2008年01月05日

“機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」”静岡は一部地域。

機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」

今年も始まりましたな、「00」。

年を越しても静岡は一週遅れなのでございます。

全国ガノタのみなさま。

あけましておめでとうございます晴れ

今年もよろしくお願いいたします
(「00」、いつまで見続けることができるでしょうか??)

新年早々、妹の旦那氏から「デュナメスを買った」という話を聞かされ、噴きそうになりました。

え~、旦那氏本人のものではなく、「取引先の社長の息子(中国の高校生)から“コレ買ってきて!”と頼まれた」んだそうです。

妹旦那氏は眉間にシワを深くよせ「ガンダムだって、マクロスだって、一番最初のものが一番いいんだ」と言ってました。

妹旦那氏は12月28日に中国から帰国。
年明け、11日からまた中国だそうで・・・ま、ファイト。

さて全国では昨年放映された「教義の果てに」。

保守派と改革派の対立が激しい中東の国家・アザディスタン。

国の内情と上手くいかない外交を憂う皇女・マリナ・イスマイール。

そんななか保守派の宗教的指導者・マスード・ラフマディが何者かに連れ去られた(って、あの傷・・・)。

保守派は改革派の仕業と見て、対立はより深まる。

石油輸出産業で経済を支えてきた中東の国家郡は、太陽光発電の建設計画でその存在価値を失おうとしていた。
国連決議で石油輸出規制が採択され、それに反対した国家が武力を拡大。
これが、20年続いた「太陽光紛争」。
中東の国家は貧困から分裂や統合を繰り返している。

アザディスタン王国もそのような問題を抱えた国家のひとつである。


解説ありがとう、アムロ。

アザディスタンのアレハンドロ・コーナーは

「この国の行く末を見守りたいのだよ」

なんて言ってますが、ギリギリのこの国にとってはちと経済負担をかけすぎていやしませんかね?

沙慈がピザ屋でバイトとかはスルーです。

マリナ・イスマイールがアザディスタンの皇女として即位をする、と決意したときに、マスード・ラフマディは「改革派」に反対するものたちが争いを起こさないように、彼らの思いを受け止める存在が必要だと「保守派」にまわった、といういきさつがあったそうです。

皇女として即位??皇女として??まぁ、いいや。

アザディスタンの議会はマリナ皇女の考えとは反し、保守派は議会をボイコット、改革派はユニオンの軍事支援を受け入れる決定をしてしまいました。

ユニオンとな??

グラハム・エーカー注意・・・じゃなくて中尉が登場ですたらーっ(汗)たらーっ(汗)

支援どころか迷惑この上ないヒトがアザディスタンにやってきてしまいます。

ソレスタルビーイングとしては攫われたラフマディ氏を救い出したいところ。

しかし、アザディスタンは異文化を嫌う土地。
エージェントたちも一苦労です。

そんなんで刹那も街にでることに。

刹那の国・クルジスは6年前にアザディスタンに吸収されておりました。

元クルジス側とアザディスタン側とは教派の違いから上手くいっておりませんで、刹那は一発で街のジーサンに「出て行け」と言われてしまいました。

太陽光受信アンテナ施設の警備兵に潜んでいた「超保守派」が突如味方を撃ち、ついに内戦勃発です。

デュナメスが待機して狙い撃ちです。

あ~あ、アザディスタンの支援に来たはずのグラハム中尉が喜んじゃって大変です。

その場にはアリー・アル・サーシェスも居たんですけど。

デュナメスVSフラッグ。

「人呼んでグラハムスペシャル!!」

「あえて言おう!グラハム・エーカーであると!!!」

などとわけわからんグラハム中尉ですが、腕は確かです。

デュナメスに剣を抜かせましたよ。

ケリもいれてました。

しかし、アザディスタン軍基地からMSが発進。

MSが王宮に向かい始めました。

クーデター!!

ということでデュナメスVSフラッグはここで打ち切りとなりました。

刹那はあいかわらず、ザックザックとMSを斬りまくりです。

他の地区でもMSが出た、ということでその地に向かう刹那。

6年前の回想がよぎります。

ここでもザックリやっちゃう刹那ですが、目にした光景に・・・・。

その頃の姫は、クーデターの勃発とソレスタルビーイングの介入を許してしまった・・・と己のふがいなさを嘆き涙を零しておりました。

姫に

「毅然としていなさい、マリナ・イスマイール。まだ終わったわけじゃないわ」

と叱咤するシーリン。

刹那はコックピットで

「俺は・・・ガンダムにはなれない」

刹那の言うことって抽象的で困ります・・・。

しかし次回は「聖者の帰還」。

刹那、

ガンダムとなる。


どういうことですか??

「大きくなったら仮面ライダーになりたい」ってのとおんなじですかね??←違っ!



参加中です↓。励ましのクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


posted by くみ at 23:35| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | アニメ(機動戦士ガンダム00) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅ればせながらですが、
おけましておめでとうございますm(_ _ )m
今年もよろしくお願い致しますm(_ _ )m

グラハム注意は・・・かなりトんじゃってますね^^;
ロックオンのつぶやきを、「お肌の触れ合い通信」で聞いていたのか、
対ガンダム限定でニュータイプ的な直感があるのか・・・
「あえて言おう」
という台詞はギレン総帥を連想しますw

「ガンダムにはなれないだろ・・・」
という刹那へのツッコミはガノタ共通ですよね(笑)
Posted by 元康 at 2008年01月07日 21:13
>元康さん

あけましておめでとうございます。
今年もゆるゆるよろしくお願いいたします。

お正月はゆっくりまったりされたのでしょうか?
あ、わたしは「天と地と」は松岡に大きく違和感を感じてしまったので、見ませんでした。
恐るべし、ガっくんのインパクト。

グラハム注意は確かにとんじゃってますが、それでもシャアやギレンより小者感は否めません。

が、

「私とて人の子だ」

ど こ が や!!

というツッコミも視聴者共通でしょう。

それにしてもガンダムの感想は楽々は「篤姫」に比べれば楽々です。

Posted by くみ at 2008年01月07日 22:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム00 第13話「聖者の帰還」
Excerpt: 戦え、お前の信じる神のために――。 激化するアザディスタンの内紛。 内紛を誘発する勢力に気付いたロックオンは刹那を調査に向かわせる。 ...
Weblog: SeRa@らくblog
Tracked: 2008-01-06 00:03

機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」
Excerpt: 機動戦士ガンダム00 第12話「教義の果てに」
Weblog: アマデウスの錯乱?
Tracked: 2008-01-06 00:25

機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第13話「聖者の帰還」の感想。
Excerpt: 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 第13話 MISSION-13 「聖者の帰還」 評価: ―― 正月終わっちゃた!! ..
Weblog: いーじすの前途洋洋。
Tracked: 2008-01-10 06:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。