2008年04月05日

“マクロスF 第1話「クロース・エンカウンター」”

マクロスF 第1話「クロース・エンカウンター」

かつてゼントラーディといわれる巨人たちとの戦争があった。

初めての地球外生命体との戦いで滅びの危機を経験した人類は、大宇宙への進出に未来を託し、新天地を求め、銀河系の各方面へ旅立っていった。

そして、西暦2059年。

25番目の巨大移民船団マクロスF(フロンティア)は、銀河中心宙域に向けて大航海を続けていた。


てなワケではじまりました。

愛と友情と惑星の運命が交差する、超銀河ラブストーリー!!

が。

「超時空要塞マクロス」放映から25年ですって!!

「マクロス」はわたしに生まれてはじめて「アニメ雑誌」を購入させたアニメです。

ええ、もちろんリアルタイム視聴ですとも。

「マクロス」の何がすごいって、戦闘シーンがバリバリ“ネ申ぴかぴか(新しい)の領域”のクセに、

愛と友情と惑星の運命が交差する、超銀河ラブストーリー!!

を、真剣(マジ)で描いてしまうところでしょー。

ビバ!!河森正治!!

板野さんが参加していなくて残念だな~。

マクロスF・美星学園パイロット養成コースに通う早乙女アルトは、その整った容貌にコンプレックスを抱き、家との確執もあり、自分のいる場所に閉塞感を感じていた。

「俺はここにいたくないんだ。こんな息がつまりそうな場所には・・・」

マクロスFに隣の船団・マクロスギャラクシーのトップアーティスト・銀河の妖精・シェリル・ノームがコンサートのため来艦した。

シェリルに憧れるランカ・リーは、兄オズマにシェリルのコンサートのチケットをとってもらい大喜びだ。

ランカ・リー。
子ども子どもしているが、ものすごい化け方をするかもしれない。

期待大。

シェリルのコンサートのOPのアクロバット飛行に参加するため、コンサート会場にやってきたアルトたち。

シェリルの一言でアクロバット飛行のプログラムを変更され、ふてくされるアルト。

銀河の妖精・シェリル・ノームは銀河の小悪魔・・・いや、銀河の女王様だった・・・。

コンサート会場への道のりで迷ったランカは、アルトと出会う。

「あたし、娘々(にゃんにゃん)でバイトしてるから来て!」

「娘々(にゃんにゃん)」・・・・。確か、「超時空要塞マクロス」でリン・ミンメイがバイトしていた、ミンメイの叔父さんの経営する中華料理店と同じ名前のような気がする・・・・。
同世代の方、間違っていたら指摘求む。

それはごく普通の出会いのはずだった・・・・。

シェリルのコンサートが始まろうとするとき、すでにマクロスFは、未知の地球外生命体の攻撃を受け、艦外では戦闘がはじまっていた。

「わたしの歌を聞けぇっ!!!」

シェリルのコンサートがはじまった。

シェリル自身の存在感と、アルトたちのアクロバット飛行と、なんとも素晴らしい演出!!

またシェリルの歌とリンクする戦闘シーンが

ネ申!!まさにネ申!!!

嗚呼~~~!!ブラボー!!バルキリー!!!

ヤバイぞ、最終回の「00」を軽く凌駕する戦闘シーンだ!!

アルトの仲間のアクシデントで、ステージから落ちたシェリルを抱きとめたアルト。

シェリルは言う。

「いいから!!このまま飛んで!!早く!!!」

アクシデントですら演出に変えてしまうシェリルに素直に感心するアルト。

「すごいな、アンタ・・・」

しかし、コンサートの真っ最中、エマージェンシーが発令され、コンサートはそのまま中止。

軍だけでは未知の生命体の攻撃を退けることが出来ず、民間軍事プロバイダーS.M.Sが出動する。

ランカの兄・オズマはVF-25を駆り戦闘に参加する。

観客より先に避難するシェリルに憤るアルト。

逃げ遅れたランカとアルトの目の前でVF-25のパイロットが敵に殺される。

ランカを救うため、残されたVF-25に乗り戦うことをアルトは決意する。

次回「ハード・チェイス」

追撃の歌、銀河に響け。

まったくブラボーな初回でした。

このクオリティを保ってください。

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


posted by くみ at 16:47| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(6) | アニメ(マクロスF) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「私の歌を聴け~~!!!!」
には度肝を抜かれました。
・・・実はセブンはちゃんと見てはいないのですが^^;;

なんと会社の人の好意で3話分録画したのを焼いてもらって、
見ることができましたが・・・
ほんとクオリティ高いですね!!
イマイチHV放送というのが感じられなかったOOに
比べるとオドロキでしたww

というか、主人公のパイロットは異世界の変態仮面では
ないですか・・・
マックスを彷彿とさせる仲間はティエリアだし・・・
で、一方のヒロインは絹江姉さん・・・
コノ世界では幸せになって欲しいです(TT
Posted by 元康 at 2008年04月25日 20:02
元康さん

>変態仮面

そうなんですよね~。
これで我々はグラハムの声を一年間聞き続けることになるのです。

>クオリティ

わたしにとってアニメは娯楽ですので、人を楽しませるのには精一杯のことをしてほしい、と思うのです。

そういう意味で画面のクオリティと音楽のクオリティ、視聴者を引き込むストーリーのクオリティは、「マクロスF」は本当に高いと思います。

ま、ちっとぐらい作画の崩れはくると思うのですが、それを吹き飛ばす「力」を持っているアニメだと思います。

>マックス

やはりそう思われますか!!
ミハエルは誰かとフラグたちそうです。
Posted by くみ at 2008年04月26日 18:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

マクロス FRONTIER 第1話 「クロース・エンカウンター」
Excerpt: コンサート。
Weblog: Dream of hetare the world 跡地
Tracked: 2008-04-05 17:06

『マクロスF』第1話、感想
Excerpt:  マクロス7以来のTVシリーズなので期待しながら見ました。思ったよりはじけてなかったので少し残念です。キャラも多いので覚えるのに時間がかかりそうだ……。
Weblog: 青天の世の暦
Tracked: 2008-04-05 17:23

(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第1話 「クロース・エンカウンター」
Excerpt: 超時空要塞マクロス コンプリートガイド 西暦2059年。超長距離移民船団マクロス・フロンティアに、マクロス・ギャラクシー出身のアイドル・シンガー シェリル・ノームがコンサートのために来艦する。シ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-04-05 17:29

マクロスF 第1話「クロース・エンカウンター」
Excerpt: 助手「マクロスシリーズの新作ですね」 博士「萌えっ娘が沢山居るよ~」
Weblog: 電撃JAP
Tracked: 2008-04-06 16:53

マクロスF 第1話
Excerpt: さて、春アニメでも特に注目度の高い作品です私自身はマクロスシリーズを見るのは初めてだったんですが1話としては十分の出来だったと思いますマクロスといえば歌、ヴァルキリー、異星人、三角関係などの要素があり..
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2008-04-09 20:11

マクロスFRONTIER 第01話 「クロース・エンカウンター」
Excerpt: 3月でひととおりのアニメが終了して次何見ようか迷う。 ネットで調べただけでも結構な数のアニメがこの4月から始まる、始まっている。 正...
Weblog: Mare Foecunditatis
Tracked: 2008-04-09 21:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。