2008年02月25日

篤姫「お姫様教育」

篤姫「お姫様教育」

嘉永六年春。

於一は鶴丸城に入りました。

於一のために用意された部屋はロケーションはばっちしでした。

が、居並ぶ老女・広川をはじめ、奥女中その他もろもろに圧倒される於一。

広川は「本家の姫としての自覚を持たせよ」と斉彬から命じられていました。

今和泉では尚五郎は忠敬と囲碁をしておりました。

「一度聞いてみたかったのだが、お主、於一に惚れておったのではないか?」

ちょっとうっちーったら気がついてたの!?!

と思ったら「なわけねーよなぁ~!!」とうっちー、自己完結です。

その頃の於一。

庭に出るのを禁じられたり、羊羹をうまく切れなかったり・・・笑われちゃったり。

ベタな展開でした。

あげくのはてに

「トイレはどこじゃーーーー!!!」

と、大騒ぎです。

えとですね、大奥の本を読んだときに知ったのですが、江戸城大奥では、

御台所がトイレに入った際は、御中臈が一緒に入ってお尻の始末をした。

ということですが、武家出身の天璋院は○○のときはそれを拒んだ、そうです。


於一は「分家の姫だからと侮られている」とすっかりグレモードです。

米艦隊が那覇に入港ってことで、日本も不穏な空気が近づいてまいりました。
そんなときも

「まずは親書を受け取り、3年待て」案を

出すなど、ハラの底の知れない男・斉彬。

老中・阿部と「例の一件」についてもこそこそと何やら・・・。

「輿入れ」とか話してますよ。

江戸から薩摩へ帰る途中、京の近衛家で幾島をスカウトです。

薩摩では大久保正助が3年ぶりにお役復帰でお祝いです。

一同は一緒に喜んでくれるはずの於一がいないことを淋しがるのでした。

尚五郎は、於一は楽しくのびのびやっていることだろう~と思いをはせますが・・・・。

於一は楽しくのびのびやってません。

毎日、母上から送られた普賢菩薩を見てはぼんやり。

夜も寝付けず、食も細く・・・・・。

老女・広川は、ここは譲歩しても於一をなんとか元気付けなければ!!とこの人も実は意地悪でやっているんじゃないんですよね。

そんな於一が興味を示したのは「お香」でした。

於一のために小松妹・お近が呼ばれることに。

お近は、於一母や尚五郎に伝言を聞いてやってまいりました。

於一、ここでも尚五郎のことを「心の許せる友です」と、バッサリですね。

お近は於一母から、元気なら渡さないでくれ、気落ちしているようだったら渡してくれ、と頼まれた文を於一に渡します。

その文には、何事もしきたりを守り今和泉風を出さぬよう、と戒めの言葉とともに、それでも辛いのならば添えてある文を見よ、と書いてありました。

添えてある文。

最強アイテム、「菊本の書置き」が登場です。

後へ引くことなく、前へ前へ・・・・

という菊本の言葉に励まされすぎた於一。

泣いているのを責める広川やその他に、

「広川、そなた私を何者と心得る。

薩摩守斉彬さまの娘なるぞ!!」


この紋所が目に入らぬか!!!

次の日から、卑屈な態度を取ることもなくなった於一。

まず戻ってきたのは食欲です。

しかし・・・・。

ついに幾島が稲妻雷とともに登場です。

松坂慶子、さすがの貫禄です。
これで何度目の「大河」なのでしょうか??

が、

ホームドラマに雷・・・・。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


ラベル:篤姫 ドラマ
この記事へのコメント
「あなたは~稲妻の~よ~お~に~♪」
幾島登場シーンは、なんか画面が暗くなった気が・・・
と思っていたら雷が・・・
確かにいきなりの演出でしたね^^;

さすがに御台様ともなると、
自動(手動)洗浄機能がもれなくついてくるのですね~。
でも人にしてもらってる間、ジっとしてるのも
ナンカ嫌ですねw
Posted by 元康 at 2008年02月26日 20:45
>元康さん

遅レスすいません。

♪わたしのこころをつらぬいたぁあああ!!

イェイ、30代!!

>御台所

歴代御台所は、秀忠、オットセイ、家定以外はみんな公家出身でしたよね??たぶん??確か??

京の姫さま方はそういった「トイレ事情」が普通だったのかもしれませんねェ。
Posted by くみ at 2008年02月27日 23:52
お久しぶりです☆
記事に関するコメントじゃなくてごめんなさい。
以前、くみ姉さんに紹介頂いた「森絵都さん」の本を今頃読んでいます。
ホントさらっと読めて奥が深くていいです♪
私が小中学生くらいに出会いたかったなと思った本でした。
また、素敵な本をご紹介くださいね★★★
では、また!
Posted by ゆうこりん。 at 2008年02月28日 10:19
>ゆうこりん

コメントはどこでもかまわないよ~♪
森絵都さんの本というと「DIVE!!」かな??
あれはほんとにいい本だよね。
子供向けだけど、大人も深く考えさせられるというね。
最近、あまり本を読んでいないので、なかなか本の記事が書けないのだが、コトが落ち着いたらまた読みまくろうと思います。
Posted by くみ at 2008年02月29日 09:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

篤姫(2月24日放送)
Excerpt: 第8回/お姫様教育  鶴丸城に入った於一(宮崎あおい)であったが、堅苦しい城のしきたりになじむことが出来ない。老女・広川(板谷由夏)をはじめとした奥女中たちには分家の娘と侮られ、辛い日々が続き、於一..
Weblog: のたまふ
Tracked: 2008-02-25 19:37

お姫様教育を拝見^^;
Excerpt: 篤姫08第8回「お姫様教育」こんばんは。管理人の国光です。分家の出では大変だよな...
Weblog: にゅーす拝見
Tracked: 2008-02-25 20:13

篤姫~第8話・鶴丸城・大奥
Excerpt: 篤姫ですが、於一(宮崎あおい)は島津斉彬(高橋英樹)の娘として鶴丸城に入ります。当時の薩摩藩は江戸城大奥を模した小さな大奥があったそうで、大奥総取締ではなく老女・広川(板谷由夏)など仕来たりの壁が於一..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-02-25 20:48

『篤姫』第8話「お姫様教育」
Excerpt: 2008年『篤姫』第8回。。先々週、まったくこれまで描かれていないと言った、鶴丸城の奥のドロドロした話が今回のテーマ。まぁ、ドロドロの描き方が。さっぱりしてますが。。お手水場。。しきたりだらけ。。もう..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-02-25 21:44

スパイ、幾島!!
Excerpt: オテンバ於一には鶴丸城での堅苦しい生活に 中々馴染めない様ですね{/kuri_5/} そんな時、父・忠剛が焼き捨てた筈の菊本の 手紙が届けられましたね。 流石のオテンバ於一も心を改めようとします が、..
Weblog: 函館 Glass Life
Tracked: 2008-02-25 22:38

篤姫・第8話
Excerpt: 先週は幕末薄っすい知識倶楽部(パイロット版)をお送りさせて頂きましたが、参加して下さった方、またはご覧になって下さった方・・・ありがとうございます{/dogeza/}正直「賛否両論」とまではいかなくて..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-02-25 22:44

篤姫 8話  「ノー・カントリー」が見たいでごわす
Excerpt: アカデミー賞授賞式の生中継見ながら書いてるでごわす。ここ数年授賞式を見てて思うでごわすが、メイク&豪華なドレスの相乗効果による視聴者へのインパクトで「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の時に出席したビョーク..
Weblog: DOWN IN SMOKE 猫馬鹿無用編
Tracked: 2008-02-26 00:51

「篤姫」レビュー
Excerpt: 「篤姫(あつひめ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2008年/NHK大河ドラマ *出演:宮崎あおい、瑛太、堺雅人、堀北真希、長塚京三、樋口可南子、稲森いずみ、高畑淳子、小澤征..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2008-02-26 15:51

今週の「篤姫」 其の八
Excerpt: 第8回  「お姫様教育」 鶴丸城に入った於一であったが、 老女・広川らの教育も功を奏せず、 堅苦しい城のしきたりになかなか馴染むことが出来なかった。 その頃、城下では大久保正助..
Weblog: 松平の野望 ~天下創世記~
Tracked: 2008-02-26 20:46

大河ドラマ 「篤姫」 お姫様教育
Excerpt: 今和泉島津家を去った於一。 しかし、前途は多難ですねぇ。 まずは城内、そして幾島とのバトルですかねぇ。 鶴丸城での大奥の実態や、いかに。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2008-02-27 19:19

於一から竜の如く篤姫へ
Excerpt: 先週の篤姫を見損なったので、見ようと急いで帰宅したが既に大久保の謹慎明で於一の噂をしている所であった。 残念であるが、どうせ拗ねた於一だったのだろうから1番良い場面を見たと思う事にしよう。
Weblog: よく考えよう
Tracked: 2008-03-01 19:30

お姫様教育のこと
Excerpt: ブログから検索 篤姫 8話:お姫様教育鶴丸城に入った於一(宮崎あおい)であったが、堅苦しい城のしきたりになじむことが出来ない。 老女・広川(板谷由夏)をはじめとした奥女中たちには分家の娘と侮られ、辛い..
Weblog: 日々の人気キーワードより
Tracked: 2008-07-19 13:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。