2007年05月05日

surface「夢の続きへ」は5月9日発売。その2。

くどいようですが、わたしの愛するsurfaceちゃんたちの「夢の続きへ」は5月9日発売です。

お詫び:下記の記事の中に、ファンのくせに大間違いが書かれています。CD買ってから気がつきました。
FCの会報にはちゃんと書いてあるのに・・・。
間違いに気がついた方はFCの会報とCDを買った方だけだと思います。
自分のハァハァッぷりは我ながらアホウなので、このまま訂正せずにしておきます。
気がついた方は『馬鹿ね』と思ってください。5月10日




夢の続きへ [Maxi]
surface
SRCL-6541/シングル/2007.5.9/\1,223(税込)

surface1年2ヶ月振りのシングルは「D.Gray-man」エンディングテーマソング

オトフレームランキングも2週続けて一位です。

さきほど椎名くんのブログ「快刀乱麻くん」を読んだらyahoo!動画で「夢の続きへ」のPVが期間限定(~6月1日まで)で無料配信されていることを知りました。

注・椎名慶冶「快刀乱麻くん」はミュージシャンが書いていなければ、ただのゲーマーのブログです。
プロフィールや経歴などを読むと、見た目の容姿ぴかぴか(新しい)やハイテンションさとは違う部分も垣間見れます。

聴きました。見ました。

こちらをご覧ください。→こちら。

黒と白だけのシンプルなPVです。

いい男はシンプルで十分です。

椎名のアップにドキドキしました。
あのアップ!!!
某大河のヒロインの肌よりアップに耐えれるよ!!!

そして、たまーに出てくる喬夫にまたドキドキ。
喬夫のワルっぽさがたまらん!!
デビュー当時の面影のカケラも無いわ!!
わたしは予想してたわよ!この子はすごい化けるって!!
坊主と髭は予想してなかったけど。

曲!曲ね!!!

良かった!!!

「優れた曲には『スクロール感』がある」とは、とあるバンドのベースの発言ですが,surfaceの曲にはそれがあります。
と思います。
よくはわからないのですが。
次へ次へと進むように繰り出されるグルーヴと言ったらよろしいのでしょうか?
ま、福井在住「自称本格派音楽ブログ」の管理人さまにお聞きしたいところです。

椎名の声はやっぱいいわ!!
喬夫が一発で惚れただけあるわ!!!←事実。

さすが喬夫!!!←彼はすべて自分で手をかけないと納得できない性分なので。

永谷喬夫のギターは上手い!とわたしは思いますが、あんなに上手くても、実は彼の音楽の原点はピアノです。
実はギターなのはsurfaceとしての立ち位置であり、彼はシンセ・オルガン等も自分でこなします。ミキサーもやります。

お互いの好きな音楽をお互いで表現するのがsurfaceです。

喬夫、ギターソロかっこよかったわ!!
なんか久しぶりに長いソロを聞いた気がするわ!←・・・。

詩の

~壊してしまえ 邪魔する不安を

砕いてしまえ 握りしめた手で~

が好きです。

彼等の曲は「ポジティブ」だと思われがちですが、実は「ネガ」です。

彼等の曲や詩はよくファンを勇気付ける、と言われていますが、
実は自分達に言い聞かせているような印象を受けます。

邪魔する不安が本人達にあるんだな、とわたしは思います。

不安がなければ人間じゃないよ。
くじけたことのない人間が、くじけている人を励ますことなんてできるはずがない。

彼等のそんな、あがいている姿がわたしは好きです。

ただの「夢を持て」「自由に生きろ」みたいな応援歌だったらわたしは聴きません。

ついでに言うなら「『恋愛ソング』はすべて実体験です」と語る人は苦手です。
ま、ひとつの恋愛にもいろいろな解釈のしかたがありますが。
「あんた、恋愛依存症か!?」と思ってしまいます。

「想像力です」と言ってしまう正直な椎名の詩が好きです。
注・でも「ジレンマ」の詩は中学生の頃の椎名くんの実体験。
で、喬夫の曲にのっていないと嫌。

とにかくsurfaceは二人基本なの!!!
そうでないと本人達もイヤみたいです。

くーっ!!!

参加中です↓。
人気blogランキングへ



ラベル:surface 音楽 CD
posted by くみ at 03:25| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(surface多し) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もはや「恋する乙女」状態のくみさま…
Mac使いのワタクシです。
yahooのクリップですが。

「お使いの環境では、動画を視聴いただけません」

ほほぅ…なるほど(涙)


ボクもsurfaceの印象は一般的な印象…
「前向き」な曲をやる「演奏がウマい」ユニット。というイメージです。
…というか、テレビタイアップの曲ぐらいしか知らないのですが。
あ、あと、カラオケでは苦戦する…とも、
イイ男なのにニ物があって悔しい…とも。…いえ。

ところで

仰るように素敵な曲は、流れるようなスクロール感が
ありますね。
次はこうなって欲しい…というのをウマく表現してたり
こう来たか!…というパターンでもウマくハマってたり。

う~ん、ウマい事言うな…。
Posted by zep at 2007年05月05日 07:39
zepさま

椎名慶冶はわたしの「天使」です。
真剣です。

確かにわたしは椎名のファンですが、この世で彼の一番のファンは彼の相方・永谷喬夫です。

いい男なのは確かですが、もちろん曲が好きでなければ、ファンにはならなかったでしょう。

彼等の作る曲とわたしの好きな曲が限りなく「近く」である限り、わたしは彼等を応援するでしょう。

「離れた!」と思ったら静かに去ります。←???

ところで「スクロール感」を見事に表現してくださるあたり

「さすが本格派音楽ブログの管理人さまだ!!!」

と本気で思いました。
Posted by くみ at 2007年05月05日 09:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。