2006年12月08日

“こんとあき”クリスマスプレゼントに絵本を。

クリスマス直前。
新しい本屋ができた。

「老舗(我が社)VS新規参入店」なんて新聞にも載ってしまった。
思っていたよりなかなかいい店でした。

私はここで見つけた本を、自分の会社で注文すればいい(社員10%値引き)。
お客さんは、本はどこで買っても一緒。
+αが必要ですね。

楽に商売させてくれんよ。by 部長

「お子さまのクリスマスプレゼントに絵本を」プレゼント

今日はこちら↓です。



こんとあき
対象年齢・読み聞かせなら4歳から。自分で読むなら小学校初級向き。

これはいま、我が家にあります。
姪のために私が買った絵本です。

「こん」はきつねのぬいぐるみ。
「あき」は少女です。

この本、とてもいい本です。
が、我が家では読み聞かせには向かなかった・・・。
「あき」は私の妹の名前。ゆえにまともに「読み聞かせ」にならない。
ちなみにあきの娘は「あや」。

こんは、あかちゃんを、まっていました。
あかちゃんのおもりのためにあばあちゃんにつくられた「こん」

こんは、めをさましてびっくりしました。

「ああ、あかちゃんだ!あかちゃんって、こんなにちっちゃくて、こんなにかわいいなんて、しらなかったな」

ここらへん、ちょっと泣ける

あかちゃんのなまえは「あき」


お話もとてもいいのですが、またまた『絵』が素晴らしい!!

林明子さんはとても優しい絵を描かれます。
カレンダーもとても人気があります。

姪(ただいま6歳)ももっと幼いころは喜んでめくってたのにな・・・キャラクターものに夢中になりやがって!!ち!!


参加中です↓。
人気blogランキングへ



この記事へのコメント
『こんとあき』、『こんとあき』だあ!もうもうもう大好きです、この絵本。私の中で絵本ベスト1ですよ。お棺の中まで持って行くね。
『こねこのぴっち』も持ってますよ。ケーキ、美味しそうだよね。
Posted by かっぱ at 2006年12月08日 23:00
かっぱさん

>お棺の中まで

何冊あるのさ!!持っていく本が!!!
棺のなかに入りきらないんじゃないの?

それはおいといて『こんとあき』は最良絵本だね。
「こん」の「あき」への愛情に泣けるね。

『ぴっち』にでてくるケーキは、私のなかでは『ぐりとぐら』のケーキに匹敵するよ。

Posted by くみ at 2006年12月08日 23:33
水島新司全作品と『おお振り』とあのミステリーとこのミステリーと、あの絵本と・・・とやっていたら某U山くんに「いっそのこと、本でお棺作ったら?」と言われたことがあります・・・。
Posted by かっぱ at 2006年12月09日 21:35
かっぱさん

いっそ「本」で焼いてもらえば・・・ああ不謹慎。

某Y夫妻も大変だわね・・・。
あのゲーム、あのDVD、あのマンガ、あのガンプラ・・・。

うちの会社はそんなんばっかだね。
あ、本屋だからか!!
Posted by くみ at 2006年12月10日 00:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。