2006年12月07日

“こねこのぴっち”クリスマスプレゼントに絵本を。

今日、甥へのクリスマスプレゼントを決めてきましたよ。
もう家にあるといけないから妹に確認mail to

「それ、知らないけど」

との返事・・・・・・・mail to

妹よ・・・超超超有名なあの!!「絵本」を知らないのか!?
わが妹ながら呆れました。
あ、読んでるかな??まぁいいや、ほんとに呆れたし。

その本は購入したら記事にします。←もう有名すぎて「記事」にしなくてもいいかもしれないけど。

「お子さまのクリスマスプレゼントに絵本を」プレゼントキャンペーンです。

今日のオススメはこちら↓。


こねこのぴっちこねこのぴっち
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] こねこのぴっち
[著者] ハンス・フィッシャー石井 桃子
[種類] 単行本
[発売日] 1987-11
[出版社] 岩波書店

>>Seesaa ショッピングで買う


「こねこのぴっち」です。
対象年齢は読み聞かせなら3.4歳。ひとりで読むなら5歳ぐらいから。

発行1987年になっていますが、それはこれ↑大型版のこと。
最初に発行されたのはななななんと1954年です。
私も持っていました。

絵本は「ロングセラー」が多い。
逆に言うと「新刊」が売れないんですが。

こねこのぴっちは「ねこ」以外のものになりたくて、にわとりのあとをついていったり、ヤギのまねをしたり。
やがて夜がきて・・・・。

この本も魅力は『絵』!!

現代のキャラクターグッズやアニメではつかわれていないような「地味」な色味なんですが、繊細なペンタッチ調の絵(でもリトグラフらしい)で描かれた動物たちが画面いっぱいにいきいきとしています。

お子さまがたには原色だけじゃなくて、いい色づかい、淡い色、渋い色を知ってほしいな~と思います。



たまにはいいこと書くな、と思ったらクリックおねがいします。
参加中です↓。
人気blogランキングへ




この記事へのコメント
これ知らないなあ…
なんか絵本にも地域性があるような気がします。
どこの保育園に行っても同じ絵本あるし…
なので見かけないものはどこでも見かけないという…
でもこれもロングセラーなんですよね、どこかにあったのかなあ…
本屋で探してみようっと~~
Posted by ぽるきち at 2006年12月08日 23:31
オクサマ

この本は岩波書店の本なので、大きな本屋、またはあまり売れない本屋、のほうが置いてある確立が高いです。

岩波書店の本は返品ができないんですよ。
だから「岩波」を扱う余裕のある本屋、または売れずに残っている本屋にあるのです。

地域性はあると思いますよ。
と、いうか市内の幼稚園に出入りしている書店の個性かもしれません。
Posted by くみ at 2006年12月08日 23:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。