2007年08月19日

一週間遅れ放映地域であることが、ひたすら憎い!な「地球へ・・・」感想。“それぞれの場所”

地球へ・・・「それぞれの場所」

今日は、気温が低くてよかったですね。

とくに「有明」に行った方々。

わたしは家で「銀蛮本」(本命)が届くのを待っていました。

帰りに友人が家によって届けてくれました。

友よ、ありがとう。

そんな「自分が買った本(サンゾロ・カカイル)を早く家に帰って読みたくてたまらない」友人をつかまえて、「ブルー×フィシス」(ノーマルに萌)とか「キース×フィシス」(禁忌萌)とか「キース×マツカ」(ホ○萌)とかについて、ちと熱く語ってしまいました。

ごめん、友よ。

さて、「それぞれの場所」は19話。

あいかわらず、一週間遅れの放映の静岡。

でも、公式サイトの先行カットはもう20話。

マツカとセルジュの会話シーン

超 見 た い !!!!


何?コレ?焦らしプレイなの???

じゃなくて「それぞれの場所」ね。

ジョミーとキース。

すべてが始まった場所に、と言ったジョミー。

すべてを終わらせる、と言ったキース。

対照的でした。

アルテメシアが陥落したというのに、キースはE-1077へ。

マツカ「大佐、何故こんなところに?」

キース「レクイエムを捧げにな」



参加中です↓。よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
レクイエム・・・・・・・。

笑っちゃいけないところで吹き出してしまったよ。

キース、ポエマーです。

マツカ、心の中で

“このおっさん、何言ってんだよ”

とか思っているといいよ。

年の差カップルだからな!!!!

トォニイのフィシス糾弾、きましたね・・・・。

でも、あれね。もともとはフィシスのせいじゃないよ。

幼児のお前(トオニィ)が早まって、キース殺しに失敗したせいじゃ!!!

フィシスが“人間”という原作設定がきましたね。

大体、ソルジャー・ブルーは、ジョミーには

「記憶を手放すな!!」

と言っておいて、フィシスの記憶は消しているんだから、爺、矛盾しております。

ただの人間のフィシスに自分の力を与え、ユニヴァーサルにミュウだと判断させて、処分される日に連れ出した。

と理解してよろしいんでしょうか?

爺、やはり、あの美貌とカリスマがなければ、少女に癒しを求めた変態だな。

ま、フィシスは盲目だったから、結局は処分の道をたどったと思うけど。

あとは、多くのフィシスたち(綾波・・・)から、何故彼女を??ってところが謎。

トオニィはアルフレートに「一人の時には怪我に気をつけな、おじさん」などとヤンキー振りを発揮です。

その後は、ナスカっ子たちとの訓練で八つ当たりですか?

さすが、中身は幼児!!

トオニィ「僕は、あなたのために生きてるんだー!!!」

マツカがトオニィと互角に戦えたのは、マツカは正式な軍事訓練を受けていたからじゃないか?ちょっと思った。

ミュウがやってきたというのに、アルテメシアでは人々が普通に暮らしています。

これ、竹宮大先生が監督に言った「一般人の感覚の鈍さ」ですよね。

そうそう、ジョミーは青の間のベッドに座っているし、スウェナもそこにいましたが、あれは

ジョミーはそこんとこ、何も考えてない。

に違いない、ということにしときます。

12年前にジョミーが人間に送ったメッセージは「精神波攻撃」だと・・・ミュウは行き当たりばったりが多すぎるからな。

精神汚染されたものたちは処分・・・って、キースとサム以外は後で殺された!?え??

スウェナから、キースとサムが親友だったと聞いたジョミー。

一瞬だけ表情が曇った。

地球への座標がわからない、ってことでテラズナンバー5の場所にジョミーは心当たりがあるってことで

ジョミ「僕の生まれた場所に!!」

一方、ポエマー・キースはマザーイライザとご対面。

フロア001へ。

その頃、フィシスにはブルーとの記憶がよみがえってこようとしていた。

ブルー「手を重ねて、僕の女神」

しかし、それ以上を思い出すのをフィシスは拒否してしまう。

ま、大目に見てやってください。←わたしはフィシス一番贔屓。

ジョミーはスウェナと何故か普通の車に同乗。

ものすごい違和感。

スウェナは自分の娘だった子と、現在の養父母に会っていくようにすすめる、が、ジョミーは拒否。

ジョミ「ありがとう、スウェナ」

と言ったところを見ると、自分のママパパだとわかっているよな?

トオニィが不満を漏らすのに

ジョミ「彼女と一緒にこの街で育った」

ジョミ「トオニィ、僕たちは人間だ」

さて、ついに例の場所を見てしまったキース。

綾波 レイっ !!??

などと動揺などはしておりません。

フィシスとキースがたくさん綾波状態でした。

マザーイライザは言う。

まったくの無から生まれた完全なる生命体、だと。

ちょっと待て。

フィシスとキースの

母子設定、無しかよっむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

いや、わたしは、まだ可能性は有ると信じるわ!!!

わたしの禁忌萌どうしてくれるんだ!!!←・・・。

サムやスウェナやシロエと出合ったのも、すべてプログラムだったと聞かされるキース。

キースは理想だと。

キース「理想?わたしが?こんなものが?」

ここですべてを終わらせる。

キースはマザーイライザごとE-1077を破壊した。

シロエのピーターパンの本は置いて。

あれはシロエの部屋か?

一方のジョミーは

ここからすべてが始まった。

テラズナンバー5のもとへ。

ってあの場所ね。

ジョミーの前に現れるブルー。

ジョミ「なめるなよ!本物のブルーの力はこんなものじゃないっ!!」

えっとテラズナンバー5、あっさりやっちゃいました。

サムとの思い出の品を置いていく(っつか捨ててく)ジョミー。

ジョミ「行こう!!道は開かれた!!」

一方のキースは大マザーと謁見していた。

すべては大マザーの指示だった。

思いは本物だった。

これはジョミーもキースも同じだ。

アタラクシアでサムやスウェナやママパパと過ごした日々の思い出、その時の思いは本物だった。

そういった記憶を奪ったテラズナンバー5、そしてSD体制に戦いを挑んだジョミー。

ステーションで、マザーイライザのプログラムとはいえ、サムやスウェナとの友情は確かに本物だった。
シロエに手をあげたときの感情も。

その思いを、ステーションごと捨てたのがキースか?

そして、最後に捨てきれないのがキースか?

と考えながらも次回のマツカとセルジュの会話が気になって仕方ない。

ああああああ~、来週は放映無しかよ!!!


参加中です↓。哀れな女に励まし、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ




posted by くみ at 01:04| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | アニメ(地球へ・・・) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

地球(テラ)へ… section19 「それぞれの場所」
Excerpt: ソ\ルジャー・ブルーに過去の記憶を消されたのに再び過去を思い出しているフィシス。トォニィは、ナスカの出来事をフィシスのせいにしている。しかし、あれはフィシスが原因では、ないでしょ。それは、八つ当たりで..
Weblog: ゼロから
Tracked: 2007-08-19 21:33

「地球へ…」レビュー2
Excerpt: アニメ「地球へ…(テラへ…)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):ジョミー・マーキス・シン(斎賀みつき)、ソルジャー・ブルー(杉田智和)、キース・アニアン..
Weblog: アニメレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-08-20 18:16

レビュー・評価:地球へ……/section19 : それぞれの場所
Excerpt: 品質評価 32 / 萌え評価 15 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 31 / お色気評価 6 / 総合評価 16<br>レビュー数 164 件 <br> <br> スウェナと再会したジョミー。現体制の..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-20 23:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。