2008年01月27日

篤姫「名君怒る」

篤姫「名君怒る」

今年の大河はやはり「朝ドラ」モードですな。

「怒る」があの程度ですか・・・・。

あ、そうそう、大阪府民って・・・・・・??

いまの大阪に必要なのは調所広郷では??

あ、嘘です。冗談です。借金を踏み倒されては困ります。

老中・阿部と組んで、父・斉興の追い落としに成功した斉彬。

斉彬の藩主就任に薩摩の人々は喜びました。

嘉永4年5月8日

斉彬は藩主として鶴丸城に入りました。

家臣の誰もが、斉彬の斉興派への報復人事を予想しますが、斉彬は

「民のための政」

を一番に挙げ、処分のことは一切口に出しませんでした。

斉彬は市中の米の値段を下げる、などの政策を打ち出します。

しかし、役向きの変更は一切無し。

於一の父・忠剛も斉彬に不満を持っているようです。

あいかわらず、政のことに知りたがる於一。

斉彬のやり方に下級藩士たちの不満も募ってきました。

尚五郎は於一と話しているときに小松清猷を訪ねることを思いつきます。

小松家で清猷に「武士道」を説かれ、

「わしは殿を信じておる」

と言われる尚五郎と於一(と、兄)。

於一は納得していない様子です。

そんななか、御一門四家がお城に招かれることになりました。


参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ




女子も拝謁を許された、とのことで父にしごかれる於一。

菊本は忠教の娘・哲にまけてなるものか!と張り切っております。

このトート・忠教の娘・哲。

於一こと篤姫と同じく「将軍家御台所」候補として挙げられた人なわけで、まさしくライバルなのですが・・・・。

お召し出し当日。

忠教は「私がおったばかりに・・・・」と殊勝な態度です。

兄に反抗する気持ちはないようです。

於一の番がやってきました。

斉彬と対面。

無事に済んだ・・・とばかりに

「はぁ・・・・」

とため息をつく於一。

それに目を留めた斉彬に、於一は「お守り」の礼をします。

くだけた雰囲気に緊張が解けた於一は

やってしまいますたらーっ(汗)たらーっ(汗)

何故、お殿さまのために働いた方はいまだに許されないのか??と。

斉彬は、許すものはいずれ許す、と言い

「罪を与えるのは易しい。

だが、刃を突き出せば、必ず別の刃を突き出される」


と、説き

いまは誰もが心を一つにして薩摩をまとめるときだ、

「わしのなすことが信じられぬのなら、即刻この国を出て行くことじゃ!!」

と怒ります。

もっとね。

斉彬はものすごーく怒ると思っていたから何だかね・・・。

やっちまったことを心配する於一。

そのことを聞いて「殿さまを信じましょう」と尚五郎。

尚五郎は大久保正助や西郷どんにこのことを伝えます。

それから幾日かして、やっちまったことが父上にばれた於一。

父上にこっぴどく叱られますが、いつもの通り逃げます。

コメディタッチです。

今年は「重さ」があまり感じられません。

いや、昨年がいちいち重すぎたのか??

その頃、斉彬は「もう一度会いたいものじゃな・・・」と於一のことを考えておりました。

そして

忠教が「アチャー!!」な顔をしておりました。

忠教・息子が於一のことを見初めてしまったそうです。

この息子って後の忠義ですか??

次回は於一に縁談です。

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

今日は静岡県西部は、一日中揺れていました。

つつつつついに来るのか!!??

例のヤツ。
タグ:ドラマ 篤姫
この記事へのコメント
おはようございます。
そういえば昨日は、たびたびテレビの画面に地震情報が・・・
イヤですよね。関東や東海に住んでいるものは、なんとなく爆弾抱えているようなものですよね。

ところで、斉彬は怒ってはいませんでしたよね。名君だと思いました。哲はそういう人だったのですね。またも、なるほど・・・

Posted by kiriy at 2008年01月28日 09:56
> kiriy さん

お返事遅くなって申し訳ございません。
Seesaaに障害がありまして・・・・。

斉彬は怒っている、というよりも叱っている、というか説いているように思いました。

あの考え方はまさしく「名君」だと思いましたよ。
Posted by くみ at 2008年01月29日 07:44
今年はライトな大河なのでしょう。
脇の方々の重厚さも打ち消してしまうような、
於一のキャピキャピ振りは、「すごーい!」
と思います。

卒検に関しては、斉彬公の名言、
「峠を越えてこそ、見える景色がある」
という言葉を贈らせていただきまする。
すんなり受かるよりも、今後より慎重かつ的確な
運転ができるようになるであろうと^^
Posted by 元康 at 2008年01月29日 19:10
>元康さん

>すんなり受かるよりも〜

ま、モノはいいようですね。

ええ、二度目の卒検も今日落ちました↓↓↓。

わたしは公道に放っては危険なようです。
実は車を買う予定はないのですが・・・。

於一くらいキャピっとしてればわたしも笑い飛ばせるんですけどね。

ふてくされて寝て今頃起きました。
Posted by くみ at 2008年01月30日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80956158

この記事へのトラックバック

篤姫〜第4話・争いが争いを生む!
Excerpt: 篤姫ですが、島津斉彬(高橋英樹)が薩摩藩の藩主に就任し、斉彬派の人々はおおいに期待します。逆に斉興派の人は報復人事に戦々恐々ですが、斉彬の所信表明演説は「民の生活を第一に考える」ということです。斉彬は..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2008-01-27 22:37

篤姫#4
Excerpt: 今回の物語は、藩主となった斉彬がお国入りするところから始まる。そして於一が斉彬と対面するということで、これまでのホームドラマが大きく動くことになる物語であったはず。が、1年という長尺のドラマということ..
Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ
Tracked: 2008-01-27 22:37

篤姫・第4話
Excerpt: NHK大河ドラマ「篤姫」 (カドカワムック 263 別冊ザテレビジョン)角川ザテレビジョンこのアイテムの詳細を見る 篤姫第4話です。若々しさに欠ける藩主桃太郎と於一(後のあっつー姫)がいよいよ対面です..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2008-01-27 22:39

篤姫(1月27日)
Excerpt: 名君・斉彬のこころが読めない薩摩家中。
Weblog: 今日感
Tracked: 2008-01-27 23:57

『篤姫』第4回「名君怒る」
Excerpt: 2008年『篤姫』第4回。。今回は於一の勇猛ぶりといか。。そして島津斉彬の名君ぶりと。。それがよく描かれた回でしたね。意外と、こういう回って、大河ドラマでは退屈になることが多いんだけど。。2008年大..
Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト
Tracked: 2008-01-28 07:54

「篤姫」レビュー
Excerpt: 「篤姫(あつひめ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2008年/NHK大河ドラマ *出演:宮崎あおい、瑛太、堺雅人、堀北真希、長塚京三、樋口可南子、稲森いずみ、高畑淳子、小澤征..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2008-01-28 09:52

篤姫「名君怒る」
Excerpt:  なんだか、今回もあっと言う間に終わってしまいました。   {/note/}斉彬のお国入りで、斉輿一派に咎めがあり、流刑や謹慎などの憂き目にあっている者に赦免がおりるものと思われたが、何の咎めも音沙..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2008-01-28 09:58

大河ドラマ 「篤姫」 第4回
Excerpt: 新たな藩主がお国入れして。
Weblog: 多数に埋もれる日記
Tracked: 2008-01-28 20:09

大河ドラマ 「篤姫」 名君怒る
Excerpt: 篤姫が江戸に行くきっかけになる斉彬との対面です。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2008-01-28 21:57

今週の「篤姫」 其の四
Excerpt: 第4回  「名君怒る」 お家騒動の末、ようやく藩主となった斉彬は薩摩にお国入りし、 米価の改革など、領民の生活改善に積極的に取り組む。 そして、すぐにも赦しがあると思われていた大久保らに..
Weblog: 松平の野望 〜天下創世記〜
Tracked: 2008-01-29 19:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。