2008年04月14日

篤姫「姫、出陣」

篤姫「姫、出陣」

今回のタイトル、昨年だったら「姫、出陣!」になってたでしょうねぇ。

日曜は「コードギアス」があるので、「大河」の記事書くのがきつくなってきました。

見ている途中で寝ちゃうんですよ眠い(睡眠)眠い(睡眠)

最初、見逃したのですが、下屋敷と上屋敷の話をしていたんですよね?

ま、いいや。

篤姫は芝の薩摩藩邸で、斉彬の世子・虎寿丸と仲良く遊んでいます。

この虎寿丸。すでに近衛家の姫と婚約しております。

西郷どんは庭方に抜擢されました。

斉彬からの直々の命で「篤姫の輿入れ道具一切の調達」を任されることになりました。
篤姫が肩身の狭い思いをしないように、くれぐれも配慮して準備万端あい整えよ、と斉彬。

西郷どんは、「自分には無理です」と申し出ますが、斉彬に「無理と申すな」と言われてしまいます。

薩摩では尚五郎が、西郷どんの抜擢をうらやましく思っていました。
尚五郎・・・考えてみろよ・・・。
好きだった女の「輿入れ道具」を調達することが出来るかっての!?

水戸斉昭は和親条約の締結に不服があり、海防参与をしりぞいていました。
しかも大奥嫌いで、薩摩の姫の輿入れなんて必要あるかっ!?という態度です。
斉彬が、世子・虎寿丸と近衛家の姫を婚約させていること。
篤姫を御台所にしようとしていること、から

「薩摩に気を許してはならぬ!!」

とどなっています。

ま、斉彬は「腹の底の知れない男」ですからね。

そんなある日。

虎寿丸がいきなり亡くなってしまいました。
斉彬はショックのあまり床についてしまいました。

斉彬の容態はなかなか良くならず、ついに薩摩にも話は届いてしまいました。

「お由羅騒動」再び!な空気です。

江戸でも西郷どんがやる気になってしまっています。

しかし、斉彬は回復するなり、西郷どんを呼んで、「考えを断念せよ」と西郷どんを止めます。

用心深いので、あちらこちらにスパイがいるそうです。

病の真っ最中だというのに、斉彬、本当に「腹の底がしれない男」です。

それでもお由羅が「調伏」している、と言うウワサは絶えません。

だからといって、篤姫が高輪の斉興に会いに行くなんてありえません・・・。

でも、行くことになりました。

西郷どんは警護役だそうです。ありえません。

篤姫ときたら、斉興とお由羅にズバリ

「お由羅さまの呪詛のせいではないか?という噂があります」

と言ってしまいます。

お由羅は演技ミエミエですが、そんなことはない、と泣きながら言います。

篤姫は

「良かった」

「西郷。下々にはその方からしかと申し伝えよ」

ま、クギを刺したということなんでしょうけど。

とどめのクギは幾島でした。

姫の輿入れがすでに決まっている、と言います。

ココだけの話ですよ・・・、内密でございますよ・・・、

「十三代将軍家定さまにございます」

斉興とお由羅はびっくり!!

屋敷に帰ると、話が英姫に届いていまして、義母上、不愉快そうです。

が、斉興とお由羅から「お見舞いの品」が届き、英姫の考えも改まったようです。

薩摩では尚五郎が奥小姓・ご近習番になりました。

正助・父も帰ってきました。

しかし、来週も尚五郎はグチグチ言うみたいです。

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル:ドラマ 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

大河ドラマ 「篤姫」 姫、出陣
Excerpt: どこへ出陣する気でしょうか? いきなり斉興が出てきましたよぉ。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2008-04-14 21:09

「篤姫」レビュー
Excerpt: 「篤姫(あつひめ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2008年/NHK大河ドラマ *出演:宮崎あおい、瑛太、堺雅人、堀北真希、長塚京三、樋口可南子、稲森いずみ、高畑淳子、小澤征..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2008-04-15 05:07

NHK大河ドラマ第15回「篤姫(姫、出陣)」
Excerpt: 雅に、四書を愛読した篤姫の面目躍如の場面の連続だ。
Weblog: よく考えよう
Tracked: 2008-04-16 08:48

篤姫#15
Excerpt: 江戸に舞台を移したホーム・ドラマだったが、今回は少し違う形となって、「銭形愛」を彷彿させた物語でした。自ら高輪の大殿とお由羅の元に赴き、見事に1本取ったということで、これにストラップと口上が飛び出せば..
Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ
Tracked: 2008-04-18 22:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。