2007年01月10日

“ICU症候群”ってご存知ですか??

今なら『ネタ』だ!!と書ける話。

えと、昨年の12月16日に緊急入院手術しまして、ICU(集中治療室)に入りました。
手術が終わったのが9時半。
で、ICUから一般病棟に移ったのが19日の午後。
結構長くいた方だそうです。

実は集中治療室は男女同室なのですよ・・・。
カーテンで区切ってはありますが。
しかも夜も明るい。
時計はない。
時間の感覚がない。

となりのじーさんが最初におかしくなったのですよ・・・。
このじーさん、同じ日のわたしの前に手術した人。
一晩中、騒ぎ続けたらしいです。
「となりのベッドに霊がいる」と言ったり・・・。となりはわたしだ!
自分で点滴ぶちぶち抜いたそうです。

あ、わたしは安定剤飲んで寝てました。

翌日、看護師さんに
「集中治療室に入るとちょっと“おかしく”なる場合がある」
なんて聞きまして
「ふーん」
と、のんきに思ってました。

加藤茶がTVで言ったらしいですね。
ICU恐怖を。
それです。

わたしの場合、一般病棟に移った夜、やってしまいました・・・・。
病院って9:00就寝です。
で、わたしは処方された安定剤飲んで寝たのです・・・・が・・・・。

10:00頃起きて、点滴を自分で引っこ抜き、病室のなかをズールズールとうろうろしたらしいです。

で、自分でナースコールが呼べず(集中治療室と勝手が違う、一般病棟は暗いし、ナースコールの位置も違う)、入り口のベッドの人に

「すみません・・・わたし・・・追いかけられる夢を見て・・・起きたらこんなになってしまいました・・・あの・・・看護婦さんを呼んでください・・・」

と訴えたらしい。おかしいよ↑の言葉。

点滴が逆流して、血液を被ったみたいになっていたらしいです。

部屋の真ん中に血だまりつくりました。

何が恐ろしいって

覚えていないんですよ!!!

まったく!!!


とくに点滴をはずしたなんてまったく記憶にありません。
夜中に看護師さんたちが大勢やってきたことだけ「うっすら」と覚えているような、ないような・・・・。

点滴はかなりの力がないと引っこ抜くことはできません。
術後4日目のわたしには、そううろうろできるほど歩けなかったはずです。

何の夢を見てたんだ???
まさか『ガンダム』とか『コードギアス』とか口走ったんじゃなかろうな??
何に追いかけられたんだ!!??

同じ病室の人たちに聞いても

「気にしなくていいよ」

って言ってくれて・・・教えてくれないんですよ。

いや、気になるだろが!!!

これをICU症候群というそうです。→こちら。

わたし、その日から用心のため、就寝時の点滴は外されることになりました・・・・。
記憶にないのってオソロシイ・・・。



励ましのクリックお願いします。
参加中です↓。
人気blogランキングへ


ラベル:病気
posted by くみ at 15:00| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 病(子宮内膜症・うつ・他) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ~、そんなことが手術後に起きたりするのですか!
身近な方が経験するとリアリティーがあります。
記憶にないって怖いですね~。
Posted by しずか at 2007年01月10日 23:51
ネタに出来るくらい元気になってよかったです(*^-^)
しかし口走ったセリフが「ガンダム」や「ギアス」じゃなくて
「銀蛮」とかだったらと思うと…
いやむしろそっちの方が安全か…
Posted by ショウ at 2007年01月11日 00:31
しずかさん

そうなんですよ・・・。
点滴を引っこ抜いたあたりは、本当に何も覚えていません。

何かやっちまった!!!

ということしか覚えてないのです。

看護師さんたちは
「よくあることだから」
って言いました。

外科だからでしょうか?
前に入院した産婦人科はICUがなかったのです。
Posted by くみ at 2007年01月11日 13:44
ショウちゃま

「銀蛮」と口走っても、世間で脳内変換されるのは「銀盤」だから平気よ。

マジで「ガンダム」の可能性は高いのよね~。

死んだ父がICUで意味不明なことばかり口走ったのも今ならわかる気がするわ。

Posted by くみ at 2007年01月11日 13:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。