2007年06月11日

一週間遅れ放映地域の「地球へ・・・」感想。“届かぬ思い”

地球へ・・・「届かぬ思い」

へぇ~OP変わるんだ・・・。

え~と、アーティストは・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

あ、そう。ふーん。

そういえば今夏放映予定の「コードギアス」STAGE24&25のテーマソングのアーティストも決まりました。→こちら。
笑った。
いやー、わたし、この人たちのアルバム持ってました。

そんでもって今秋から放映決定の「機動戦士ガンダム00」ですが、設定を見れば見るほど、ガンダムWを彷彿とさせます。

どうしてヒイロがいないのかしら?

などと、真剣に考えてしまうわたしです。

ああ、ヒイロ・・・・。

えと「地球へ・・・」ね。

「届かぬ思い」

原作も劇場版も知っているわたしは、当然、ステーション編の最後を知っていました。

原作があるアニメは、アニメ化した時点で原作とは「別もの」だと考えるべきなんですが、個人的に変えて欲しくなかったセリフが変えられてて、微妙な気持ちになりました。

そんなんで、原作をこれから読もうと考えている方、ご注意!の「届かぬ思い」の感想です。

前回の人気ナンバー1シーンは

「元気でチューか?」by キース・冷血漢(?)・アニアン

だったそうですね。

うん。そうだろうと思ったけどな。


参加中です↓。
人気blogランキングへ

その

「元気でチューか?」

の帰りにキースはいかにもヤバそうなシロエを見つけ、匿います。

アニメのキースは面倒見がいいです。

原作のキースは瀕死のシロエをぶん投げてましたが、アニメでは一晩面倒を見ていた様子。

あ、そうそう、キースってわたしは「無臭」なイメージなんですけどね。
どんな「匂い」がするんでしょうかね??

「お前は成人検査を通過していない」

あたりで、原作のキースはシロエに張り手をかましますが、それも無し。

あ、ちょと不安が・・・。
これから登場するマツカって人物にキースはよくDV(←・・・)かますのですが、もしかしてそれも無し??←無しで何故不安か・・・??

残念なことに「意志の強さ」は原作のシロエのほうに軍配が上がります。
その分、生意気度も上ですが。

とりあえず、シロエがキースの部屋にいることはマザー・イライザはお見通し。
ゆえにシロエを匿ったキースにお咎めは無し。

シロエは再び捕らわれの身。

翌日、ジョミーの件はすべての人間の記憶から失われ、シロエの記憶も失われていた。

この時のステーションE-1077すべてがキース・アニアンのために在る、と言っていいですね。

それにしても正気なキースはやはりただもんじゃないです。

そんなこんなで再びジョミーのメッセージ。

き、危険すぎる・・・。

マイナス効果だ、幼児化現象。

この幼児化減少はあまり長くやってほしくなかったです。
あ、ただキモイんで。

キースの適切かつ素早い処理で事は済みますが。

この後のキースとマザー・イライザのシーンはかなり良かったのですが、キースは結局シロエの最後の言葉を確認しませんでした。

意味ないじゃんよ・・・。

ただ、このマザー・イライザの一見優しげな言葉と思惑はなかなかいいな、と。

うーん・・・シロエは完全にミュウだったようですな。

シロエはただの人間でありながら、その意志の強さをキースに見せつけたところに意味があると思うのですが??

シロエ逃亡。

原作では逃亡中のシロエは一切描かれておりません。

しかし、原作の緊張感はものすごかった。

アニメでは「泣かせ」の方向で行ったのでしょうか?

アニメではキースはイライザに命じられてシロエを撃ちます。

原作でのキースは「処理するように」と言われて、出撃し、撃ちます。

ここ、微妙なんだけど、違うんだよな。

そんなわけで、変えて欲しくなかったセリフは

シロエの

「ぼくは生まれ故郷が好きだった。

今はもう覚えていないが

・・・光も・・・空気も・・・両親もだ」


キースの

「彼の心をしめるものは限りない敗北か

それとも

限りない“希望”なのか」


そしてキースの

「・・・太陽がまぶしい」

でした。

ステーション編ラストだったのでちょっと残念。

そういえばチラっとでてきた「ペトセラ」という単語にちと、ときめいてしまいましたよ・・・。

劇場版のこのあたりをまーったく覚えていないことに気がつきました。

やっぱこれ↓を購入すべきでしょうか?



参加中です↓。
人気blogランキングへ



posted by くみ at 21:55| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | アニメ(地球へ・・・) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガンダムの新作が放映されるのですね!!
SEED系でもなく、また新たな歴史なのですね・・・。
設定は仰る通り、「W」っぽいですね。
あと4機のガンダムは徐々に登場でしょうか?^^
Posted by 元康 at 2007年06月14日 19:08
元康さん

U.CでもC.Eでも宇宙世紀でもなく

『西暦』

・・・・・・。

なんだそりゃ!!!

ガンダムは『三○重工』製かもしれません。

どうも、ガンダムに乗る側が『テロ』っぽいので『W』を思い出してしまってイカンです。

わたしとしては、さっさと『SEED』シリーズにケリをつけていただきたいところです。
Posted by くみ at 2007年06月17日 13:02
ども。

OPテーマ変わるんですね。
ほんと、ふーんって感じの方たちが(失礼)。

今回の話も結構違いますねー。
と言っても見てませんが(汗)

そろそろマツカが出てきますね。
どのような表現になるんでしょう。
原作では銃で撃ったり殴ったりしてますけど。


さて、新しいガンダムどうなるんでしょ。
一応、期待です。
Posted by mid at 2007年06月17日 22:26
midちゃま

OPの変更はソ○ーゆえ仕方ないか・・・と諦めました。
ふーんな方たちなのもソ○ーゆえ仕方ないしね~。

キースのマツカへのDVは外しちゃいけないわ!と思うのよ。
でもアニメのキースはね~、どこか人の良さがね~。
いや、年をくって変わっているかもしれないけど。

「00」は見るとは思うんだけど、同時期に「コードギアス」を放映したら、どうしても「コードギアス」に引きずられそう。
Posted by くみ at 2007年06月17日 23:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:地球へ……/section09 : 届かぬ思い
Excerpt: 品質評価 22 / 萌え評価 16 / 燃え評価 22 / ギャグ評価 19 / シリアス評価 47 / お色気評価 6 / 総合評価 24<br>レビュー数 131 件 <br> <br> 瀕死のシロエをかくまったキース。..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-30 20:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。