2007年09月25日

“シェイクスピアを楽しむために”

阿刀田高著「シェイクスピアを楽しむために」です。

シェイクスピアの作品の舞台を見たことがありません。

TVで放映していた「ハムレット」は見ました。

戯曲そのものを読んだことがあるのは「オセロー」だけ。

「ロミオとジュリエット」はなんとなくストーリーがわかるだけ。
ウェストサイド物語は見たことがあります。
あと「ガラスの仮面」で姫川亜弓さまがひとり芝居をやった!!

「真夏の夜の夢」のストーリーは知ってますが、何故知っているか?というと「ガラスの仮面」でマヤが妖精パックをやったから。

「リア王」もなんとなくわかりますが・・・黒澤明監督の「乱」の原作(?)ですよね・・・。

「ウィンザーの陽気な女房たち」は音楽は知っていましたが、シェイクスピアの作品だとは知りませんでした。



この本は以前に記事にした「私のギリシャ神話」「コーランを知っていますか」と同じシリーズです。

シェイクスピアの生きた時代の解説にはじまり、彼の戯曲37篇の中からから有名なもの11篇を選び、わかりやすく紹介してあります。

その11篇は「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「オセロー」「真夏の夜の夢」「ベニスの商人」「ジュリアス・シーザー」「ヘンリー四世」「ウィンザーの陽気な女房たち」「リチャード三世」「マクベス」「リア王」です。

シェイクスピアの作品は「かけ言葉」や「駄洒落」が多く含まれており、翻訳が極度にむずかしい、とのこと。

英語が出来ても駄目なのね。
読んでわかる程度では韻文など無理らしいのです。
「かけ言葉」や「駄洒落」。
ってわたしは英語はもともと赤点レベルですが。

ゲームの「オセロ」は「オセロー」からつけたらしいですよ。
ツクダオリジナルが。
黒人将軍「オセロー」と、その妻、白人女性「デスデモーナ」の波乱万丈な物語に因んでいるそうです。
って「オセロー」って黒人だったのか・・・読んだことあるのに、知らなかった・・・・。

「ヘンリー四世」には悪な騎士、デブで好色、酒好きで口は達者、腕はまぁそこそこ出来る男・ジョン・フォールスタッフという登場人物が出てくるらしいのですが、その人物が当時「大人気」だったらしく、
エリザベス一世女王から「もう一度フォールスタッフを登場させて欲しい」とお言葉があり、書かれたのが「ウィンザーの陽気な女房たち」だとか。

シェイクスピアはつじつまを合わせるよりも面白さを優先したらしいです。

流行劇作家だから。

それにしても、言葉の壁は大きいです。

ま、でもこの本は難しくない、大まかな内容が紹介されています。

最近、阿刀田氏のこのシリーズを再読中です。



参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル: 評論
posted by くみ at 08:15| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書(文芸・評論) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメントで失礼いたします。
ブログを拝見させていただきまして、是非とも協力をして
いただきたくコメントという形で、ご連絡をいたしました。
当サイトは「ブログで繋がるコミュニケーション」をテーマに
参加していただくブロガーの皆様を幅広く募集をしています。
ランキングを楽しんだり、さまざまなブログを拝見したり、
ブログを持っている方々のコミュニケーションの、
一つの引き出しとして、その場を提供したいと考えています。
当サイトの検索バーの横にブログの登録フォームがあります。
お手数をおかけいたしますが、ご賛同いただいて、ブログの登録を
御願いできれば幸いでございます。
是非、御願いします。こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
なお、こちらのミスで謝って、再度、ご連絡をした場合。
また、全く興味のない方は削除されてください。
Posted by magazinn55 at 2007年09月26日 09:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。