2008年01月25日

“対岸の彼女”

角田光代「対岸の彼女」です。

え~あ~、自他とも認めるコミュニケーション力が決定的に不足しているわたしです。
ブログ界でもヒッキーです。

こんばんは。
「縦列駐車」と「方向転換」が苦手です。
「高速デビュー」は済ませました。

どうもね~、自分から「仲間に入れて」ということが出来ないのですよ。
子どもの頃はそれで随分と悩んだものでしたが、大人になるとオンリーロンリーでも、まぁそれなりに行動できてしまうものなのですな。

それで一人で行動するのに慣れてしまい、コミュニケーション力はちっとも向上しないまま今に至るのです。

最近教習所通いのわたし。
教習所はただいま高校生でいっぱいです。

ちょっとカンシンしたこと。
女子高生ってうるさい。
うるさいんだけど、彼女たちはコミュニケーション力が抜群なのね。

自習室で勉強してたら、となりに座って話しかけてきた女子高生。
「応急救護」でグループが一緒だった子でした。
女子高生の見分けがつかないので(みんな同じ顔に見える・・・)、「誰だっけ?」と思ったけど、高校の名前聞いて思い出しました。
タメ口きかれるのはちょっとムっとするけど、まぁ、よくも自分よりか~な~り~年上のわたしに話しかけてくるなぁ~と思いましたよ。

もうわたし、女子高生をバカにすることはできません。

そうそう、ちょっとイイコトがありました。

11月から12月にかけて、ぐちぐちとしてたこちらの記事→これ。
勉強は進まないし、試験はストレスになるし・・・とうつ状態だったときの記事です。
逃亡寸前です。

試験は受けましたが、まったく自信はありませんでした。

でも一緒に講座を受けていた人たちがみんないい人で、講座に通うことだけでプラスだったなぁ~と思っていたのです。
だって、講座に通っていなかったら、ほんとにただの引きこもりニートになっていましたからね。

そしたら結果が届きまして、

2級医療事務技能審査試験に「合格ぴかぴか(新しい)しました。

イェイ。

それでわたしはこう考えたのです。

会社を辞めることになってしまったことをずっと後悔していたんですが、あの時、会社を辞めなければ「資格」をとることなんて出来なかっただろうな、と。
「資格」をとろうとも思わなかっただろうし。

あの精神衛生的に不健康な空気(っつかまともじゃない)の職場で我慢するよりも、辞めて良かったかも。

あ、そういえば、辞めた経緯をハローワークで伝えたら、「自己都合で退社」が「会社の圧力による退社」に変更になりまして、「失業給付金」が早く給付されることになっちゃいましたよ。

わたしに全く非がなかったとは思いませんが、会社にも非があったと認められて満足。

どれだけ精神衛生上不健康な空気だったか、ぶっちゃけたい気持ちはありますが、それを全部言ってしまうのは大人のすることではないのでヤメときます。

かっぱお姉さまや元同僚Aと親しくなれただけでプラスです。

さて「対岸の彼女」

主人公2人は、他者との距離感に悩んだことのある女性です。

対岸の彼女
対岸の彼女
posted with amazlet at 09.09.27
角田 光代
文藝春秋
売り上げランキング: 22421


2人とも35歳。

小夜子は結婚をし、一女の母。

葵は小さな会社を自分で立ち上げた、女社長です。

公園デビューに失敗し、あたりの公園を一人娘をつれてめぐる小夜子。
このままでは娘の社交性が育たないような気がする・・・。
幼い頃の自分とそっくりな娘を見て、自分がもっとマイペースで陽気な母親だったら・・・と悩む毎日。

ある日、デパートで一枚のブラウスを見て、その値段が高いのか安いのか、自分の年齢にあったものなのかわからなかった小夜子は、娘を保育園に預けて働く決心をする。

求人誌を買い求め、必死に面接を受け続け、採用された会社が、同い年の葵の経営する小さな旅行会社だった。

一見、さっぱりとして感じのよさそうに見えた葵。

しかし、葵には女子高時代に起こした大きな過去を持っていた。

結婚してようと、してまいと、女は誰でも意外とこういう経験をしているのかもしれない。

他人と付き合う距離感がわからない、とか。

職場で派閥に巻き込まれまい、としていると何故か自分が槍玉にあげられている、とか。

一見、誰にでも人当たりがいいが、そっと悪意だけをささやく人間っているし。

働いているお母さんVS専業主婦とか(ってあるんですかね?)。

30歳を越えると新しい友人をつくるのは難しいものだと思います。

とくにわたしみたいな人間は。

同じ未婚同士とか、子どもをもっている同士(いわゆるママ友)とかならあるかもしれないけれど。

わたしは30越えてから、既婚者と親しくなったことってないかもなぁ~。
今、既婚の友人たちは、みんな独身のころから友人だもんな。

独身のわたしは、既婚のお子さんを持っている方々を、ある意味尊敬しております。

ママ友とか公園デビューとかPTAとか、嫁姑とかって・・・・

想像するだけでオソロシイ・・・・・。

専業主婦の方々は、30越えて独身で、働いて(いまはいないけどね、わたしは)いる女をどう思っているのかなぁ~??

好きなことしてふらふらしていると思われているのかなぁ~??

自由でいいなぁ~とか思われているのかな~??

それとも「独身」ってイタイとか??←ま、これは確かにイタタタだが。

税金はちゃんと払っているんだけどな。
いや、だって控除ないしな、独身者には。

「勝ち犬」と「負け犬」の間には深くて暗い川が流れているのかもしれません。

でも、

川には「橋」がかかっている。

こともある。

かもしれない。

「出会い」というものはいかに大切か、最近になってやっとわかってきたわたしです。

自分から手を離すのはやめよう、と思います。

相手と自分の立場がどんなに違おうと、歩み寄りは出来ます。

「友情」って何だろう??

「ただ一緒にいること」、「話し相手であること」「遊び相手であること」だとは違うと、

それだけは思います。

Amazon.co.jp対岸の彼女

参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


ラベル:
posted by くみ at 22:15| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書(角田光代) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、合格おめれとうございます!

そういえば…資格なんて車の免許と
「なんとか和裁士」とかいう役に立たないものしかありません…
今でも「資格って強いよな」と身にしみて感じます。
スバラシイことですね。

「人との距離感」、アタクシも人一倍悩んだ方です。
特に対:女性。どれだけ友達なくしたことか。
自業自得ではあるのですが、自分は一生懸命でも
「やり方間違ってる」と何してもムリだったりしますしね。
環境の影響をモロに受けますし。
悪く申し上げているわけではないのですが、
くみさまもよくそのような職場で何年も…(結局言う

トシくってかなり変わりました。
「人に甘えるととても楽で、結構上手くいく」
ことを学びました。
でもそれも環境しだいですかね。
アタクシもタメ口の高校生を見習いたいと思います。
Posted by ぽるきち at 2008年01月25日 23:55
くみさん、合格おめでとうv

私は昔から人付き合い苦手で
踏み込んじゃ迷惑?とか考えてしまって
自分から声を掛けることができなかったけど
声を掛けれなくても、笑顔でいたり
敵じゃないよ~オーラを発しているだけで
何となくうまくいったり
色んな人に助けてもらえるものなのだな~・・と
やっとこの年になって学びました。

いくつになっても遅くはないですよ。
なんだかこの年になると、友達よりも「同志」が欲しい今日この頃です。
Posted by 白石ひかる at 2008年01月26日 14:50
>ぽるきちオクサマ

オクサマ、ありがとうございます。
まさか「合格」するとは思っていませんでした。
これで履歴書の空白が若干少なくなります。

>「人との距離感」

わたしは一線引くほうなんですよ。
どうも、まわりと馴染むのに時間がかかっていけません。
それでも歳くったら若干変わってきました。

>「人に甘えると~」

なるほど!!
わたし、オクサマと同じ長女ですが、「長女」「長女」と言われて育ちまして、親にも甘えず成長しまして、人に甘えるの下手なんですよ・・・。
そういえば妹は人に甘えるの上手です。

女子高生のコミュニケーション能力はスゴイですよ。
Posted by くみ at 2008年01月26日 21:09
>白石ひかるさま

ありがとうございます。

わたしは、よそさまのブログにコメント入れるのさえ、戸惑ってしまうヒッキーです。

>敵じゃないよ~オーラ

あ~、わたしは「入ってこないでバリア」を張っているほうですね・・・。
自分で張っているつもりはないのですが、そうみたいです。

この歳になると「友人」はなかなか増やすことはできませんが、これ以上減らすのは避けたいです。

連絡とかねぇ、マメに取らないほうなんですよ・・・。
反省してます。
Posted by くみ at 2008年01月26日 21:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

対岸の彼女
Excerpt: そこに、川は、流れているのだろうか。 最近、こって?いる角田光代さんの直木賞受賞作を読んでみました。 「対岸の彼女」 角田光代 著 文藝春秋 1600円+税 35歳。 一女の母で、対人関係が苦手..
Weblog: なんちゃってLOHASな日々
Tracked: 2008-01-30 09:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。