2007年11月11日

風林火山「謀略!桶狭間」

風林火山「謀略!桶狭間」

今回は先週よりフグの「クルミ」がやけに気になりました。
あの「クルミ」を一番最初に投げつけられるのは誰なんでしょうか??

前回

勘助「寿桂尼めぇええええええ!!!」

寿桂尼さまに怒りをあらわにしていた勘助。

長尾の策略であったことは見抜いていたようですね。

見抜いていなければ軍師とは言えませんが。

寅王丸は押し込められていた寺から逃げ出し、討たれてしまいました。

「逃げた」どーのこーのは、は本当かどうかわかりませんな。

義信に刃を向けたものを飯富が許すはずはないので。

それにしてもサイテーなのは平蔵です。

平蔵が伝えるまでも無く、宇佐美は事の顛末を知っておりました。
寅王丸がどうなったのかも。

宇佐美「このわしに仕えよ」

ってどうする気でしょうか??

越後にガっくん・景虎が帰国しました。

なんと半年も京に行っていたそうです。

余裕ですな~。

景虎は足利将軍家から正式に「関東管領」を継ぐことを許され、関東への出陣の大義名分を得ました。

永禄三年

駿河。

義元はいよいよ尾張侵攻を宣言します。

参加中です↓。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ




寿桂尼「義元、ゆめゆめ尾張で油断いたすな」

義元は尾張侵攻に専念するために、すでに家督を嫡男・氏真に譲っておりました。

自分は天下に号令する身になる予定ですのでね。

義元は尾張への進路で悩んでおりました。

織田が籠城すると考えてのことでした。

ま、この場合、普通は籠城ですが。

結果、沓掛城へ入ってから決めればよい、ということに。

勘助は、織田が「桶狭間」に目をつけていることを知ります。

なんで伝兵衛があの辺りの地形を知っているのか?

太吉が織田の動きを知っていたのか?

謎です。

勘助、庵原息子を通して今川を訪れます。

それにしても庵原息子、大事を勘助にペラペラしゃべりすぎです。

勘助は義元に、桶狭間を通らない進路をとるように進言します。

このシーンの勘助のダークなことといったら!!

さて、今川の尾張への侵攻は着々と進んでおりました。

進軍のなかには、松平元康もいます。初陣です。

元康は無事、兵糧を鳴海城へ届けることができました。

義元、元康の成長を喜んでいるようです。

義元が元康を邪険に扱っていたわけではない、ということがわかります。

それにしても、嫡男・氏真のデキは義元の悩みの種だったようです。

元康と氏真、比べちゃダメです。

さて、進路を決めなければならなくなりました。

義元の頭をよぎる勘助の言葉・・・。

義元は大高城へ進路を向けます。

途中にあるのは桶狭間

その頃、またもや勘助は今川の館をおとずれ寿桂尼さまにお目通りしてました。

二人のやり取り。

真っ黒です。

寿桂尼さま、勘助の企みに気がついたようです。

というか、勘助もわざと気付かせるように、訪ねてきたようで、嫌な感じです。

勘助を嫌う義元の性格を利用して、桶狭間を通るように仕向けた。

勘助は織田信長が奇襲を必ずする、いう自信があったのでしょうか??

一体どこまで正確に真実を掴んでいたのか??

そして、予測したように、桶狭間では雨が降り、兵達は散漫になりました。

そのうち、雨がやみ、義元は軒先に出ます。

この雨をやませたのは雪斎だ、と。

そして、鉄砲が鳴り。

あれ??

あれれれれ??

桶狭間、見事なスルーです。

甲斐に義元討ち死にの報が入りました。

正室をなぐさめる義信。

飯富は勘助に駿河に何をしに行ったか問い詰めますが・・・。

義元が死に、三国の均衡は崩れようとしています。

そして、武田家内部でも波紋が。
父と息子の対立も間近でしょうか?

結果として、四郎擁立を企む勘助の思い通りに事が進んでいます。

駿河の今川では、寿桂尼が気丈に対処していました。

岡部元信が取り返した義元の首が駿河に戻ってきました。

これからは、北条にも武田にも心してかからねばならないと家臣達を説く寿桂尼。
ことに甲斐の武田は油断ならない。

寿桂尼「皆のもの、覚悟いたせ」

寿桂尼さまはひとりになって、はじめて義元の首を抱き、泣くのでした。


駿河に武田が侵攻するのは、寿桂尼さまが亡くなってから、です。

彼女は

『死しても今川の守護たらん』

と言い残したそうです。

その亡き骸は館近くの竜雲寺に葬られました。


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

“姫の戦国”の記事です。←寿桂尼さまがなぜ「女戦国大名」と言われるようになったか?今川を書いた本では、もっとも詳しいのではないか?と思われます。



ラベル:風林火山 ドラマ
posted by くみ at 23:22| 静岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(13) | NHK大河「風林火山」(07年) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは~。

>あの「クルミ」を一番最初に投げつけられるのは
やっぱり太郎君でしょうか。
息子の額にクルミをぶつけて割り、中身を拾って
食べるフグ…ひどい父親ですね。

>なんで伝兵衛が
伝兵衛と太吉がいなければ、勘助の謀略は成功しなかった
ってことですよね。すごいぞ伝兵衛&太吉!!
(でも2人とも自分らが何やったか気づいてなさそう…)



Posted by もちきち at 2007年11月12日 00:14
>もちきちさん

「クルミ」はタイガーはその昔、教来石に向かって投げてましたから、太郎ではなく、意外な人物に投げて欲しいんですが。

そういえば今回のフグの出番はクルミを鳴らしているだけでしたね。

>伝兵衛

伝兵衛と太吉はどうしてあんなに離れた土地にくわしかったんでしょうか??
伝兵衛なんて先週は昼寝してたし・・・。
わたしは勘助が自分で出向いて調べるのか?と思っていました。

義元の桶狭間の敗因の原因は「伝兵衛と太吉」です。←ええええっ!!!!
Posted by くみ at 2007年11月12日 11:31
なんで伝兵衛があの辺りの地形を知っているのか?
太吉が織田の動きを知っていたのか?
本当、不思議ですよね。
伝兵衛と太吉はどう見ても裏の人間には見えない
のです。
ロマンスばかりではなく、その辺も緻密に脚本を
書いて欲しかったと思うのです。
義元の最後にも拍子抜けしました。
せめて討ち取られるシーン位は有ってもよかった
のではないでしょうか。

Posted by iseッチ at 2007年11月12日 16:48
宇佐美の考えは・・・捨て駒としてならまだ使えるカモ
ってとこでしょうか^^;;
平蔵は一応命令には忠実ですし。

桶狭間の地形については、故郷の近くですし勘助が知ってても
問題無かったと思うのですが・・・
今回最大のナゾでしたねw

タイトル通り、「謀略」が主題で、肝心の合戦シーンは
無しという・・・ちょっと拍子抜けですが、
戦のシーンは川中島でたっぷりってことですかね。

今回の主人公は寿桂尼様だったような。
いつか、「姫の戦国」を大河にしてもらいたいですね!
Posted by 元康 at 2007年11月12日 18:58
こんばんは
桶狭間のシーンはもう少し引っ張って欲しい気がしましたが
鉄砲で撃たれる義元くんというのはある意味斬新でした

最期、義元の首を抱える寿桂尼にジーンときました
Posted by Hiro at 2007年11月12日 20:31
>iseッチ さま

太吉と伝兵衛の情報は???でした。

今川との戦いに備えている織田は、今川と盟約を結んでいる甲斐の人間を重要地域に通さないと思うのです。

と、いうか、太吉も伝兵衛もあの時期に、あの辺りを訪れた様子がまったくありませんでしたし・・・。

義元は、せっかくイケメンを起用したなら、それなりの最期を描いて欲しかったですね。
Posted by くみ at 2007年11月12日 21:21
元康さん

太吉と伝兵衛の「桶狭間」情報はおかしいです。
だいたい、あの時期「桶狭間」に近寄れますかね?
方言丸出しのあの二人。
尾張弁のなかじゃ完全に浮きます。

戦シーンも、いままでの「桶狭間」のなかでも斬新すぎてシーン・・・。

雨がやんだとき、期待したんですけど・・・。

今川については「姫の戦国」を広めるしかないですね!!
問題は「寿桂尼」さまの配役ですね!
Posted by くみ at 2007年11月12日 21:33
> Hiroさま

もうわたしは単純にイケメンが減って悲しいところに、あの義元くんの最期は泣かされました。

寿桂尼さまの義元の死後の気丈な振る舞いと、ひとりになったときのギャップの演技は素晴らしかったと思います。

家臣ズ、寿桂尼さまばっかり頼りにしてますね。
Posted by くみ at 2007年11月12日 22:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

風林火山~第45回・桶狭間の戦い!
Excerpt: 風林火山ですが、山本勘助(内野聖陽)は武田信玄暗殺指令が寿桂尼(藤村志保)から出ていると思い白目剥いて怒ります。今川では上洛の準備が整ったようで、大軍率いて天下取りに乗り出します。当時は織田信長がよう..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-11-11 23:36

「風林火山」第45話。
Excerpt: 気がつくと今年もあと2ヶ月足らず。大河ドラマの登場人物がどんどん 退場する時期になり、今週もまたイケメンが1人画面から姿を消して しまいました。このまま普通に話が進めば、最終回まで生き残るのは ..
Weblog: Creme Tangerine
Tracked: 2007-11-12 00:10

風林火山.45/桶狭間!
Excerpt: 先週のストーリー展開に「それはないだろう?」と思われた方、また「桶狭間」と聞いて、ワタシみたいに「もう!?」と思われた方も多いのではないでしょうか?今回「風林火山クラブ」では、みなさんの間でもきわめ..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2007-11-12 00:16

大河ドラマ 風林火山・第45回 「謀略!桶狭間」
Excerpt: 信長は本当に天才だったのか?なあんて本が話題になってますねえ。 桶狭間はたまたまめぐり合わせが良かっただけとか、長篠も鉄砲の数で勝っただけだとかそういう論説で・・。 今日はその桶狭間の裏には勘助の..
Weblog: 真田のよもやま話
Tracked: 2007-11-12 07:57

風林火山・義元上洛の真相!!
Excerpt: いよいよ桶狭間の戦いですね{/v/} まさか、桶狭間の戦いまで勘助の策略だったとは?? 驚きを通り越し少し呆れている僕なのです{/cat_5/} いまだに行軍の進路を迷っている義元。 毛嫌いされてい..
Weblog: 函館 Glass Life
Tracked: 2007-11-12 09:29

風林火山45いちばん武者震いしたひとは?
Excerpt: 歴史的に有名な事件をドラマとしてどう見せるかは脚本家の腕の見せ所です。特に主人公がその史実に関係していない場合でも、接点を見つけねじ曲げてでも歴史にも登場させてしまえるのが脚本家の特権です。昨年の大河..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2007-11-12 09:37

今週の「風林火山」 其の四十五
Excerpt: 第45回 「謀略!桶狭間」     信玄暗殺を謀った長笈は、軟禁されていたから脱出し、 逃走中に討ち取られた。 越後の宇佐美の元に復命に戻った平蔵は、 寅王丸の無念を晴らすためにも、宇..
Weblog: 松平の野望 ~天下創世記~
Tracked: 2007-11-12 18:46

[大河ドラマ]風林火山 - 「謀略!桶狭間」
Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ 今日はBS-hiで早めに見ました風林火山も残りわずか。。。寂しいですね今回は数々のイヤミと黒さで独特の妖しさを誇った義元くん..
Weblog: Hiro's - Blog
Tracked: 2007-11-12 20:35

大河ドラマ 「風林火山」 謀略!桶狭間
Excerpt: ついに桶狭間! 勘助、暗躍か??
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2007-11-12 21:12

★風林火山45・・義元さまの首ぃ~ひええぇぇ
Excerpt: 先週は有馬温泉に行ってて留守でした。。お越しいただいた方には大変申し訳ございません。。今週はまた風林火山見て過ごしました~今週のあらすじ 第45回「謀略!桶狭間」あわれな寅王丸。。晴信暗殺に失敗してと..
Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・
Tracked: 2007-11-12 22:25

「風林火山」第45話感想。
Excerpt: いや、どうしよう義元さま。 とうとう見納めかと思うと、この先誰を目の保養にして良いのかわからなくなります。 あ、谷原さん第2子誕生おめでとうございます~。 で、本編。 棒読みボーズ・寅王丸くんの行動..
Weblog: ヘタレの戯言~ひとりよがり風味~
Tracked: 2007-11-12 23:04

「風林火山」―謀略!桶狭間
Excerpt:  桶狭間にいかに勘助絡むのか。有り得る展開でも有り得なくても、そこはドラマ、物語ですので、単純に楽しむことにしていました。  そんなお気楽姿勢で見てみると、実に面白かったですね。面白かったけれど、切..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2007-11-14 10:41

大河ドラマ“風林火山”第45回 「謀略!桶狭間」
Excerpt: NHK大河ドラマ “風林火山”。今週のOAは、第45回 「謀略!桶狭間」。矢崎平蔵に、諏訪家の遺児・寅王丸(長笈)を使って、武田信玄を暗殺するように命じた、長尾家重臣・宇佐美定満の謀略は失敗。山本勘助..
Weblog: ビープロ with 遠州森町
Tracked: 2007-11-14 20:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。