2007年12月16日

“機動戦士ガンダム00 第10話「ガンダム鹵獲作戦”静岡は一部地域。

機動戦士ガンダム00 第9話「ガンダム鹵獲作戦」

新OPはthe brilliant greenの『Ash Like Snow』に決まったそうでございますね。

the brilliant greenは、見た目より結構音がゴツいブリティッシュなカンジで、わりと好きです。

ま、音楽を語るのは某福井県民の自称音楽ブログの管理人さまにまかせておきましょう。

人革連に持久戦に持ち込まれたソレスタルビーイング。

キュリオスにせまるティエレン。

ちょっとヤバいか?ソレスタルビーイング。

♪~みらいは~だ~れ~にもぉ~

うちおとせ~な~い~♪
←あ、1回使ったか。

「ガンダム鹵獲作戦」

セルゲイ・ロシアの荒熊・スミルノフ中佐の作戦に翻弄される4機のガンダム。

キュリオスに近づくソーマのティエレン。

二人の出会いは宇宙に何をもたらすのか?

何かもたらしましたっけ??ま、置いとけ。

ソーマに近づかれ苦しむアレルヤ。
気を失ってしまいました。

キュリオス、一度は鹵獲されてしまいました。

それを知ったティエリア。怒りまくってます。

「何という失態!万死に値する!!」

輸送船ごとキュリオスを撃とうとします。

人革の間ではヴァーチェはデカブツで通っているらしいですね。

今度はヴァーチェの鹵獲を開始するセルゲイ中佐。

ソーマ、強いっすね。

あ、その間にアレルヤがハレルヤに復活して、キュリオス逃げちゃいました。

ヴァーチェは追い詰められたあげく・・・・・

やっちゃいました・・・・。

あぁあああああ↓。

バ○ダイったら・・・・。

計画を歪めてしまった、自らの失態を嘆くティエリア。

「俺は・・・僕は・・・わたしは・・・」

ティエリアってもしかして、もしかしたら・・・・心は○、とか??

そういえばニューなタイプのCMってグラハム中尉ですよね。

セルゲイ中佐は自分の詰めの甘さを認め、撤退します。

ところで、今日は刹那にまともなセリフってあったっけ??

撤退途中のセルゲイ中佐の前にキュリオス・ハレルヤバージョン登場。

セルゲイ中佐の副官・ミン中尉のご冥福をお祈り・・・。

やっちゃったあとでアレルヤもかなり凹んでました。

「僕は人でなしだ」

そんなわけでガンダムマイスタ-2名が泣いておるわけです。

スメラギさんも

「ほんとどうしようもないわね、私」

と泣いております。

王留美お嬢は地上で

「何という失態」

とご立腹気味です。

マイスターたちの不完全さを嘆いてますが・・・ヤツらも人間ですからね。

今回の失態をアレハンドロ・コーナーは

「私は監視者であって、実行者ではない」

と言ってましたが、そういえばこの人、この間はアザディスタンでしたが、今はどこにいるんでしょ?

次回「アレルヤ」

血の洗礼。

それは神に背きしものの祝福。




ブログ休止解除です。
参加中です↓。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ



posted by くみ at 22:45| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ(機動戦士ガンダム00) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ナーデ」は「ノーベルガンダム」かと思ってしまいましたw
って、Gガンダムはご覧になっておりましたでしょうか?^^;;

ティエリアはやっぱり女性・・・?と思いましたが、
心が実は女性なんですかね。
とにかく謎多き人物のようです。
次回もなんだか不思議な能力を発揮してましたし^^;;
Posted by 元康 at 2007年12月17日 20:48
>Gは見てないっすよ元康さん

ティエリアが実は「女性!?」説ってのは放映前から噂になってましたよね。
で、声優さんが男性だったからそれなナシか、と思ったのですが、実は「心が女性」はありえると思います。

ええ、オンナのカンです。

ティエリアにも不思議な能力があるんですか!?

・・・刹那が普通に見えてきました。
Posted by くみ at 2007年12月17日 20:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。