2007年08月29日

“旅のコーフン”

K.m.p.・ムラマツエリコ・なかがわみどり著「旅のコーフン」です。

k.m.pとは

金(k.)もーけ(m.)プロジェクト(p.)の略。

ムラマツエリコさんとなかがわみどりさんの「スキなコト」でおシゴトをつくって生きていこー、というユニットです。

ここ何日か、小説(というか活字)がちーーーっとも頭に入らないので、エッセイばかり読んでます。←先週あたりの反動だろか?

本読むくらいしかやることないんで(苦笑)。
だけど、いまはこう「ドロドロっとしたもの」「救いのないもの」とか、精神上ヨロシクないので、読む本の範囲は狭まってしまいます。

あ、部屋の掃除はしてマス。←部屋の乱れはココロの乱れ。

この本は4コママンガの部分が多い、イラストエッセイですね。

この本はふたり旅の、ちいさな出来事を拾って書いた本だそうです。



ふたりの旅は完全に「フリー」な旅。

予約するのは往復のチケットだけ、という「自分たちだけの旅」

ああ、こういう行動力のないわたしは、この本読んで、精力吸い取られるかも・・・と思いましたが、あまりにも自分とかけ離れているのでまったく平気でした。

わたしの行動範囲はせいぜい国内。
観光目的などはなく、ライブ目的(ついでに買い物)、というオッソロシーほどのヒッキーですから。
そのライブさえ一年ほど前以来行ってない・・・・。

そういえば、この前、パスポートの期限切れているのに気がつきました。
ま、いいか。海外行く予定ないしな。金もないし。

このおふたりの旅は結構過酷です。

本の表紙に

トイレに扉さえあれば人にススメられる。

ハエさえいなけでば人にススメられる。

毎朝、くつの中にゴキブリ。←おはよー、というゴキのイラストつき。

って書いてあるんですよ。

すげ。

ヨーロッパならまだしも、エジプト2ヵ月とかモロッコとか中国雲南省とか、フリーで現地で宿調達って・・・。

でもアクシデント含めて、いいことも悪いことも含めて、「旅のコーフン」なんだって。

で、その「コーフン」を味わいたくて、また旅に出る。

その気持ちはなんとなく、わかる・・・ような気がする。

うお!あとがきに

「体調の良いときに小分けして読むことを、おすすめいたします」

って書いてあるよ。

平気なわたしは、結構、いいのか?

体調??


参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ


ラベル: エッセイ
posted by くみ at 20:11| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(コミックエッセイ)(k.m.p.) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国境で丸裸にされて、検閲官にコーフンされたことのある
ワタクシです。

旅で「上」「下」があわない所は
男のボクでもイヤですから、女性2人旅はさぞかし…

次期オリンピック開催地へ行くのはいまだはためらうな…

フルオープンのトイレは、ある意味「する側」よりも
「見る側」の方が照れますね。いや、別に見ないですけど。
Posted by zep at 2007年08月30日 09:34
>裸族zepさま

こんにちは。
自宅待機腐女子です。
根に持っているわけではありません。
なるほど!うまいこと言う!!と、
カンシンしてしまったのです。

裸族にふさわしいケイケンをお持ちなのですね。
それってどこの国境ですか??
なんか、東南アジアっぽいですね。
アラブ圏は検閲が甘いってこの本に書いてありました。

zepさまはお若い頃『は』、若さゆえの過ちが多そうですね~。

次期オリンピック開催地には、いま、妹旦那氏が出張中です。
っつか妹旦那氏は毎月、出張です。
まだ、健康になんら支障は出てないみたいです。
現地の屋台でメシ食ってもゲ○しない身体になったらしいデス。

次期オリンピック開催地ですが、はっきり言って、世界各地の人々が集まるのにはどうでしょうね?

そういう意味でオリンピック楽しみデス。
Posted by くみ at 2007年08月30日 16:28
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。