2007年07月17日

一週間遅れ放映地域の更に遅れた「地球へ・・・」感想。“同じ記憶”

地球へ・・・「同じ記憶」。

そんなわけで(←・・・)、わたしはブルー×フィシスなんですけれど、原作だとブルーはアニメの4話辺りで亡くなってしまわれているのですよ。

で、ブルー亡き後、ひっそりと暮らしているフィシスの前に現れるのがキース・アニアン。

ということでわたしは

キース×フィシス

でもあるんですね~~。

おいおいおい、この二人は○○やろ!!とか、禁忌な関係ではあるのですが、ま、仕方ないじゃーん!!ってことで。

二人が惹かれる、というか意識し合う仲なのは『当然』なのでね。

すべての男は○○コンなんだろ!?

新OP

高橋瞳ちゃんの曲は思ったより良かった。
映像も良かった。
でもアニメは動いてこそアニメなので、あの映像でもっと動かして欲しかった。

スタッフのギリギリさがちょと悲しい。

ジョミーのアップ←特に感慨はない(←こらぁあっ!!)

キースアップ。やだこの人、ピアスいじってる。ちょっとこのキースは本気でアスランって人に似ている。

ジョミーを引きとめるようにブルー。

キースを引きとめるようにフィシス。

誇大妄想を激しくすると、ブルーはジョミーに、フィシスはキースに“ひとりじゃない”と伝えているのか?と。

ブルーはジョミーの精神の父的存在であり、フィシスはキースのピーーーーーーーーー!である。

↑このネタはまだ伏せねばいけないことなのだろうか・・・・??

原作曰く“蝶の変態”トオニィ。これにはびっくりした!!

キース、コーヒー、マツカ。ちょっとこれはかなり最終回近くを想像し悲しくなった。

アルテラ、アップ。すごい美人でびっくり!!

何故脱ぐキース。

すれ違うジョミーとキースの手。ああ、こんな感じよね。二人の関係。

補聴器を外したブルー(泣)

ブルーの補聴器をつけたジョミー。

見つめる地球。

そんなわけで「同じ記憶」

ミュウたちはキースの心理探査を続けるが何の情報も得られない。

キースの処分、待遇等をめぐって、ミュウたちの中で意見が別れている。

ジョミーはあることを思いつき、キースの心理探査をやめるように命ずる。




参加中です↓。
人気blogランキングへ
フィシスはキースの記憶の中の映像に惹かれるように、もう一度キースとの接触を試みる。

ガラス越しに二人の手が重なり、同じ記憶と映像が流れ出す。

お!フィシスは脱がない人だと思ったのに・・・。

さすが、キース・アニアン(←アニメ版“地球へ・・・”脱ぎ担当)

この辺りのフィシスの行動は理解しがたい人とそうでない人と真っ二つに別れそうですね。

だって仕方ないのよ。

フィシスはキースに対して心を遮蔽することが出来ず、艦の内部の映像を彼に教えてしまう。

キースは『フィシスは触れているものに心を遮蔽することが出来ない』ととりましたが、果たして誰にでもそうなのか??

ジョミーはトオニィを使い、キースの心へ侵入しようとする。

最凶最強の三歳児・トオニィは、もうすでにジョミーへの独占欲でいっぱいだ!

「ぼくのグランパなのに~」

危険!危険ってある意味キースとトオニィじゃ危険度違いすぎる。

ジョミーとキースの話はすれ違いに終わる。

ちょっとまて、キース。

「サム・ヒューストンを知っているか!?」

ってキースは、サムをああいう風にしたのはミュウだととらえているのね。

じゃ、永遠にすれ違いだわ。

つか、アンタ、私怨でここまで来たのか!!

あ、ジョミーにキースのピアスの正体(??)がわからなかった。
原作のジョミーもすべて理解したわけじゃないけどさ。

「殺せ!あの男を殺せ!!」

ジョミーに伝わる強い思念波。
その思念波は強すぎて、ジョミーにも誰のものかはわからない。

ってそこのチビだってば!!

ナスカに向かう高速艇発見!

キースの捜索にやってきたマツカだ!

思念波攻撃もきかず(「なんだかよくわからないけれど」でスルーなマツカ)、ジョミーが身一つでナスカに降りることになった。

その頃、最凶のチビっこトオニィは

「グランパが殺らなければ、僕が殺る!!」

トオニィの考えや行動は、ミュウとは明らかに違うものです。

排他的かつ攻撃的。

キースの前に現れたトオニィ。

「お前を殺す」

力が爆発し、しかしそんなことで死ぬキースではなく、所詮幼児なトオニィはキースに心臓に破片を投げられ、即死の手前で仮死状態。

仮死状態にしたのはトオニィ本人っすよ。

目を放した隙にいなくなってしまったトオニィを探して、不安定になっていたカリナにトオニィの痛みが届き、カリナは錯乱し始める。

トオニィ、「ママ、僕生きてる」と伝えてくれれば・・・。
や、幼児にそこまでは無理か・・・。

そこにフィシスが。もちろんキースの心配をして来た。

「誰です」

「ミュウの女・・・」

そのころ、艦内の奥で

「わたしを呼び覚ますもの。お前は誰だ?」

と・・・・・・・・・・・。

めちゃくちゃ

美しいんですけど!!!


ソルジャー・ブルー!!!

でも寝起き顔。


参加中です↓。
人気blogランキングへ


posted by くみ at 23:36| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ(地球へ・・・) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:地球へ……/Section14 同じ記憶
Excerpt: 品質評価 18 / 萌え評価 34 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 39 / お色気評価 13 / 総合評価 22<br>レビュー数 133 件 <br> <br> 囚われの身と成ったキース。 ミ..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-18 11:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。