2006年12月09日

“キャッツ ボス猫・グロウルタイガー絶対絶命”クリスマスプレゼントに絵本を。

劇団「四季」の『CATS』を観たとき、とても感激しました。

ちょっとだけ「猫っていいかも」と思いました。

私は今は「動物嫌い」だけれど、それはここ4.5年の話。
理由はちゃんとあるのです。

親戚の飼っているすっげー不細工なシーズー(名前はロン)にガブリっとやられまして。
私、結構どんな犬でも平気だったんだけど、その犬をみるとじんましんが出るようになってしまいまして。
で、だんだんと動物嫌いに・・・・。

以前は犬だって飼ってましたよ。
犬はジョン(←その犬の名)が一番可愛いのさ!!

いや、それはおいといて、

「お子さまのクリスマスプレゼントに絵本を」プレゼント



キャッツボス猫グロウルタイガー絶対絶命

20世紀最大の詩人 T.Sエリオットが書いた「Old Possum's Book of Practical Cats」にインスピレーションを得て、つくられたミュージカル「CATS」

そのなかに出てくる「劇場猫アスパラガス」が若きころ演じた「海賊猫グロウルタイガー」の話を絵本にしたものです。

他、「ピークとポリクルの大げんか」「ジェリクルの歌」の三篇で構成されています。

田村隆一氏の楽しい訳と、またまたエロール・ル・カインの美しく華麗な挿絵がぴったりとはまります。

ル・カインの描く猫たちの表情!!!
可愛い、可愛いよ!!!

この絵本はお子さまだけではなく、大人の「猫好きな方」「劇団四季好きな方」へのプレゼントにもいいかもしれません。



参加中です↓。
人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。