2007年05月04日

“DDD1”Decoration Disorder Disconnection

奈須きのこ著「DDD1」です。
ライトノベル・・・・でいいのかなぁ・・・??

奈須きのこ氏といえば「空の境界」

「空の境界」の記事はこちら→こちらです。

空前の大ヒットをした「空の境界」から三年。
新たなる“新伝綺”の幕開けです。

奈須きのこ氏の所属する恐るべきクリエイター集団「TYPE-MOON」についてはこちらをご参考に。→こちら。



DDDとは「Decoration Disorder Disconnection」の略です。

突発的精神障害・アゴニスト異常症が社会的に認知されてから十年。
世間ではその発病者を「悪魔憑き」と呼んでいた。

人間の精神を狂わせ、肉体をも変貌させる病。

人格の変貌・自己の喪失・そして周囲への敵意の発散。
「悪魔」が憑いたとしか思えない異常行動。

人間が、人間ではあり得ない“存在”となる、現代社会の歪みがもたらした病。

二年前、突如「悪魔憑き」に変貌とげた妹・カナタによって両親を殺害され、自分の左腕を失った白髪の男。

石杖所在(いしづえ アリカ)

彼もまたアゴイスト異常症患者だった。


参加中です↓。
人気blogランキングへ

二年まえ、彼は左腕と一緒に“脅威”を失った。
そして、後遺症として、昼間の記憶を忘れてしまう、一日単位の健忘症となった。

軽度の患者だった彼は一年半のリハビリを終えて社会に復帰し、
両手両足の無い少年・迦遼海江(かりょう カイエ)と出合っ
た。

彼の妹・カナタ(超美少女)は末期患者として、いまだ病院にいる。

二人が繰り広げる“悪魔祓い”の物語。


それは骨の軋む幽かな夜。

花開くような、美しい命の音。


この本は今年の1月に発売されまして、そのとき購入しました。
すぐに読み始めたのですが、どうも文章に乗れず、読み終わるまでにとても時間がかかりました。

それが、今、読み返したら簡単に乗れました。

トリック、人物設定が絶妙です。

奈須きのこ氏の作品は「言葉遊び」が特長で、文体は慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

あえて、人物が誰だかわからないように表現してある箇所などが、読み進んでいくうちにわかるのです。

そういうところは「天才」です。

今回の作品、一番の最強「美少女」はアリカの妹・カナタだと思われるのですが、今のところ、彼女は主人公ではありません。
ただし、、まだ一巻であるため、この先どう物語が進むかは不明です。
二巻はすべて「書き下ろし」だとどこかで聞きました。

両手両足の無い少年・カイエも「美少女のような美少年」です。

わたしは「美少女」は「美少女」でいて欲しいです。←・・・。

描写に「カニバリズム」が含まれているので、苦手な人はご注意です。
「カニバ」だけではなく、「グロテスク」です。
虐殺のオンパレードです。

しかし、ほとんど、登場人物に感情移入をさせないような淡白さがあるので、結構イケルのではないか?と。

何せ実の妹に殺されかけた主人公・アリカはそのときのショックで“脅威”を無くしてしまったため、その妹を

「案外慣れると可愛いよ」

などと言ってしまうのですから。

「空の境界」ではダダ泣きしたわたしでしたが、この話は「娯楽」として軽く読めました。

一見普通の家族だったアリカの家族。
そこにカナタのような最強最悪怪物な「悪魔憑き」が出現してしまう「歪み」があったのか?

そこが気になるところです。

カナタはただいま17歳なのですが、なんだか猛烈な勢いで大人に成長中らしいです。

どうやら収容病院から出てくるらしい、文章を発見したのですが。
恐ろしい。

あ、兄が所在(アリカ)なのだから、妹は彼方(カナタ)という字を想像してしまいがちですが、

違います。

「・・・・・およそ人間の名前じゃねえな」

参加中です↓。
人気blogランキングへ

奈須きのこ


ラベル:TYPE-MOON
posted by くみ at 13:35| 静岡 ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 読書(文芸・評論) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえばDDDどころか
空の境界すらまだ読んでませんでした。
たぶん山のどっかにあると思うので
映画が始まるまでには読もうと思います。
Posted by ショウ at 2007年05月05日 02:37
ショウちゃま

その「山のどっかにある空の境界」はお友達から借りたものじゃなかったかしら?

「空の境界」もいいけど「風林火山」が溜まっているような気が・・・。
Posted by くみ at 2007年05月05日 08:56
>「山のどっかにある空の境界」はお友達から借りたもの
正解です!
基本的に一度読んだ本は家に置いとかないタイプなので
返せと催促されることはないのです。
…催促されたほうが読むかも。
ちなみに山を整理したら出てきました。
自分で買ったシュリンクされたままのマンガも10冊出てきました…
にもかかわらずあずまんが大王を読んでますよ…

風林火山はちゃんと見てますよ!
話は入ってませんが(-ι_- )
Posted by ショウ at 2007年05月06日 02:48
ショウちゃま

友達に借りた本はなかなか読めない。
わたしもそうでした。

自分で買った本も読み始めることができない。

一番効果的なのは『図書館』
催促されるからです。

それにしてもショウちゃまは「地球へ・・・」もまだ読んでいないような気が・・・。
Posted by くみ at 2007年05月06日 15:51
うっΣ(・ω・ノ)ノ
するどい…
「地球へ…」は今、2巻の途中です。
とりあえずアニメと全然違うのでびっくりしました。
Posted by ショウ at 2007年05月07日 00:53
ショウちゃま

確かに原作とは違うけど、ほら、まだ冒頭だから。

原作を知っている世代でも、あのアニメの描きかたは納得できているわよ。

いまのところ。
Posted by くみ at 2007年05月07日 05:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

「奈須きのこ」の感想
Excerpt: 「奈須きのこ(なすきのこ)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *主な作品:空の境界、DDD、他 書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事・ブログからのトラックバックをお待ち..
Weblog: 読書感想トラックバックセンター
Tracked: 2007-05-07 09:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。