2007年10月06日

“犯人に告ぐ”

雫井脩介著「犯人に告ぐ」です。

映画「犯人に告ぐ」は、10月27日(土)より全国順次ロードショー。

主演は豊川悦司氏です。

ブログパーツも貼ってみる。


幼い男児ばかりが誘拐され殺される事件が多発した川崎市。

なかなか解決の糸口をつかめない神奈川県警はついに、テレビでの「情報提供」を呼びかけることとなる。

無差別連続殺人・劇場型犯罪に対抗するのは「劇場型捜査」

ニュース番組に生出演する警視に選ばれたのは

巻島史彦。

彼は6年前、神奈川県警において、致命的なミスを犯し、マスコミに叩かれ、閑職に追いやられていた。

すべてをかけて、彼はテレビから犯人に呼びかける。

「犯人に告ぐ、今夜は震えて眠れ」

【文庫版】「犯人に告ぐ」↓。


2004年週刊文春ミステリーベストテン第1位。
2005年大藪春彦賞受賞。

主人公の巻島史彦は51歳。

肩まで髪を伸ばした異色の警視。

視聴者からの非難の声。
被害者の家族たちの不満の声。

それらを一身に背負い、彼は、この事件にかける。

その裏で、私情を挟み、事件解決を妨害する身内あり。

あえて悪役をかぶり、彼が最後の呼びかけをする。

果たして犯人は!?

そして巻島に降りかかる事故!!

とてもボリュームのある作品です。

送られてくる膨大な文書のなかに、犯人のものと思われる文書がひとつだけある。

それをもとにして、またテレビから呼びかける。

ミステリーが苦手なわたしにも、すんなりと読めました。

テンポがいいというんでしょうか?

テレビで犯人への呼びかけ、とか「映画化」には向いているんじゃないかな?思います。

豊川悦司さん、おいくつでしたっけ?
51歳で、孫のいる役なんですよ。


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ





ラベル:
posted by くみ at 17:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(文芸・評論) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

犯人に告ぐ
Excerpt: 雫井脩介 著
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-11-08 11:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。