2006年12月31日

“ツレがうつになりまして。”ちょっとだけ知っておいてほしいこと。

まぁ、このブログ、自分では「正統派書籍紹介ブログ」だと思っているワケです。
と、いうことで一年最後の記事は「本」。

こちらです。↓。“ツレがうつになりまして。”

ツレがうつになりまして。
細川 貂々
幻冬舎
売り上げランキング: 13381
おすすめ度の平均: 4.5
5 支える人に読んでほしい
5 周囲の人の関わり方のモデルとして
5 自分と照らし合わせてみる…
5 気分が落ち込んだとき、ウツの予防にも役立ちます
5 軽減した今だからこそ、レビューもかける。


夫がある日、「死にたい」と言い出した!

うつストーリーは突然に!!

というエッセイマンガです。

「うつ」って何??って思いませんか??
この本はとてもわかりやすく紹介されています。
身近に「うつ」の方がいらっしゃるならば、難しい専門書より、この本がオススメです。


えーと、続きは私のダークな話。
要注意です。

Amazon.co.jpツレがうつになりまして。



励ましのクリックお願いします。
参加中です↓。
人気blogランキングへ



このブログを最初から読んでくださっている方、かつてあった「別館」(婦人病のブログでした)の存在を知っている方ならご存知でしょう。

私も『うつ病』です。
何年かまえのある日、突然、何もできなくなりました。
普通に起きて、朝ごはんを食べ、洗面台に向かう途中でした。
私は、その場にしゃがみこみ、立ち上がることさえできなくなりました。

それが始まりでした。

『うつ病』の人間に対して、『決してやってはいけないこと』があります。
家族である母でさえ、そこのところ、ちとカン違い。
ブロックワードをバシバシ発するので、切れたこともあります。

『自殺念慮』は突然あらわれます。
「何故だか本当に死にたくなります」

『自殺念慮』は、何かの拍子に自分ではなく、他者、器物に向かうこともあります。
ええ、たとえば、私のやってしまった例。

『皿を20枚割った』→私は死にたかったのだ。たぶん。が、自分で自分を殺すというのにはとても力がいる。私にはその力がなく、カンタンなところに手をつけた。自分の茶碗や湯飲みを割る(自己否定)、ついでに、他の皿を割った。

このときの母。キレる。母は私が『母に不満がある』と、とったらしい
「何してんのよ!失礼ね!大事な信楽焼のお皿を!!どうしてくれんのよ!!もうたくさん!!いい加減にして!!いつまであんたの顔色伺わなきゃなんないのよ!!!」

すると、私。
(自分が壊れないから、皿を割ったのに・・・。皿のほうが大事なのか。私が壊れたほうがいいのか。私は迷惑なのか。やっぱ死ぬか。)←まともな考えはこういうときは出来ない。

で、自室にこもって『首吊り』を考える。
しかも、どれだけ迷惑かけてやろうか?などと考えるのでタチが悪い。
しかし、自室では不可能だった。
もともとパワー不足なので、それ以上何もできず、ただ泣くしかなかった。

この本でもご夫婦の口論でツレさんがお風呂場で自殺を考えるシーンがあります。

これだけは注意してください。

「死にたい」と言い出した人を、決して叱ってはいけません。
何、言ってるの??やめてよ。
もダメです。
叱れば、その人を追い詰め、冗談で済ませようとすれば、まともに考えてくれない、とそれもまたその人を追い詰めます。
病院へ通っている人ならば、寝かせる。
病院へ通っていない人ならば、駅前のメンタルクリニック(で十分)に連れていってください。

「うつ病」にはゆり戻しがあります。
少し、体調がよくなってきたときが一番危ない、といわれています。

「元気になってよかったね」は禁句です。
そうか~、もう元気か~、とカン違いし無理をして、さらに悪くなる確立多し。

あとね、この本にも書かれていますが、人の愚痴をきくのがとても辛くなります。
とくに未知の愚痴。
私の場合、仕事の愚痴はまったく平気。
家庭の愚痴はまったくダメです。
「私より、あなたのほうがまだましよ。仕事してるし、独身だし、こどもいないし。姑いないし。」的なことを言われると・・・・・・・・・・。
いるんだ。こういう人。おねがい。わかって。

さて、このツレさん。
仕事を辞めて、一年半でほぼよくなったらしいです。
ただクスリは続けているそうです



実は12月に入ってからずっと体調が悪く、私は休職するしかないと思いました。

上司に伝えたら
「一ヶ月や二ヶ月で本当に治るのか?本当は一年休んだほうがいいのではないか?実は通勤に時間がかかるのが負担になっているのではないか?ならば、完全に治してから、近い場所に新しい職場をさがしてはどうか?」

と言われました。
ああ、まったくその通り。返す言葉もなし。
このままじゃ職場に迷惑かけっぱなし。
新しい仕事って??え??辞めろってこと??
もちろん上司が私のためを思って言ってくれたということはわかります。

しかし、私。

私、会社に甘えてたんだ。どうしよう、どうしよう、どうしよう、どうしよう・・・・・・・。

これからの生活、私、どうなるの??

超不安でゆり戻しがやってきた。

「私、社会でやっていけない。そんな気力でない。一年も休めない。仕事は辞めれない。うつで会社やめて、新しい職場なんて探せない。やっぱり・・・・・・・・以下自主規制」

やる前からいろいろ考えてしまうのは「病気」の特徴ですので。
で、判断力が落ちるので同じことを何回も考える。

そしたら別の病気で入院、手術。
体調が悪かったのは、果たして・・・・??

しかし、入院は私に大切なことを教えてくれました。

「自分の身体が自分思い通りに動くのは、なんて幸せなことなんだ!!」と。

手術の翌日には、もう歩かなければなりません。←(高熱)
起き上がることさえ人の手をかり、一歩歩きだすのに何分かかったか、わかりません。

そういえば、前の入院のときも思ったな。
人間って大事なことをすぐ忘れる。
いや、私が鳥頭なだけか・・・。

とりあえず外に目を向けることが大事だそうです。
あ~、私、観光とか旅行とか海、山苦手・・・。
情緒なんかないし。←正確には『なくなった』

私の場合、「うつ」になったストレスの原因ははっきりしています。
そのせいで、私は、外に目を向けることができなくなりました。
神経質がさらに神経質になりました。
何かに感動できなくなりました。

それってね

父親が消費者金融各社に多額の借金をしていた。しかもパチンコ資金。

ってことなんです。

あ~あ、ついに言ってしまった!!

でもすっきりしちゃった!!

私は、死ぬ間際の父の弱さを責め、見過ごした母を責め、同じ家族として気がつかなかった自分を責めました。
後に何も知らない妹を責めまくりました。

家族なのに、借金がまだ100万や200万のとき、どうして、私に何も言えなかったのか??

ああ、結局そんな家族だったんだ。そんな父親だったんだ。

誰も信用できないんだ。

とても絶望しました。

季節の変化に感動するゆとり、景色を眺めるゆとりがまったくなくなりました。
自分のことは自分で責任をとれるようにしておこう、と余計な贅沢は一切できなくなりました。

そして発病しました。

厄介な病気です。
借金返す(ローン)には働かねばならず、一方では休めと言われ・・・・。

ぐるんぐるん。

ただ時間が流れるのを耐えて待つしかない

とツレさんがおしゃっています。

一年の最後にこんな記事・・・・。
いやいや今年は私にとって「病」の年だったので、「病」の記事も今年のうちに。
と、思いました。

私のような人たちのことを、少しだけ知ってください。
甘えていたり、怠けていたりしているんじゃないんです。
時にとても辛く、苦しくなります。


私はこんなだったからブログをはじめても、読んでくれる方っていらっしゃるのだろうか??
コメントいれてくれる人なんているだろうか??
お友達なんてできるのだろうか??
と、思っていました。
幸い、ここまで続けることができました。

皆さまのおかげです。
ありがとうございました。

Amazon.co.jpツレがうつになりまして。

励ましのクリックお願いします。
参加中です↓。
人気blogランキングへ


この記事へのコメント
くみさん

こんばんは。
ご無沙汰しておりました。

すいません、出先からなものですから
取り急ぎご挨拶だけ・・・

今年は何かと御世話になりました。
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
Posted by 「感動創造」 at 2006年12月31日 21:16
くみさまも大変な出来事を乗り越えてきていらっしゃいますね…
病気のこともそうですが、特に母親との関係というのは難しいものがありますね。
アタクシは経済的には問題なく(本当はありましたが)育ちましたが
思春期における母親とのバトルは壮絶なものでした。
まあそのころの戦争があったので今は割りと落ち着いてますが。

最近人間関係について悩むことが多々あったのですが、
同じような境遇、性質の友人達と話してみると、やはり
「『世の中にはいろんなヒトがいる』ということを本当にわかっている人って少ない」
という意見で一致しました。
みんな一人一人違うって、それだけのことなのに。すごく簡単なことなのにね。

長文シツレイしました。
くみさまも年末年始くらいは何も考えずぽんやりしてください。
よいお年を~~
Posted by ぽるきち at 2006年12月31日 22:40
感動さま

あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろとお世話になりました。
感動さまの記事はとても勉強になります。
今年もよろしくお願いいたします。


オクサマ

あけましておめでとうございます。
オクサマは私が凹んでいるときにナイスタイミングであたたかいお言葉をかけてくださいます。
いつも本当に感謝しています。

母との対立ですが、母子二人で住んでいると避けられないものですね。

↑の記事をかいたあと「コードギアス」を見まくっていたので、まぁ、吐き出すものを吐き出したらすっきりしたんでしょう。

新年早々ごろごろしてます。

今年もヨロシクお願いいたします。
Posted by くみ at 2007年01月01日 10:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。