー
ユニバーサル インターナショナル (2008-12-29)
売り上げランキング: 412
おすすめ度の平均: 5.0
5 マンマミーア
5 4歳の娘がノリノリです!
5 あのワクワクがよみがえる!
4 映画の感動をもう一度
5 私には最高!


映画のサントラとしては異例のヒットだという「マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック」、買ってしまいました。

聴きながらコレ、書いてます。

〜♪ダンシングクィーン〜ユーアンドスウィート〜オンリーセブンティーン〜♪

この映画もABBAあってこそ。

さすが、「スウェーデンの国宝」「ボルボに匹敵する輸出産業」「国の誇り」と言われるだけあるわ!!

ところで、この映画は母と観にいったのです。

うちの母、メリル・ストリープが好きだから、こういう演技もするよって観せたかったのね。

で、母も大変満足だったらしいんだけど・・・。

この映画って「娘の結婚」って内容。

しまった・・・。

余計なこと、思い出させたらしいわ。

「娘の結婚ねぇ・・・」とか「就活するより婚活したら」とかって言ってたわ。


参加中です↓。いろいろと励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
タグ:映画
posted by くみ at 00:20| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画・外国ドラマなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

“ヘアスプレー”

映画です。

「ヘアスプレー」を観てきました。

雑誌の映画紹介のページとCMに衝撃を受けまして、おかんと一緒に観てきました。

公式サイトはこちらです。→こちら。

人気ミュージカルの映画化です。

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組) [DVD]
角川エンタテインメント (2008-04-04)
売り上げランキング: 281
おすすめ度の平均: 4.5
5 たのしい〜♪
3 ん〜…
5 こんなにもHappyになれるとは!
4 気がつけば夢中☆
5 見終わった後ハッピーな気持ちになれます


主人公のトレーシー(ニッキー・ブロンスキー)は、重量級の女子高生。

人気ローカルのダンス番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演するのを夢見る、おおらかでほがらかな女の子。

ある日、番組のレギュラーが降板することになり、オーディションが行われることに!!

チャーンスっ!!

トレーシーはオーディション受けることに。

トレーシーを敵視する、ベルマ(ミシェル・ファイファー)&アンバー母娘の嫌がらせにもめげず、トレーシーはレギュラーの座をゲットする。

しかし、彼女の前に独断や偏見、差別などの問題が立ちはだかる。

彼女を問題を克服できるのか!?

そして、憧れの同級生、イケメンのリンク(ザック・エフロン)との恋の行方は!?

ヒロインのトレーシーは重量級ですが、トレーシーのママは超重量級です。

演じるのは、ジョン・トラボルタ!!

ジョン・トラボルタですよ!!どう見ても太ったオバサンにしか見えない!!

太っているのを気にして、外出もしなかったママがトレーシーの行動によって、どんどん変わっていく様子も楽しいです。

しかし、なんといってもヒロインのトレーシー(ニッキー・ブロンスキー)が見事です!!

オーディションでこの役を射止めた彼女は、見事なダンスと歌唱力を披露します。

「ママ、人と違っているのは素敵なことなのよ!」

60年代でこういうセリフが出てくる。

「今は60年代なのよ!30年代じゃないのよ!!」

今は2000年代ですよ。

最近、「人と違う」と子ども同士でさえ、大人のように隠れて悪口言うらしい。

それって子どもが「大人」の真似するからだと思うんですけれど。

っつか、子どもがオバサン化してないかい?

「個性」をカン違いしてはイカンとは思うのですが、やはり「個性」は尊重すべきものです。

なんか、わたし、小学生の頃「変わっている」ってよく陰口叩かれていたらしいので、そんなことを考えたり〜〜〜。←わたしは、そういうことは絶対忘れない、根に持つタイプ・・・。粘着質。

そういったことを「笑い飛ばす」映画です。

映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック
サントラ クイーン・ラティファ ジョン・トラヴォルタ&ミシェル・ファイファー ジョン・トラヴォルタ&クリストファー・ウォーケン ザック・エフロン ジェームズ・マースデン ニッキー・ブロンスキー エイミー・アレン リッキー・レイク ミシェル・ファイファー ブリタニー・スノウ
ユニバーサル ミュージック クラシック (2007-10-03)
売り上げランキング: 13248
おすすめ度の平均: 5.0
5 こんなにhappyな気分になれるなんて!!!
5 You can't stop the beat!!
5 曲目
5 星5つじゃ足りません!!
5 とても、HAPPYな気分に!!


ミュージカル映画だけあって、音楽も素晴らしいです。

冒頭はいきなり主人公が目覚め「グッド・モーニング・ボルチモア」から始まります。

テンポのいい音楽と、60年代のカラフルなファッション、ダンスシーン。

誰が見ても楽しめる映画でした。

あ、そうそう、オシャレはやっぱ大事だな!と思いました。

参加中です↓。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
タグ:映画
posted by くみ at 23:19| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(14) | 映画・外国ドラマなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

“ザ・ホワイトハウス”

ども休職満喫中です。
パソコンを買ってよかったこと。
部屋でDVDが見れること。

米ドラマがすきなんです。
Xファイル・シカゴホープ・LAロウ七人の弁護士・スタートレックなどなど。

一番すきなのは

『ザ・ホワイトハウス』 

です。

ザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックス
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005-07-29)
売り上げランキング: 4761
おすすめ度の平均: 5.0
5 20回以上見た
5 米大統領は理想の父親像
5 文句なし!
5 おもしろかった!
1 字幕が、、、


原題は『THE WEST WING』といいます。
大統領官邸西棟のことですね。

主人公はジェド・バートレッド大統領。
そしてそれを支える側近たち。
側近筆頭はレオ・マクギャリー主席補佐官(演じられていたジョン・スペンサー氏は昨年末に亡くなられました)。

「合衆国大統領に日常はない」というとおり、サイクリングで怪我をし、わけわからん連中をたたき出し、シリアは軍用機を爆撃。
レオの妻は夫に愛想つかして出て行くは、大統領の娘は絡まれるは、台風がやってきて艦隊ピンチ、大統領もたまにはファーストレディと夫婦喧嘩。
まったく休む間もありません。

ブッシュも大変なんだろうな〜などと思ってしまいます。

アメリカでは第7シーズンが終了するころです。
それでこのシリーズは本当にENDです。
残念です。

人気blogランキングへ参加中です。
タグ:海外ドラマ
posted by くみ at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・外国ドラマなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。