2007年02月19日

風林火山「晴信初陣」

風林火山「晴信初陣」

いかんわ・・・風林火山・・・。
ドラマは見ていて面白いんですけど、自分が無知なだけに記事にし辛いったらありゃしない。
まず、登場人物の名前が覚えられない。
仕方ないからメモ取りながら見る。
あとでそのメモを読むと、自分の字が下手すぎて「解読不能」←ギアスネタを出すなって。

ま、とりあえず。

続く、続くよ勘助の就職活動。

まずは北条氏康に(どうしてこうセレブに次々と対面できるのか!?)、

参加中です↓。
人気blogランキングへ


「それがし、若とのさまにおつかえしとうございます」

若との、というには渋すぎる北条氏康(年代的に言ったら本当は、まだ20代だと思うんですけど)は、勘助の私怨を見抜き、

「恨みもまた人の欲にすぎぬ」

「戦は国を守るため」

「恨みを捨て、己の大望だけ見つめよ」

勘助を認めながらも、取り立てる気はないそうです。

またまた「間者」として放たれることに。
「間者」とか言って放っても、勘助は戻ってこないんだから、まぁ体裁だけ整えてやった、ってことなんでしょう。

一方、甲斐武田家では晴信側近・駒井と三条夫人の侍女・萩乃が追いかけっこです。
萩乃は三条夫人の「乳母」でしょうね。
「姫」のためならなんでもやる。それが「乳母」。
萩乃は遠慮せず、ズバスバと信虎と晴信の関係を駒井に問いただしました。
こういう侍女ってウザイこともありますが、必要なときもありますよね。
公家のお姫さまで正室の三条夫人は、言いたいことも言えないときだってあるでしょう。
例えば「側室」とか「側室」とか「側室」とかね。

とりあえず、今のところ晴信と夫人は仲良くしてます。

今川と和睦した結果、武田は「信濃攻め」が可能になりました。
晴信の「初陣」が決定です。
で、晴信はどれくらい弓馬に優れているんでしょうかね??
不明です。
ま、「大将」は槍働きしなくてもいいんですが。

勘助はその信濃に入りました。
で、またまた偶然、真田に使えている「平蔵」と対面です。

「風林火山」は「功名が辻」よりも辛口なドラマですが、こういう「偶然」やら「主役特権」はあいかわらずですね。

戦国武将のなかでも一番人気を争うらしい「真田幸村」のじいちゃんであるところの真田幸隆と対面です。

真田幸隆は勘助の私怨を知りながらも、食客としてこの地にとどまれ、と言います。
信濃の脅威は「甲斐の武田」でした。
幸隆の妻・忍芽も良くしてくれます。

武田では親父・信虎が縁側で三条夫人と会話です。
あの親父も三条夫人には

「淋しくないか」

などとわりと優しいことをいうわけです。

一瞬、虎が猫に見えました。

「お屋形さまもお淋しいのであらしゃいますか?」

とヨメに言われ、まんざらでもなさそうです。

息子とうまくいかない淋しさを思わずポロっとこぼしたりしてます。

晴信はその話を聞いて、自分から親父に歩み寄ろうとしますが、

失敗。

まったく素直じゃない親父です。

ここで何人の方が「やめとけ!!」と思ったことでしょう。

しかし、晴信は三条夫人には「父上は喜んでくれたが、馬はもらわなかった」などと嘘をつきます。
三条夫人はおそらくその嘘を見破っているのでしょう。

天文五年十一月、晴信は初陣しました。
目指すは信濃・海ノ口城。
その数八千。

は、八千!!??←信長の時代ならともかく、この時代では、ものすごい大軍じゃないでしょうか!?

海ノ口城には幸隆から派遣された勘助がいます。

次回は、『勘助VS晴信』ですね。

勘助がどう軍師として活躍するか見ものです。

幸隆は勘助の推挙で晴信に召抱えられたんですってね。

へぇ~知らなかった。


参加中です↓。
人気blogランキングへ





ラベル:風林火山 ドラマ
posted by くみ at 19:43| 静岡 ☁| Comment(6) | TrackBack(9) | NHK大河「風林火山」(07年) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も去年に比べると今年の大河はややこしくて
感想書くのが大変です~(汗)
他の方の感想を読んで「あっそうだった」と
思い出すことがしばしば。
勘助が晴信と合流すれば、もうちょっとすっきり
するのでしょうが…それはまだまだ先?
Posted by もちきち at 2007年02月19日 21:47
今年はブログを書いてないから
気楽に見ています。
登場人物がややこしいのと、知らない俳優さんは
役名と一致しにくいので、大河ストーリー買って
しまいましたよ。(笑)
Posted by しずか at 2007年02月19日 22:50
先週から見てないです…
録画はしてあるのですが…
よくわからなくて(無知のせい)見る気が…
Posted by ショウ at 2007年02月20日 00:36
もちきちさん

まず、登場人物の名前が難しいですよね。
わたしは武田や上杉の時代はわからないことだらけです。
戦国なんとか、というゲームでもやっておけば良かったかもしれません。
とりあえず話の流れだけメモしているんですが、後で読めない・・・。
速記習いたいです。


しずかさん

大河ストーリーが一番わかりやすいかもしれませんね。
しかし、わたしは去年も買わずに済ませてしまった(貧乏)ので、今年もなんとかオリジナル部分を乗り切りたいです。
原作に入れば多少わかると思うんですが。


ショウちゃま

あ~~、ショウちゃま、脱落するわよ。
大河はビデオに録らないのが、見続けることのできるコツなのよ。
Posted by くみ at 2007年02月20日 20:00
くみさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございましたm(_"_)m
こちらからもTBさせて頂きます~。
萩乃さんの存在は色んな意味で期待の星です。
三条さまの側室への悪意はストーリーの進行上描かれてしまうのでしょうが、『三条様が』ではなく『正室サイドが』で描かれそうかも…と多少希望をもってます(苦笑)
でも今回の三条さまは比較的穏やかで優しげな感じでホッとしました。
以前見た武田信玄のドラマの三条さまが悪意の塊みたいだったから…。
正室=意地悪ってそろそろやめていただきたいものですね。
良い正室は秀吉のおねね様くらい…?(^^;

…って大河ドラマ語りというより正室語りですいません;
Posted by かの at 2007年02月23日 00:37
かのさん

コメントありがとうございます!!
おっしゃるとおりですよ。
正室=意地悪ってね~結構ありますね。

あ、去年の大河の一豊くんは「千代」ひとり!!のヒトでしたが。

身分の高い正室ほど「意地悪」に描かれる傾向があると思います。
イヤ、違うんだ!!身分が高いほど「嫉妬」なんて知らないように育てられるものなんだ!!と思います。
ましてや三条夫人は公家のお姫さまですからね~。

ただ今回の大河では彼女は辛い思いをするでしょうね。


Posted by くみ at 2007年02月23日 19:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

風林火山~第7話・信濃へ!
Excerpt: 風林火山ですが、山本勘助(内野聖陽)は、とりあえず命は助かったようです。しかし、北条氏康も勘助を召し抱えるつもりは無いようであります。氏康は、いろいろ譬え話などで勘助を説得したり、サザエのつぼ焼きを振..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-02-19 20:31

今週の「風林火山」 其の七
Excerpt: 第7回 「晴信初陣」 「武田を討てるのは若殿様の他にはおりませぬ!」 と、改めて北条氏康に仕官を願い出た勘助でしたが・・・ 怨み=欲、として 「戦は欲でするものでは..
Weblog: 松平の野望 ~天下創世記~
Tracked: 2007-02-19 21:17

「風林火山」第7話。
Excerpt: さて今週も「風林火山」のレビューの時間がやってまいりました。毎回 オープニングに出てくる「風林火山」の文字を見るたびに、キン肉マンを 思い出してしまう私…ってトシがばれるがな。
Weblog: Creme Tangerine
Tracked: 2007-02-19 21:45

「風林火山」第7話感想。
Excerpt: 氏康さま、朝にしか酒飲まないだとか毒が気になるだとか。 相手に勧めておきながらそんな話すんな。 食わせる気ないだろ。 氏康さまの勘助評「見た目は悪くても食してみれば旨いかもしれん」。 食して、て…。 ..
Weblog: ヘタレの戯言~ひとりよがり風味~
Tracked: 2007-02-19 22:12

風林火山(2月18日)
Excerpt: 晴信(市川亀治郎)と氏康(大井誠)は、同じことを勘助(内野聖陽)に言いましたね。 「恨みだけでは武田をうつことはできぬぞ」 「欲で戦をするものではない」
Weblog: 今日感
Tracked: 2007-02-19 22:18

風林火山 第7話
Excerpt: 北条氏康のところで仕官が適うと思っていたのですが・・・結局勘助は間者として私怨を捨てて縁あらばって感じでお払い箱扱いにされてしまいました。 そして今度は北上して信濃へ。ここで甲斐で知り合っていた農民..
Weblog: 賃貸営業よもやまばなし
Tracked: 2007-02-20 00:45

「風林火山」レビュー
Excerpt: NHK大河ドラマ 「風林火山」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:内野聖陽、市川亀治郎、Gackt(ガクト)、柴本幸、池脇千鶴、千葉真一、浅田美代子、金田明夫、竜雷太、佐々木..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-02-20 03:38

「風林火山」第7回。
Excerpt: 「晴信初陣」って題名だったけど、それってドラマのラストかよ!と思った今回。そして勘助はというと、真田の領地で平蔵と偶然の再会を。……なんだけど、やけにラブラブじゃないすか?この二人。(おい)
Weblog: リリコ雑記
Tracked: 2007-02-22 22:14

風林火山 第7回 「晴信初陣」
Excerpt: 勘助の就職奮闘記は相変わらず続いてる様子…。
Weblog: 紅梅日記
Tracked: 2007-02-23 00:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。