2007年04月21日

“手紙手帖”たまには手紙もいいんじゃない?2

木村衣有子著「手紙手帖」です。

最近、めっきり「手紙」を書かなくなりました。
もとから「筆まめ」ではないのですが。
というか「筆不精」。
書かなければ、と思っているうちに機会を逃しそうになり、結局メールを打つ。

やっぱ「携帯電話」の影響大ですね。
携帯のメールは便利だもんね。

PCでプライベートなメールはほとんど使用しません。
わたしのPCのアドレス知っている人って友人・知人で5人くらいしかいないんじゃないかな?。←淋しい女だな。

とは言っても一年くらい連絡とってない人とかは、メールじゃなんだし・・・と手紙か葉書になりますな。

中学1年のとき、同じ部活だった仲良しだった子。
一年の終りに引っ越してしまって、それからずっと会ってないのですが(2、3回は会ったか?)、ここ5年くらい毎年クリスマスカードを送ってます。
なんか、ちょうど手紙を書く機会があって、それから再交流ですよ。
十何年ぶりに交流復活ってすごいな!と思います。
あちらは見事に結婚してたな。←いや、それが普通だって・・・。

手紙を早く書くコツは「常に切手と便箋を用意しておくこと」だそうですが、用意してあっても、なかなか書き出せない不精ぶりです。



↑こういう本は好きで、たくさん持ってます。

「手紙の書き方」なんて堅苦しいものじゃなくて、「ちょっとした手紙へのこだわり本」
ちょっとした手紙を楽しむ方法を紹介した本です。

お気に入りの文房具屋紹介。
切手の選び方。
手紙にまつわる本紹介。
簡単な手紙書式の基本について。

手紙といえば便箋や筆記用具が大事。
わたしは昔は万年筆を使うことが多かったですが、いまは字を小さく書くのが苦手でピグマの1.0ミリか水性ボールペンの0.7ミリを使用することが多いです。
便箋は字が大きいため、罫線が太いものを好みます。

一番好きな封筒は「鳩居堂」のもの。
地元でも買えますが、銀座店でまとめ買いが多いです。
「鳩居堂」の便箋は縦書きですが、私は横書きにして使います。
和柄が好きなんです。
「鳩居堂」ではシルクスクリーンの葉書も大好き。
地元百貨店より種類が豊富ですから、選ぶのに迷うほどです。

人の心を動かすのはメールより手紙。

お世話になっているひかるさまも、わたしが最初に手紙を出したのがお付き合いの最初だったんですよ。
ってあの頃メールなんて・・・。
十数年前のことですが。
ストーカーか!?というくらい熱心でした。
若かったな・・・あの頃。
ああ、恥ずかしい。
ああ、どうか読み返さないで、ひかるさま。

もちろんメールで励まされたこともあります。

わたしの場合、

「この熱い思いをあなたに!!!」

というときは手紙です。

ちなみに熱い思いをぶつける相手は追っかけしている同人作家さんが多いです。←・・・・。

最近新しいレターセットを買ってきました。
いつもの好みとは違うもの。
キラキラしてます。
なんかね。紫に黒のレースのプリントが「蛮ちゃん」っぽいかな~?と。
ええ、大好きな「銀蛮作家さん」へ「愛のメッセージ」を書こうとしているんです。←・・・。

紫に黒のレースって

勝負下着みたいだな!!ぐはっ!!

ところで、わたしはコレクションをしたことがないと思っていたのですが、小学生のころ、ちょっとだけ(何、ストックブック三冊程度)外国の古切手をあつめていました。
最近はプレゼントにいれる手紙の封筒に貼ったりしてます。

もらった手紙は捨てられませんね。

中学のときに友達同士で回した手紙。
メールなんてなかったですから。
借りた本に挟んであるひとことメッセージ。
お土産についていたメッセージ。
全部とってあります。

ま、例外はあります。

高校時代のストーカーまがいの他校の先輩からの手紙とか、待ち伏せされていきなりもらった手紙とかは、切り刻んでトイレに流したり、灰皿の上で燃やしました。

もったいねーーーー!!!

真面目に読んでおけば、人生、違ったかもしれませんね。

何、いまの状況って罰???

それにしても新しく買ったレターセット、いつになったら使えるのかな~。
わたしは夜はなるべ手紙は書かないようにしています。
会社の空き時間にワードで打って、それを下書きに手書きで書きます。

参加中です↓。
人気blogランキングへ



ラベル: 手紙
posted by くみ at 01:44| 静岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(3) | 読書(エッセイ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の人生「罰」ってウケるwww

…いや、ウケちゃいけませんね。

そういえば、ボクも久しぶりに手紙をいただきました。
昔の友人の近況報告だったのですけれど…
いろいろ大変だったんだな~…シミジミ。
…みたいな鬱な内容でしたが。

人生が凝縮されますね。

なので、ボクもお返事を書きました。
ボクの人生を綴った手紙。






…凝縮してもこれか。

Posted by zep at 2007年04月21日 08:09
スタイリッシュな便箋を見ると、ついつい買ってしまいます。
書く頻度、すごい落ちてるのにコレクター。

メールは確かに便利ですが、筆圧から伝わるメッセージを伝えるには画一的になっちゃいますよね。
見た目も固いし、冷たく感じちゃうのです。
すぐに送信できちゃう分、誤解も生まれそうですし・・・。

ワードに下書きは私もやります!
誤字脱字王なので。
辞書を片手に手紙を書いていた頃が懐かしいです。
Posted by ひかる at 2007年04月21日 15:14
zepさま

今の「人生」が罰とは思ってませんが、「状況」に多少はバチが当たったかな?とは思いマス。

切り刻んでトイレに流したりするのではなく、

「塩で清めてから、日と方角を選び処分」

すればよかったと思います。

ある意味怨念こもってますからね。

顔がタイプではなかったので、どっちみち相手にはしなかったでしょう。

zepさまの人生の凝縮??

お友達にブログのアドレスを教えて差し上げればよかったのでは??

例のATMのエピソードとか、ちっちゃなことでくよくよしている自分がバカらしくなってくるほど、バカバカしいので。

あ、ほめ言葉です。
Posted by くみ at 2007年04月22日 01:03
ひかるさま

ああ、被害者がいらっしゃいました・・・。

メールを打つときは「勢い」があるので、わたしも気をつけています。

気をつけていますが・・・・・。

大人ほど「メールが長文」だそうです。
会話ではなく、手紙形式になるからだそうです。

いつもすみません。
というか、昔もすみません。

Posted by くみ at 2007年04月22日 01:08
「手紙」なんて、最近書かないなあ、と思いながら記事を読まさせていただきました。
その昔、私も同人作家さんにファンレター書いた記憶があります。
「熱い思いを伝えたい!」
ってその気持ち、よ~~く分かります!!

……自分も書きましたよ。便箋20枚くらい。みっちりと。(滝汗)
本が出るたび書いてましたけど、中身は酷いものだと自覚しています。

その方には物凄い迷惑掛けただろうなあ、って、未だに赤面ものですけどね。
(汗)

ところで、美しい便箋を見ると、つい買ってしまって仕舞いっ放し。
ってことをよくする私ですが、そのうちちゃんと手紙を書けたらいいなあ、って思います。
今のところ、メールやブログでしか文章書いてないですからね。

ところで、くみ様の「勝負下着」発言に笑いましたーvv
確かに!!(爆)
Posted by リリコ at 2007年04月22日 15:34
リリコさん

リリコさんは「手紙」をもらう方なんじゃないですか??
一度読んでみたいな~。
リリコさんの濃ゆい「エ×」を!!!

ところで、この新しいレターセット。
見ればみるほど、某下着通販会社の「勝負下着」に見えてきます。

ああ、もう

蛮ちゃん=勝負下着

かよ!!!

自分の腐っぷりがかわいそうになってきました。

Posted by くみ at 2007年04月22日 19:59
お姉さまがこの本を取り上げたことに驚きました。私も持ってるよーv
手紙書くの好きです。近況報告が多いのでハガキが主ですが。
記念切手が出るとつい買いにいっちゃいます。
同僚Oさんはエヴァの切手で友達に手紙を送ったところ、友人のだんなさんがえらく反応して奥さんに長時間エヴァ話をしたそうです。ちなみに柄はアスカだったそうで。私も彼女から手紙をもらいましたが、シンジくんでした。
一度、お姉さまからも手紙をいただいてみたいです。勝負下着レターセットで。返事書きますよ。切手はコナンがいい?ガッチャマンがいい?
Posted by かっぱ at 2007年04月22日 21:15
かっぱお姉さま

かっぱさんが以前、「某100銭」でとりあげた木下さんの本も持ってますよ。

こういう本は大好きです。

何を驚くねん?
わたしは「歴史もの」ばかり読んでいるわけじゃないっすよ。←でもいま、図書館で予約しようとしているのは「明智左馬介の恋」

たまにはオサレな本も読むのです。

職場があれほど近いのに、何を手紙に書けと??
わたし、ものすごい「筆不精」なんですが。

かっぱさんは色々な人に手紙書いてそうだな~。

あ、あれですか。
銀蛮への、わたしの「激しく熱いうっとおしい想い」だったらご披露しますが。

じゃ、切手は「アスラン・ザラ」で!!!
Posted by くみ at 2007年04月22日 21:44
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

ちょっと役に立つ手紙の書き方文例集について
Excerpt: 各種の手紙には基本フォーマットがあり、時候の挨拶(あいさつ)から、頭語・結語、敬語の使い方など手紙を書く際のマナーがあります。これらを正しく使用することにより礼儀にかなった手紙を書くことができます。
Weblog: ちょっと役立つ手紙の書き方文例集
Tracked: 2007-05-15 14:07

古布ちりめん「ひとこし」文香 うさぎ春第3
Excerpt: 文香というものを初めて知りました。手紙や贈り物などに添える紙製のお香そうでとても雅やかで素敵だな・・と思いました。大切な人へ贈る時に添えたい一品です^^・“手紙手帖”たまには手紙もいいんじゃない?2・..
Weblog: レターセットがたくさんあります
Tracked: 2007-08-12 12:05

伊予和紙 一筆箋実柄
Excerpt: 良質な水に恵まれた愛媛県を産地とする『伊予和紙』特有のハケ目を再現した風合いの良い和紙の表裏に秋の柄を入れた高級感ある一筆箋です。裏の印刷が透けて暖色の実が重なり合う趣深いデザイン。【同じ柄の封筒もあ..
Weblog: レターセットがたくさんあります
Tracked: 2007-09-05 06:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。