2008年03月14日

“田中宥久子 美の法則”

造顔マッサージの田中宥久子先生のズバリ「田中宥久子 美の法則」です。

こんばんは。

今日は一日、女子力とは無縁の怠惰な生活を送ってしまいました。

しかし、田中先生は本書のなかでキレイになるために「○○せねばならない」と考えると長く続かない、とおっしゃっております。

注・だからといって一日中ごろごろしていい、などとは書いてない。

そんな田中先生が提案するのが実践型メソッド

結果が一番。美しさに「ルール」はない。

というものです。

「力を入れてマッサージをしてはいけない」?

「ファンデーションの粒子は細かいほどいい」?

「化粧直しをするときは皮脂を完全に取り除く」?

「シミやクマを消すコンシーラーはファンデーションを塗る前につける」?

美容のルールを覆すものです。

圧力をかけマッサージをする。

粒子の大きなファンデーションのほうが毛穴落ちをしない。

皮脂は完全に取り除かないほうが化粧は長持ちする。

ファンデーションの上からコンシーラー。


田中宥久子 美の法則
田中 宥久子
WAVE出版
売り上げランキング: 86640
おすすめ度の平均: 4.5
5 「美の法則」が詰まった本
5 共感できます〜
3 顔は心の鏡
5 これから年齢を重ねていくのが楽しみになってきました
3 生き方の本なので


白とベージュのコンシーラーを重ねて一緒に伸ばす、なんて思いもよりませんでしたよ。

先生!わたし目からウロコが落ちました!!

アイシャドウの基本色は「みかん色」
なぜならブラウンメイクは午後になると色がくすむから!!
おお!!そうか!!!

パールは時間の経過とともにムラになる。パールはいらない。

リップライナーは口紅のあと。

ローズピンクは老顔のもと。
わたしはこれからローズピンクは使いません、先生!!

今の時代、パールの入ってないファンデやアイシャドウを見つけるのは困難。

そんな田中先生が作り上げたブランドが「SUQQU」です。

「SUQQU」の油とり紙ってすごく特長があるんですよ。

デカイ。

顔を多い尽くすくらいデカい。

しかし、その加減で皮脂を8割取りのぞき2割残すことができる、とのこと。

<SUQQU>あぶらとり紙


なるほどね~。

30歳からの美しさは心がけ次第。

生まれつきの顔の造作で得をするのは20代まで。

30歳からのお手入れはてきめんに効果が現れるとのこと。

普段のお手入れや生き方が影響してくる。

ひぇっ!!

実はこの本。

母が図書館から借りてきたものです。

母、多いに影響を受けたようで、80歳になったとき「赤い口紅」が似合う女性を目標にするらしいです。

がんばってくれ!!

わたしもがんばる。

田中先生のブランド<SUQQU>はこちらで購入できます↓。

isetanbeauty自動更新125*125

Amazon.co.jp田中宥久子 美の法則

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


ラベル:
posted by くみ at 22:14| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(その他) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまだにメイクの仕方がまったくわからんアタクシです。
雑誌とか読んでも
やたらにファンデーションを何種類も使ったり
やたらに何重にも色を重ねたり…と
皆メンドくさくないのかしらん…
「がんばろう」という気はあっても
方法が分からぬまま3○年過ごしてしまいましたわ…
Posted by ぽるきち at 2008年03月16日 23:04
>オクサマ

実のところ、がんばる、などと申しておりましてもわたくし、アイライナーが引けません。
メイクは回数を重ねるしか上達しようがないそうですが・・・、社会人になってからも「フルメイク」は数えるほどしかしたことがありません。

お手入れの方はですね・・・財布の都合上安い化粧品しか使えませんが、ま、時間はかけようと思っています。
コットンパックですとか。

田中センセ曰く、「保湿」と「顔筋トレーニング」が大事らしいです。
Posted by くみ at 2008年03月16日 23:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。