2007年05月20日

一週間遅れ放映地域の「地球へ・・・」感想。“ステーション E-1077”

地球へ・・・「ステーション E-1077」

いよいよ、もう一人の主人公、ソルジャー・ブルーと人気を二分する男、キース・アニアンが登場です。

さて、その前にCMです。

すべては、たった一つの約束のために。


地球へ… Vol.1(完全生産限定版)
8月8日発売

■豪華5大特典
竹宮惠子描き下ろしジャケットカード
完全録り下ろしCD「 Premium Fan Disc 1 [ジョミー×ブルー] 」
特製タロットカード×2枚
スーパーピクチャーレーベル
全巻限定版購入者プレゼント応募券

これ↑、ほんとにどうしようか・・・・?

ただいま放映中のアニメのみご覧になられている、原作も劇場版もご存知ない「お若い世代」の方々は、今回の展開をどのように思われたのでしょうかね??

いきなり主人公・ジョミー登場しない。
来週は、いきなり4年経ってしまっているしね~。

今回のストーリーは完全なオリジナル部分でしたが、キースの状況がよくわかりました。

続きは、原作と劇場版をまったく知らない方で「絶対ネタバレ、嫌ー!!」な方はご注意ください。

わたしは「ネタバレ」がまったく平気な人間なのでね。
人から聞いたり、情報を知ってしまっても、自分で見ないと納得しないのでね。

反転などは、まったくしませんから。


参加中です↓。
人気blogランキングへ


冒頭、ものすごいネタバレ。

いきなり水槽。

ま、それは置いといて14才のキースに子安声が老けて・・・。

しかし、キースはこれからミュウと違って年をとらねばならないので、まぁ、いいか、と思いなおす。

そういえば劇場版のキースは「沖 雅也」氏だった。

キースの冷静なクセに地に足がついてないようなところ、非常によかったです。

原作では14才のキースは見られないので。←14才に見えないが。

サムとの出会いとか、関係とか良かったです。

そういえば、オレンジ声の上級生には吹きました。←声に反応した自分が哀しい。

サムは最後までキースが気にかけた相手。
唯一の友人。
すべてにおいて人より抜きん出ているキースが、一目置いた相手です。

サムとの出会いも、思えば仕組まれたものだったのかもしれない。

今回のスウェナの乗っていた船の事故も、おそらくはキースの対処の仕方を見るための実験だったのでしょう。

すべてはキース・アニアンのための駒。

冷血漢・マシンチャイルド・鉄面皮、などと呼ばれるキースが大切だと思っていた人物はサムと、後に出てくるジョナ・マツカだけ、です。

キースがどれだけサムを大切に思っていたか?
後にはっきりしますが、OPを最初に見たとき、チェックを忘れなかったわたしです。

サムはいい奴だよ。
ちょっと未来を思って涙・・・。

そういえば「ステーション E-1077」はもともとエリートのための教育ステーションなんですよね。

宇宙に出る仕事をする人間は、それなりにエリートってことなんでしょうか??

だって、普通に会社勤めをしていたジョミーのパパは明らかに『一般人』。
船外作業の実習なんてしてなさそうですよね。

そいえば、着替えが男女一緒かよ!!と思ったのですが、基本、エリートは「異性禁止」でした。←正しくはメンバーズは独身が条件。

スウェナがキースに一目ぼれしたようですが、それはいかがなものか??

彼女は原作では2Pしか登場しない人物なのですが、彼女の決断は

生涯の伴侶か・・・何か空しい・・・

とキースに思わせるのが重要なのですがな。

とりあえず、来週はいきなり4年たって、シロエとキースがご対面。

シロエは小生意気すぎるガキになって再登場。

『反逆のシロエ』

と若本皇帝の声を聞いたときに、また吹きそうになりました。

狙ってたんでしょうかね??

ルルーシュの放映っていつかいな??


参加中です↓。
人気blogランキングへ











posted by くみ at 18:55| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ(地球へ・・・) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:地球へ……/section06 : ステーション E-1077
Excerpt: 品質評価 16 / 萌え評価 24 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 13 / お色気評価 4 / 総合評価 13<br>レビュー数 116 件 <br> <br> エリート育成を目的とした教育ステー..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-01 21:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。