2007年09月16日

風林火山「母の遺言」

風林火山「母の遺言」

「由布姫のことじゃ」

とお北さまに呼びつけられた勘助。

え~、最初のわずかな時間を見逃しました。

「どうか無益な諍いなど起きぬよう、そなたがよくよく見守って欲しい。頼みます」

と、よりにもよって勘助に頼むお北さま。

晴信はよき父にはなれない、と。

母としてはそれだけが気がかりだ、と勘助に言います。

勘助としては複雑だったでしょうね~。

自分が考えてしまっていることを見透かされているような気がしたでしょう。

ところで今回のタイトル「母の遺言」

どうも昨年もあったような?と思ったら、ブログって便利ですね~。

昨年の功名が辻の「母の遺言」は8月20日に放映してましたです。

さて、今川は義元の姫を武田家ご嫡男・太郎さまに嫁にくれることを承知しました。

そんなわけで、このことを北条にも伝えておかねばならない。

勘助、北条へお使いです。

勘助によると、いまや甲斐にとっては北条は今川より脅威、とのこと。

天文21年。

北条氏康は、関東管領上杉憲政を上州平井城に追い詰めていた。


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ

氏康は

義を守りての滅亡と、義を捨てての栄華とは、天地格別にて候

と、先代氏綱の訓戒を嫡男・新九郎(早乙女太一!)に教えています。←そうか、北条家は大衆演劇でくるか。

長野業政は上杉憲政に、長尾景虎を頼るように進言します。

長野さんは四方敵だらけの上州に残る、と言います。

「長野、そちにはこれまで苦労をかけた。すまぬ」

さすがのバカ殿も誰が忠臣か、気がついたようです。

ここで家老の妻鹿田が、憲政と嫡男・竜若丸と二人が同行して、二人ともとらわれたりすることがあっては、上杉家が途絶えてしまう、と言います。

竜若丸は妻鹿田たちと一緒に上州に残ることとなりました。

真田さん家では、みんなで葉月の報告を聞いていました。

上州に居たときにお世話になった長野さんを心配しています。

そして、真田さん家には、また相木さんがいます。

相木さんは真田さん家の居候のように見えてしまいます。

躑躅ヶ先の館ではお北さまと三条夫人が語り合っていました。

嫁と姑の仲は大変良好だったようです。

今は何もなく平穏だと語るお北さま。

三条夫人にもそのようなときが訪れるから、それまでの苦労は修行だと思えばよい、と話します。

これ、深いですな。

これから先、三条夫人には、お北さまと同様、いやそれ以上の苦悩が・・・。

上杉憲政は越後に着いてました。

景虎は、やはり憲政を厚遇します。

すぐに北条を討つために出陣してくれ、という憲政に、景虎は何ゆえご自分が上州へ残らなかったか?と言います。

憲政の嫡男・竜若丸はすでにこの世にはいなかったのでした。

越後の軒猿、めちゃくちゃ優秀です。

竜若丸は、妻鹿田たちの裏切りによって小田原の北条に引き渡されていたのでした。

氏康は竜若丸の目を見て、まだ戦う目をしている、と言います。

竜若丸の縄を切り、自分の刀を与え、自分と斬りあうように言います。

竜若丸は氏康に一太刀浴びせますが、氏康に斬られ、命を落としました。

見事な最期に、氏康は我が子・新九郎に

「これぞまことの武士じゃ」

と、教え、竜若丸の無念を晴らすため、妻鹿田たちの首をはねました。

そういえばこの場に勘助がいました。

と、いう以上の場面は実は宇佐美の説明でした。

あのバカ殿に、よくぞこんな大した息子がいたものです。

父として、氏康と憲政の対比が描かれていました。

景虎は

「北条はこの景虎が、いずれ成敗つかまつる」

と宣言しました。

甲斐では、太郎と義元の姫との婚約が成立です。

三条夫人は喜んでいますが、飯富はちと思うところがありそうです。

やはり、いずれ今川と戦うとなると・・・ってことでしょう。

今川と盟約を結んだら、今度は北条との盟約。

勘助は、晴信の姫を北条の新九郎の嫁にやれ!と晴信に進言です。

フグは北条とのことは母・お北さまに言うな、と勘助に言います。

お北さまはもう長くは持たず、最後だけは心安らかでいて欲しいと、晴信。

しかし、その母の見た幻は、将来、太郎と晴信が対立する様。

お北さまは、晴信が父にした報いを受けることを最後まで心配して亡くなりました。

天文21年5月7日でした。

フグは最後まで母上に心配をかけていました。

今日はわりと地味な展開でしたね。

しかし、武田・北条・長尾・上杉と登場人物だけは多かったです。

それにしても今日の勘助は妙に芝居がかったような・・・老けただけか??


「風林火山」にちょっとだけ関係のある本の記事の一覧です↓。

“姫の戦国”←寿桂尼さまがなぜ「女戦国大名」と言われるようになったか?

“皇女・三条華子-武田信玄夫人”←三条夫人は実は「後奈良天皇の皇女」であったという説をもとにした小説。

“武田家滅亡”←戦国最強軍団はなぜ崩壊したか?

“戦国幻野”←義元(と雪斎)を主人公にした、伝奇小説。勘助、びっくりな設定で登場!


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル:風林火山 ドラマ
posted by くみ at 22:13| 静岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(17) | NHK大河「風林火山」(07年) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
思わず、去年の「功名が辻」の「母の遺言」の感想をくみさんのも私のも読み直してしまいました。
懐かしかったです。確かにブログって便利です♪
>今日はわりと地味な展開でしたね。

地味ながら、なかなか面白く見応え感じたのは、竜若丸の悲劇と大井夫人の悪夢の中のフグ様のお顔だったかも知れません・・・(笑)
Posted by kiriy at 2007年09月17日 01:54
>kiriyさん

>「功名が辻」

昨年のわたしは「知識垂れ流し」状態でした。
お恥ずかしいです。
昨年はツッコミをいれる箇所がいくつもあったのですが、今年はマニアックに見ないとなかなかツッコミ場面がないですね~。

竜若丸は惜しい若者を失くした、という感じでした。
憲政の子にしては立派すぎます。

母上に最後まで悪夢を見せて、フグは本当に親不孝です。
実際は、フグと太郎の諍いは、今年の最終回の「後」ですよね。
最終回ってどう描かれるのかなぁ?と思います。

Posted by くみ at 2007年09月17日 20:07
こんばんは。
今週は確かに地味でしたね。勘助出番ないし。

御北様がフグはよい父親にはなれない、と悟っていた事に
やっぱりというかなんというか…だって魚類だものね。

フグが画面に登場するたびに、旭山で見たカピ様が頭をよぎりました。
Posted by もちきち at 2007年09月17日 22:27
もちきちさん

>カピ様

もちきちさんのお宅で上げられてた「カピ様」
似てますね!!!
爆笑でした。

晴信は「魚類」なんでしょうか?哺乳類なんでしょうか?

晴信を一番最初に「フグ」と称したのはもちきちさんですよね?

そういえばお北さまが「ミュウ」でしたね。
武田家はミュウばかり・・・。
Posted by くみ at 2007年09月17日 23:14
お北様といい飯富といい、前回の小山田もそうですが・・・
勘助の悪巧みはけっこうバレバレなようで^^;;

お北様に諭されたことで、由布姫と共に無益な諍いを起こすのを
思いとどまっていれば・・・
Posted by 元康 at 2007年09月18日 20:46
>元康さん

由布姫は・・・もうすぐピーーっなので、悪巧みには積極的になれんでしょう。

勘助は・・・四郎さまの傅役でもないのに。

このままでは武田家滅亡の原因が勘助になってしまいますね~。
Posted by くみ at 2007年09月18日 21:29
>武田家滅亡の原因が勘助

そうなんですよね・・・その辺りをどうまとめて終わるのかが
気になります^^;;

ところで、「姫の戦国」読みました!
くみさんの仰るように、正統派の今川家の話で面白かったです^^
大河の寿桂尼の藤村さんのイメージが強いので、
初めの方の若い姫時代が思い浮かべられなくて難儀しましたが(笑)
Posted by 元康 at 2007年09月19日 20:57
>元康さん

三国同盟は「盟約」であって「諜略」ではないのに・・・とフクザツです。

>「姫の戦国」

お読みになられましたか!!
面白いですよね。
今川家のことをここまで詳しく書いた小説は他にないですね~。

若い寿桂尼さま・・・わたしは池脇・三条夫人より、かなりくだけた感じで想像しました。
Posted by くみ at 2007年09月19日 22:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

風林火山
Excerpt: 第37回/母の遺言 ―あらすじ―自らの死期を悟った大井夫人(風吹ジュン)は初めて勘助(内野聖陽)を呼びつけ、晴信(市川亀治郎)の行く末を託す。 同じ頃、関東管領・上杉憲政(市川左團次)は新興の北条氏..
Weblog: のたまふ
Tracked: 2007-09-16 22:27

風林火山~第37回・大井夫人の夢!
Excerpt: 風林火山ですが大井夫人(風吹ジュン)と山本勘助(内野聖陽)が初対面します。大井夫人は以前「勘助などどうでもよい」など言ってましたが、今までご機嫌伺いにも来なかった家臣に結構親切です。武田の今後を頼む一..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-09-16 22:29

風林火山.37/母の遺言!
Excerpt: みなさん、こんばんは。先週「小山田さま」がお死んでしまったことで、さぞやワタシが気落ちしてるだろうと、心配してくださった方々・・・ありがとうございます。 結構前から知っていたことなので、それほどで..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2007-09-16 22:36

風林火山37大井夫人も霊能者だったとは!!
Excerpt: 今日は静かなと云うか、子供を想う親の情感あふれたしみじみした回でした。 と言うより、どちらか云うと「玄人ウケ」する奥の深いストーリのようです。玄人視聴者ではないワタシとしては でもそんなの関係..
Weblog: ぱるぷんて海の家
Tracked: 2007-09-16 22:37

[大河ドラマ]風林火山 - 「母の遺言」
Excerpt: 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ 小山田ショックから1週間が過ぎました先週の勘助-御北様の初対面シーンからスタートです御北様は側室コレクターと化している晴..
Weblog: Hiro's - Blog
Tracked: 2007-09-17 01:30

「風林火山ー母の遺言」
Excerpt:  ドラマの展開としては三国同盟前夜辺りと言う所なのだが、私は上杉竜若丸の悲劇で、頭が一杯になってしまった。  関東管領の上杉憲政は、北条に追い詰められ越後に景虎を頼って逃れるが、妻鹿田新助の進言に従..
Weblog: 森の中の一本の木
Tracked: 2007-09-17 01:55

風林火山と銃規制!!
Excerpt: いよいよ追い詰められた関東管領上杉憲政、ついに長尾景虎を頼る 事を決断しましたね{/face_naki/} もう少しで、上杉謙信の誕生です{/panda_2/} それにしても関東管領上杉憲政{/nam..
Weblog: 函館 Glass Life
Tracked: 2007-09-17 05:25

「風林火山」レビュー
Excerpt: NHK大河ドラマ 「風林火山」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:内野聖陽、市川亀治郎、Gackt(ガクト)、柴本幸、池脇千鶴、千葉真一、浅田美代子、金田明夫、竜雷太、佐々木..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-09-17 05:45

風林火山(9月16日)
Excerpt: 武田家でのお話はあんまりなく、北条と上杉がメインのお話。
Weblog: 今日感
Tracked: 2007-09-17 08:53

大河ドラマ 「風林火山」 母の遺言
Excerpt: 珍しく来客があり、 リアルタイムで見ていたのですが、 更新しながらということはできなかったので、 遅くなりました。 感想をまとめて・・・。
Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
Tracked: 2007-09-17 10:26

★風林火山37・・あとは頼むよ。。
Excerpt: 今日の風林火山。。ついに大井夫人も。。今週のあらすじ 第37回「母の遺言」大井夫人。。遺言しまくり~~~。。死んじゃうんだね。。やっぱり。。先週も由布姫にに遺言っぽいこと言ってたし。。今日は勘助に。。..
Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・
Tracked: 2007-09-17 13:48

NHK大河ドラマ 風林火山 第37回 「母の遺言」
Excerpt:  大井夫人、逝去。かなりリアルな夢を遺して。
Weblog: でりら日記
Tracked: 2007-09-17 22:19

「風林火山」第37話。今週は短めです。
Excerpt: 3連休の最終日、北の大地からようやく戻ってまいりました。滞在中は 雨にやられて困りましたが、それでも結構楽しかったです。
Weblog: Creme Tangerine
Tracked: 2007-09-17 22:23

「風林火山」第37話感想。
Excerpt: 大井夫人、どこまでも母でしたねこの人は。 このドラマ唯一の心の拠り所を失って(自分が)非常に悲しいです。 だって女性陣みんなどっか怖いんですもの。 それにしても、大井夫人、 母親よりもおばあちゃんに欲..
Weblog: ヘタレの戯言~ひとりよがり風味~
Tracked: 2007-09-18 00:51

今週の「風林火山」 其の三十七
Excerpt: 第37回  「母の遺言」 自らの死期を悟った大井夫人は初めて勘助と対面。 「由布姫と四郎は甲斐と諏訪との絆の象徴。  無益な諍いを起こさぬよう、そなたが見守っておくれ」 ..
Weblog: 松平の野望 ~天下創世記~
Tracked: 2007-09-18 20:04

大河ドラマ 風林火山 第37話「母の遺言」
Excerpt: 「春は花 秋は紅葉のいろいろも 日数つもりて 散らばそのまま」 お北様、身罷られた… でも個人的にはGUYS総監が不義なる逆臣として討たれたほうが気になったよぉーッ!! さこっち、探偵学..
Weblog: 特撮警備隊3バるカんベース
Tracked: 2007-09-19 01:50

「風林火山」第37回。
Excerpt: 今週は「大井夫人、逝去す」と「関東管領・上杉家の悲劇」の二本立てでした。どちらもしんみりとした話でしたが、中でも晴信の胡桃回しのシーンは衝撃的だったなあ……。(←そっちかい。)
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2007-09-20 22:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。