2007年02月09日

“機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより 2”ペンを武器に戦う。

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより 2巻

昨日(注・この記事は1月26日に書きかけだったものです)、同僚Aから ティロリロリンるんるんとメールがきまして、発売を知りました。


機動戦士Zガンダムデイアフタートゥモロー(2)
カイ・シデンのレポートより

著者: ことぶきつかさ
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッシング
ISBN:9784047138964
本体価格 540円 (税込 567 円)

真実を世界に発信し続ける男『カイ・シデン』の戦いは続く。

新訳「機動戦士Zガンダム」のラストシーン。
無くなったダカールでのシャアの演説。
アムロ専用機「ディジェ」の謎。

そこにカイ・シデンの影有り!!!

新訳「Z」が映画『逆襲のシャア』に向かう話であることを、裏付けるようなカイの発言が続きます。

「何故シャアとともに戦うことが出来るのか!?」

カイは昔の仲間達にそれを聞き続けます。

ブレックス准将の跡を継がないクワトロ・バジーナと名乗るシャア。

カイのジャーナリストとしてのカンは、クワトロの『逆襲のシャア』へと進む旗揚げを危惧します。

結果として『シャア』は行動を起こすことになるのですが、それはまだ未来の話。

黒を基調とした映画を思わせえるような背景が、ピタリとはまる上質のサイド・ストーリー。

「この『今』という時間を与えてくれた『過去』という存在は、感謝以外の何者でも無いわ」

ミライ・ノアのこの台詞は名台詞だと思います。
ミライさんはあいかわらず、元ホワイト・ベースのクルーにとって「お母さん」的存在なんだな~、とファーストを懐かしく思いました。

参加中です↓。気が向いたらクリックお願いします。
人気blogランキングへ



posted by くみ at 23:20| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック・アニメムック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、元康と申します。
歴史も好きですが・・・ガンダム世代なのでまずは
この記事に目を惹かれてしまいました^^

新訳「Z」の謎を解いてくれるのならば、
読まずにはいられないですね。
ミハルの為にも、剣ではなくペンをとったカイさんの
レポートですし・・・。

正直、劇場版の「Z」のラストで何故カミーユが
壊れなかったのか、がわかりませんでした^^;;
これだと「ZZ」には繋がらないし・・・とか思ってましたが、
ソコを飛ばして「逆襲のシャア」に繋がるのですね。
Posted by 元康 at 2007年02月20日 21:39
元康さま

いらっしゃいませ!!
コメントありがとうございます。
わたくし、戦国マニアでガンヲタで腐女子です。←人として・・・。

富野監督のなかでは「ZZ」はすっ飛ばして「逆シャア」か??と思ったことが以前ありました。
「ZZ」のノベライズは富野監督が書いていなかったはずです。

劇場版の「Z」でカミーユが壊れない終わり方は、私は賛成だったのですが、よっく考えたら「ZZ」をまともに見ていないことに気がつきました。←ダメや・・・。

このコミックはとてもサンライズの制約がとても多かったらしいのですが、見事にそれをクリアして、なおかつ劇場版「Z」が納得できる、という秀作です。

オススメです。

なお一巻の感想もこのブログのどこかにあります。
すいません。
カテゴリーがめちゃくちゃです。
Posted by くみ at 2007年02月20日 23:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。