2007年10月27日

“機動戦士ガンダム00 第3話「変わる世界」”だから、一週間遅れ放映なんだってば!!

機動戦士ガンダム00 第3話「変わる世界」

♪~未来は~だ~れ~にも~撃ち落せな~い~♪

今日はビデオ録るの忘れました。見るのも忘れました。ギャオで見ました。

夕飯時の会話。

私「あ~今日、ガンダム忘れちゃったよ」

母「ああ、土曜日だもんね」

母の対応はナチュラルでした。

ども。

世界は変わりはじめましたか?

「同人界」は変わりつつあるようです。ついていけません。

わたしは、美形(の男)が4人もいるというのに、どうにもこうにも「その気」になれません。

ただいまのわたし↓。

腐女子モード<ガノタモード

見た目とか設定とかでは「刹那」がいいかな?とか思っているんです。
が、ちょっと16歳に「あーんなこと」や「そーんなこと」を妄想してしまうのは、もはや「犯罪」なんでは??みたいな、ビビりもあります。

昔、ガンダムWのヒイロ・ユイさんにメロメロになったときも、

「こ、ここここんな子どもになんてイケナイ想像をっ!!!」

と、かなり動揺したもんでした。

あれから10年以上・・・・・・・・。

いままで3話見た限りでは、黙々とミッションをこなし、ストーリーを回すのはガンダムマイスターたち。
ストーリーを体感するのは、そのほかの人間たち。
という感じがします。

それは人類に対する神の裁きか?それとも変革への誘発か?

つまりは、人類に意識改革が起きようと、世界が動こうと、ガンダムマイスターたちには

何の変化も訪れはしないのではないか??

なーーーんてな!!

ああ、そうそう、「ガンダム」のせいで人生が狂ってしまったのは、パトリック・コーラサワーくんだけではありませんでしたね。

「よもや君に出会えようとは!乙女座のわたしにはセンチメンタリズムな運命を感じずにはいられない!!」

かっとばすグラハム中尉。
パっと見爽やかなら「中身」はどうでもいい、の典型ですね。
アンタ、「中身」はガノタやろ。
いやス○ーカー??

「俺に触れるな」

ストー○ーを退けた刹那くん。

セリフだけだとかなりあやしいです。

「俺に触れるな」←このセリフは、そりゃもうイケナイ想像するお姉さん方が喜びそうです。

ガンダムマイスターの中では、子ども扱いされている刹那・F・セイエイくん。
子どもには「ミルク」の発想は、ロックオン兄貴、ちょっと発想がオッサンです。
16歳の刹那から見たら、24歳は完全オッサン扱いでしょう。

ユニオンじゃ、ガノタ2名をよりにもよって「対ガンダム調査隊」に!!

予算的にヤバイな~。ヲタクは己の充実度を満足させるために、「金」を湯水のように使うものです。

ユニオン軍部はあの2人によって赤字に追い込まれるでしょう。

倉庫にガンプラの山・・・・。

王留美お嬢さまは優雅に3rdミッションのお話をホテルの最上階で。

このお嬢はプライベートジェットぐらい持っていそうですな。

てなわけで3rdミッションは「南アフリカ内戦への干渉」と「セイロン島の内戦へ再度干渉」と「なんだっけ?」でした。

あいかわらずエクシアはい~いキレ味です。サクっとね。

エクシアにかかるとMSは大根のようになりますね。

セルゲイ中佐が気になりますな~。

「俺に触れるな」

なんか、刹那くんにはピーーーーーーーっなトラウマでも・・・?

触られるのがイヤなのは「対男」だけなんでしょうか?

腐女子、みんな同じこと考えたはず。

で、刹那の潜入先は日本?

沙慈・クロスロードくんのお隣??←アホな!!

沙慈くんは、わがまま彼女(でも可愛い)に振り回されっぱなしな、普通の子なので、これ以上、何かに巻き込まれてほしくないな~。

隣の部屋にテロリスト・・・・・イヤだろ。

北アイルランドの紛争が凍結。

ソレスタルビーイングは確実に世界に干渉しているのですな。

次回は「対外折衝」

政治とは彩り変わる万華鏡。

アムロ、どんどんポエマーになっていきます。

いまんところ、作画の乱れはありませんな。

今回の作監は大貫氏。

大貫氏は以前、高河ゆんさんの「アーシアン」をやっていて、ゆんさんのキャラとは相性いいはずですね。

作画クオリティは落とさずに行って欲しいものです。


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

「萌え」がこねぇっ!!こねえんだよっ!!←腐女子として己のアイデンティティを見失いそうにっ!!!


posted by くみ at 20:34| 静岡 ☔| Comment(6) | TrackBack(2) | アニメ(機動戦士ガンダム00) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワタシもガンダム調査隊に志願したい・・・
きっとグラハム中尉とは仲良くなれるはず。
そういうワタシは蟹座のガノタ。
ナレーションの古谷さんの声がタキ○ード仮面のように聞こえてきました。
アムロにポエムは似合いませんもの。
Posted by ガノタ夫 at 2007年10月29日 19:18
刹那クン、人気者ですね~。
刹那をめぐって色んなイミで怖いお兄さん達が
戦いを始めそうな気もしますが・・・
「アイツは・・・オレの獲物だ!」
みたいな(爆)

ソレスタルビーイングは、
あえて悪者になり、人類が反ソレスタルビーイングで協調するコトを
目指しているようにも感じられましたが・・・
ユーパンドラに恐怖政治を布かせたアマテラス的
考えなんですかね~。
Posted by 元康 at 2007年10月29日 21:19
>「ガンダムにメロメロな蟹座のロマンチスト」オットさま

オットさまの場合「調査対象」があの4機だけでなくなりそうな気がいたしますが・・・。

エクシアを心から素晴らしい!!と思えるのならグラハム中尉と仲良くなれますね!

>タキシード仮面

ああ!そうです!!
政治が万華鏡かよ!と突っ込みいれたくなりました。

でもアムロのナレーションは良いですね!!

Posted by くみ at 2007年10月31日 11:54
>元康さん

>「あいつは俺の獲物だ!」

身の程をわきまえない、パトリック・コーラサワーくんは間違いなくそう思っているでしょうね~。

刹那からすれば

「あれ?なんか蚊トンボがいる」

みたいな感じでしょうけど。

グラハム注意、じゃなくて中尉には、身の危険をかんじているようでしたね、刹那くん。

まだ16歳なんだから、いろいろしたら犯罪になりますね。

ソレスタルビーイングがあれだけの武力・ネットワークを持っているのは後にかなりの企業と有力者がいるからだと思います。

その支援者たちの思惑は一つとは限らないんではないでしょうか?
Posted by くみ at 2007年10月31日 12:00
ヒイロはゼクスだけの相手をしていればOKでしたが・・・
刹那は忙しいですね~。
「この、蚊とんぼが・・」
とか言い始めたら、パプティマス様みたいで凄いですw

>支援者たちの思惑は一つとは限らない

なかなか深い考察ですね。
だとすると・・・支援者達の思惑によって、ガンダム同士が
戦う可能性も!?
Posted by 元康 at 2007年10月31日 19:05
>元康さん

>ヒイロ

ヒイロさんの一番の大敵は変態仮面ゼクスじゃなくって、その妹のリリーナ・様・ピースクラフトだったですよ・・・。
トレーズもちょっと危なかったし。

ヒイロさん、とか言ってますが、当時のわたしは「ヒイロちゃんvv」と呼んでました・・・・アホウ・・・。

ヒイロ・ユイ

我が梢を鳴らす一陣の風・・・・。

あ、すいません。ついトリップ。

>支援者たちの思惑

それはどうでしょう?
ガンダムマイスターたちは「自分の考え」で行動し戦っているのではなく、戦術予報士・スメラギ・李・ノリエガの戦術によって戦っているので。
スメラギさんの作戦ならば戦うこともあるでしょう。
支援者たちがマイスター個人を動かすことは不可能でしょう。

マイスターは、ロックオンはどうみてもユニオン出身だし、刹那は中東、アレルヤは人革連と出身もバラバラです。
どう考えても、各国首脳部とソレスタルビーイングの支援者は地下でつながっているような気がします。


Posted by くみ at 2007年10月31日 20:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム00 第4話「対外折衝」
Excerpt: ”たとえ利用されると分かっていても、わたしたちは動く――” 軌道エレベータ近くにある南米タリビアが、ユニオンに脱退を宣言。 それは、ソレスタルビーイングの介入を利用する作戦行動だった。 戦争根絶..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-10-27 23:49

レビュー・評価:機動戦士ガンダム00/第3話「変わる世界」
Excerpt: 品質評価 14 / 萌え評価 20 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 15 / シリアス評価 17 / お色気評価 7 / 総合評価 16<br>レビュー数 202 件 <br> <br> 第3話「変わる世界」のレビューです..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-30 19:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。